愛だろ、愛っ。

c0019089_1948473.jpg

特にネタがないので(ry

珍しく同人誌
「孤独のグルメ」の同人誌ですな。いやしかし「孤独のグルメ」って1994年の作品なのか。単行本で読んだのがずっと後なのでもっと最近の作品だとばかり思ってましたよ。
みなさまご存知の通り、オリジナルの「孤独のグルメ」は主人公の井之頭五郎氏がいろんな店でいろんなモノを食べる話ですが、こちらはいろんなコミックスの飯屋とか喫茶店が登場する。
で、わたくしの狙いはというと、そりゃもちろん「神奈川県三浦市カフェアルファの八年柿とブレンドコーヒー」ですよ・・・八年柿って、あのでっかい柿か。w
「ヨコハマ買い出し紀行」を食い物でネタにしようと思ったらスイカか三年栗かこの八年柿ぐらいしか無いですからね。あと枝豆とパワーヒマワリのタネぐらいか。食生活は恐ろしく貧相ですからね。>夕凪の時代
おっと、この本にはキュウリの塩揉みも出てきましたね。

五郎氏はまずメニューを要求しますが、カフェアルファのメニューってどんなのか見てみたい。ブレンドコーヒーとカフェオレ、あとメイポロは載っているはずですが、他になにかあるのか。w
ああ、もしかするとお茶の類は充実しているのかも知れませんな。みかん茶とか。

例によってアルファさんはお客さんの席の正面に座ってイロイロと話すんですが、五郎氏は「聞いてもいないのに語りだしたぞ(ryハズレの店だな・・・さっさと済ませるか・・・」なんて思ってます。道に迷って腹空かして飛び込んだ喫茶店でそういう状況(食べ物は八年柿だし)になったら、わたくしも同じように思うでしょう。w
だがしかし、次第にアルファさんの笑顔に引き込まれ、気がついたら外は真っ暗。そして「またいらして下さいね。」と。この展開には作者の「ヨコハマ買い出し紀行」に対する愛を感じますなぁ。
次の話が「ネオ・ヴェネツィアのじゃがバター」でこちらは「ARIA」のネタ。「ヨコハマ買い出し紀行」とにた雰囲気の作品と聞きますが、わたくしは未読・・・嫁さんにそう言ったら信じられないと言われましたけど、知らんものは知らんがな・・・それでも、やっぱり作品に対する思い入れのようなものを感じますので、この本のスタンスはそういうことなんでしょう。

「ヨコハマ買い出し紀行」をネタにした同人誌はそんなに多くないようですが、ウチには「ヨコハマ中出(ry」ってのもありまして(ry
いやアレはアレで話はアレですがやっぱり元ネタに対する愛と思い入れを感じますよ。相手がタカヒロじゃなくておじさんってのに意表をつかれて笑いましたが。w
by namatee_namatee | 2012-11-22 21:20 | book | Comments(2)
Commented by ボウコウ at 2012-11-22 23:42 x
冷凍じゃないとうもろこしとか
黒砂糖とか
冷やしトマトとか
ところてんとか
月餅とか

ちなみに「カブのイサキ」は食い物ネタ多めです。
Commented by namatee_namatee at 2012-11-23 08:52
>ボウコウさま
あー結構あるもんですねぇ。あとそばぜんざいですかね。
ちなみに続編の「さらに混沌のグルメ」も面白いそうですよ?ただし、わたくしの場合はほtんど元ネタが分からない・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< いわゆるお仕置き仕様 最終的解決(えるちゃん) >>