予備兵力を投入。

c0019089_18425999.jpg

明日はサバゲ。チームメイトのタカ氏と一緒にラクーンバトルシティの定例ゲームでございます。

久々に引っぱりだす。
明日の武器は写真の3丁で。G&PのM7A1とVFCのXCRは久々の登場。予備に定番のG&P M16A4というラインナップで。
XCRは最後に使ったのいつだろう?ってぐらい放置されておりまして、ちゃんと動くかどうか確認。初速は適性Hop、0.25gBB弾で78m/sぐらい。弾上がりやHopの効きなども問題なく使えそうです。調べてみるとこのXCR、暫定でPDIの110%スプリングを入れてありまして、この際なのでスプリングを交換してもうちょっとパワーアップする事に。なんといっても上下分割式メカボなので、スプリングの交換は比較的簡単ですからね。
で、スプリングは定番のアングス0.9J Lサイズに交換。Mサイズと迷ったんですが、あまりやり過ぎもなんなので。
良くできた上下のレシーバーを分離して、これまたよく考えてある上下分割式メカボのピストンAssy側を取り外す。中身はスプリング以外手つかずなので、VFCお得意のポリカのタペットプレートやピストンはそのままです。ピストンはほとんど消耗していない・・・と思ったら、よく見ると一番後ろ側のラックが微妙に削れた跡が。交換するかどうか迷いましたが、消耗はわずかなのでそのまま使う事に。XCRのピストンとメカボのクリアランスは独特で、組み込む時にピストンが傾くとレールから脱線しやすいんですよ。どこがどういう風に違うのか、検証していないんですが、ピストンの断面がマルイ純正と微妙に違うのかも知れません。前述の通り、今回は何もしませんが。ゲーム直前に面倒ごとに巻き込まれるのはまっぴらです。w
タペットプレートはセクターギア(セクターチップ付き)と接触する羽根状の部分にこれまた微妙に歪みが見られます。そこら辺に転がっていたM16/M4用のマルイ純正タペットプレートと見比べてみると形状は全くといって良いほど同じ。どうもポリカーボネートのタペットプレートってのは安心できないので、こちらは交換しておきました。
その他、グリスアップなどして組み上げる。ここまでわずか15分。本当に良くできてますね。>XCR
最後にスイッチ保護のためにSBD(ショットキーバリアダイオード)を装着。SBDはだいぶ前に武器商人のきつね氏からサンプルで購入しておいたものがありまして、メカボというか銃全体の構成が普通のM4/M16やAKの類と違ってFETの組込み(というか配線の取り回し)がなにかと面倒くさいこのXCRに装着しようと思っていたんですが、なんてたって使わないので放置しておりました。(汗

全ての作業が終わり試射してみると、初速はHopオフで83-84m/s、適性Hopで82m/sぐらい。実に適当ですなぁ。タペットプレートを交換した事による給弾不良などもなく快調に動作しました。全く手つかずのHop周りにやや不安定な感がないこともないんですが、ゲームで使う分にはほとんど問題にならないかと。ショートバレルの流速っぽい弾道なんですが、Hopの効きが緩やかというか曖昧で流速特有のレーザーのような真っすぐな弾道にはなりづらいですね。Hopパッキンのあたりが原因なのかも。もっとも今回は手は入れませんけど。ゲーム直前に余計な事して面倒ごとに巻き込まれるのは(ry

M7A1の方も久しぶりなので一応動作テストを。適性Hopで84m/sとXCRと何ほども変わらない性能。こちらは短いバレルにノベスケハイダーのせいで馬鹿でかい音がする。あとセミで撃つとピストンの停止位置が前端か後端かを交互に繰り返すみたいで、撃った感じが気持ち悪い。orz
フルオートならば全く問題ないので放置です。ゲーム直前に余計な事して(ry

といった感じで準備完了。明日は何が出ますかね。w>バトルシティ
by namatee_namatee | 2012-10-13 20:45 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< だーっといってわーっとやられて 昔話(自転車編の二番煎じ) >>