昔話(自転車編の二番煎じ)

c0019089_20501376.jpg

相変わらずネタがないので二番煎じ。前回のネタより1年ぐらい前の2003年ごろの話。

あー畜生。格好良いな、おい。
GIOS AEROLITEでございます。いつごろのどういうモデルなのかはよくわかりません。当時販売されていた同じ名前のGIOS AEROLITEとは全く違う姿形。
よく買い物をした名古屋の自転車屋さんの天井にフレームでずっと吊るしてありました。正札は48,000円だったかな。完成車でも10万円ぐらいだったAEROLITEのフレームに48,000円はないよねーって感じでしたなぁ。平凡なアルミでフォークも旧式なスレッドタイプのクロモリでしたし。ただ見た目はごらんのとおりクラシックで美しい。なんとなく気になってはおりました。
何年目かに在庫一掃セールがありましてね。このフレームも売りに出ました。価格は半額の24,000円。これは!ということで飛びつきましたね。w
パーツについてはそれまで乗っていたテスタッチのシクロクロスから移植。足りないもの(例えばブレーキとかホイール)は新調。それが例のふにゃふにゃのホイールだったりするんですよ。このフレームも小さめでシートチューブがC-Tで480とか。小せぇ。

RNC7もそうですが、当時のわたくしには自転車にたいしてそれなりにコダワリのようなものがあったらしく、ご覧の通り気取ったというか、中二病的というか、今見ると微妙に恥ずかしいスタイルに仕上げております。いやまあ、今でもこの姿形は美しいと思うんですがね。
ただ性能は芳しくなかったですね。とにかくコシがない。踏んでも全然進まないフレームでした。テスタッチのシクロクロスの方がよく進んだぐらいですよ。おかげでヒルクライムでは苦労しました。この後に乗った件のDE ROSA PLANETなんてまるで羽が生えたように登りましたからね。

c0019089_2049462.jpg

こちらは珍しい実際に乗っているときの図。
TRN氏とああ氏と一緒に登った二之瀬越の公園で休憩中の図。
実はこのAEROLITEが生まれて初めてのロードバイクでした。あ、いやフラットバーのFCRはありましたが、あれは本当の意味でのロードレーサーではありませんからね。これの直前まで乗っていたのはシクロクロスでしたし。前述の通り、へにゃへにゃなこのAEROLITEですが、それでも操縦性や見た目はロードレーサーの鋭さがあり、固くても鈍い感のあるシクロクロスとはひと味違う・・・もう覚えてませんがな。w

思い返してみると、わたくしはロードレーサーって3台しか乗らなかったんだなぁ、と。
ピストは2台のりました。小径車は3台。MTBは・・・数えきれん。バカだ。orz
by namatee_namatee | 2012-10-12 22:12 | bicycle | Comments(2)
Commented by まねきねこ at 2012-10-14 12:27 x
ああ、これはワシが二之瀬の上で待ってたときのでしたか?
なんかひーひー言いながら登ってこられてましたねぇw
ナツカシス・・・
Commented by namatee_namatee at 2012-10-14 21:24
>ねこさま
そうそう、その時です。まだロードに慣れてないのとフニャフニャのこのフレームのせいで苦労しました。
1年後、嬉々として二ノ瀬を登るわたくしの姿が(ry
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 予備兵力を投入。 コストコ恐い。 >>