野趣あふれるサバゲになりそう。w

c0019089_19585982.jpg

明日は某チームの24時間耐久ゲームです。例によって土曜日は出勤で、仕事場から直行になりますが。orz

野っ原。
今回は納豆県の南の方にあるところで初めての場所。先日、ツーリングがてら様子を見に行きましたらば、設備らしい設備がほとんどないという。普通のフィールドの場合、いわゆるセフティエリアにはテーブルとか屋根とか照明とか、それなりの設備があってそれらしい様子になっているものなんですが、今回のフィールドはまったくの野原。打ち捨てられたテーブル(の残骸)とパイプ椅子が転がっているだけ。かろうじて仮設トイレだけはありましたが、その周りもセフティエリア全体も身の丈ほどもある草に覆われており、はたしてこれが本当にフィールドなのかどうか疑いたくなるような有様でした。地面をよく見るとBB弾が転がってまして、それでここがサバゲのフィールドであるとかろうじて分かったぐらいです。w

というわけで、夜間の照明にランタン(LEDのじゃなくて燃料を焚く奴)などを引っ張り出してみました。できるだけ大型で明るいものがよかろうとコールマンのノーススターかツーマントル(295-740J)のどちらかで迷う・・・去年の震災のときにはノーススターに活躍してもらったので、今回はツーマントルで。絶対的な明るさはノーススターが上回るらしいんですが、295-740Jはなんてたってマントルが2つあるという贅沢な作りでスタイルもクラシック、すでに絶版のアンレデッドVerとお気に入りですからね。
ノーススターにせよツーマントルにせよ、大型液燃ランタンの欠点は燃費。とても明るく、タンクもでかいので一晩中点いてますが、その一晩でおよそ1Lのホワイトガソリンを消費します。これは結構懐に効く。ツーマントルの場合はマントルも2つ必要で、これもコスト高に繋がります。その点、新しいノーススターはよく考えられており、壊れ辛い形状のマントルが一個で済むので、心配が少ない&取り扱いが楽。燃費は変わりませんが。
どっちにしろ、無闇に明るいのですごい勢いで虫がよって来ます。ちょっと離れたところに設置して虫寄せになってもらい、手元はLEDのランタンで照らすってのが賢い使い方かも知れません。
そんなこんなで燃料の在庫を確認してみましたらば、燃料ボトルに入っている分しか無い。とはいえ、燃料ボトルは沢山あるので(大小取り混ぜて7-8本は余裕)集めればそれなりの量になりますが、それも面倒なのでホームセンターで買ってまいりました。>ホワイトガソリン
コールマン純正の日本仕様みたいな奴と写真の並行輸入品みたいなのがあり、前者は4L、後者は1ガロンだそうです。価格は日本仕様の方が1,000円も高い。っていうか、ホワイトガソリン高くなったな、おい。
遥か昔に一斗缶で買ったときには18Lだかで5,000円ぐらいだったのに。特に日本仕様にこだわるつもりはないので、安い方を購入。ついでにモスバーガーでアイスティーを飲んで休憩。

テントほかキャンプ用品の準備など、いつものサバゲと違って用意するものが多くてんてこ舞いであります。(汗
by namatee_namatee | 2012-10-05 21:06 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< うわぁ 平日のお休み終了 >>