チャンバーと格闘(L85編)

c0019089_20244211.jpg

コレといってネタもないのでISC L85A2カービンのチャンバーの図。

左曲がりの癖が抜けぬ。
前にも書きました通り、基本的に弾が左に曲がって飛ぶんですよ。購入時はサイコガンの弾道のように弧を描いて左に曲がりました。Hopパッキンをファイアフライの電気くらげ(辛口)に交換しましたら、かなり改善されましたがそれでも左に飛ぶ傾向はある。
おっと、先日のエントリーではバレルが左にひねった状態でセットされていたのがその原因と書きましたが、本日改めて分解してみたところ、このチャンバーはバレルをひねって装着することが不可能なことが判明しました。バレル横の溝に噛むパーツ、M4/M16ですと抜け止めみたいな奴が左右からバレルを挟む形でしっかり固定されますし、そのパーツもチャンバー本体に強固に噛み込むように嵌る上にネジで締め上げられますので、チャンバーにバレルを装着した状態ではほとんど一体化しちゃいます。
となると、原因はHopパッキンが捩じれて変な力がかかっているか、Hopを押し込むレバー先端の形状あたりに問題があるか。まず、Hopパッキンの状態を確認してみますと、電気くらげの特徴的な出っ張りはまあまあ真っすぐになっているようです。あれは4本あるんですが、強く押し込んで4本全部均等にバレル内に出っぱるかどうかを確認しないとダメなんですよね。このチャンバーの場合はやや右側の出っ張り具合が少ないように感じましたのでバレルをひねって位置を調整・・・ここでバレルがびくともしないことに気づくと。(汗
仕方がないので、バレルを少し引き出して勘でグリグリとひねってなじませる。なかなかちょうど良いところに収まりませんが、何度かやっているうちになんとか納得できる位置決めが出来ました。
次はHopレバー周り。Hopレバー先端の押しゴムと接する部分を良く観察してみると微妙に形が変。マズルに向かって左側の方が出っぱっているように見えます。普通のHopレバーのこの部分は押しゴムの形状に合わせて丸くなっていますが、このL85の奴はV字型の谷の部分に押しゴムが嵌るようになっておりまして、その谷も進行方向に対して斜めにずれているように感じられます。
なのでヤスリで整形する。削りすぎると一巻の終わりですから慎重に。適当に形を整えて終了。
さらにHopの効きがイマイチ弱いのを改善するのとHopレバーとかパッキンの傾きやネジレに鈍感にするためにファイアフライの「なまず」を投入。いやなに、使ってないのが転がっていたからですが。普通の押しゴムより高さがあってHopが強く効くようになりますし、横方向のズレにも強かろうと。

例によって真っ暗ですので弾道はわかりません。Hopの出っ張り具合ははっきりと大きくなりましたので効きが良くなっているのは確実。弾道の左曲がりは・・・どうかなぁ。自信無いなぁ。(汗

写真はそのICS L85A2カービンのチャンバー。チャンバー本体はアッパーレシーバーにM4ぐらいのネジ4本でがっちり固定され、ロワレシーバーは写真でも見えるチャンバーの出っ張りの丸い穴を通るピンでアッパーレシーバーに固定されます。よく考えてありますね。
前に材質不明と言ったバレルはアルミ製っぽい。色もこの通り真っ黒で、ますますMadBull Pythonにそっくりですなぁ。あ、マズル部分はなんというかエアロな加工が施されており、その点についてはPythonより高級かも。バレル内部は箱出しの状態ではHopパッキンあたりからはみ出したグリスでかなり汚れてました。これはあまり感心しませんな。(汗
by namatee_namatee | 2012-11-19 21:21 | survival game | Comments(2)
Commented by 古美根 at 2012-11-19 21:24 x
後はノズルとのロスというか変形が無ければ良いのですが。
Commented by namatee_namatee at 2012-11-19 21:35
>古美根さま
ノズルが普通の奴よりも細く見えます。なにか意味があるんですかねぇ。なのでエアロスは結構あると思われます。ただ電気くらげの方が初速は出るんですよ。オリジナルのパッキンは固くてゴワゴワなので、さらにエアロスがあるんでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< うーん? 無謀にも。 >>