ピスクラktkr

c0019089_20204367.jpg

ASCUの組み込み実験中のVFC SPR Mk.12 Mod 1のネタ。

相変わらずセレクターが効きませぬ。
セミオートモードなら問題ありませんが、バーストやフルオートも使えるモードにするとセレクターがセミオートのポジションでもバーストやフルオートになってしまいます。おまけにフルオートはとにかく、バーストは本来3連発のはずなのに連発だったり単発だったりと非常に不安定。セレクタープレートとカットオフレバー、セクターギアあたりのマッチングに問題があるような気がします。加えて微妙に二重給弾も起きる。で、試射していたらなんか変な音がするようになってしまいました。
とりあえずメカボを開けてみると・・・見事なピスクラです、本当に(ry
いつものピスクラと違い金属歯の直後が削れてます。ウチのSPRの類で良く起きるのはお尻の歯がすっとぶって奴で、原因は重いピストンらしいのですが、今回のはちょっと毛色が違う。バーストかなんかの時にずっこけたんでしょうかね。良く観察してみると金属の歯も結構摩耗しており、やはりピストンの重さとギア比のバランスが良くないような気もします。
現状のギアはそこら辺に転がっていたG&Pのセクターギアとスパーギアにマルイの89式ベベルの組合せ。ギア比は普通の1:16だか1:13だか。ピストンの重さは30gでシリンダーは400mmぐらいのバレルに対応のワープシリンダー、スプリングはアングスの0.9J Lサイズ用といった構成。G&Pのセクターギアはすごく丈夫そうでマルイ純正ピストンの金属歯の摩耗具合に比べて全く消耗がない。ピストンの歯が負けたんですかね。
といって決定的な原因はわからず、とりあえずギアを先日まで使っていたSHSの100:300のヘリカルタイプに戻すことに。ASCUを使う分にはベベルギアの逆転防止ラッチの多い少ないは関係ありませんので。二重給弾とバースト不良の改善のためにギアを換えてみるのは有りかなと。
ざっとシム調整してカットオフレバーもSHS製に交換し、ピストンはそこら辺に転がっていたG&Pのモノに、ついでによく見ると結構消耗していたシリンダーもG&Pのモノに交換。シリンダーはフルサイズよりちょっとだけ容量の少なめなもので、ワープシリンダーと同じようにボアが大きい部分があるタイプ。

組上げて試射してみると・・・やっぱりバーストは変です。orz
ただセミオートのキレははっきりとよくなり、成功作であるG&PのM16A4に匹敵するか上回るぐらいになりました。前のギアだとセミのキレも平凡だったんですよ。給弾不良も解消された模様。
問題は初速。シリンダー容積が上がってバレル長さに最適化されたのか、飛躍的に性能upしましてね。法的な規制めいっぱいも目一杯。本当に上限一杯。
これはいかんということでバレルをMadBullのPython Ver.IIからこれまたちょっと前に使っていたKAの普通の奴に交換。それでも初速はわずかに(1m/sぐらい)下がっただけ。まだ安心できないのでピストンの錘を変えてピストン総重量を30gから24gに減量。これでもほとんど下がりません。シリンダー容積とかスプリングのパワーとか、ちょうど良いバランスの領域に入っちゃったんでしょうね。(汗
現状でもなんとか規制値以下ではありますが、フィールドの初速チェックでは弾速計の精度の問題ではねられる可能性がありそう。特に重い弾とか使うとやばいかも。

といったわけで、また初速調整に苦労することになりましたとさ。バレルの長さを調整できればパワー的にはちょうど良いんですがね。orz
by namatee_namatee | 2012-10-01 20:56 | survival game | Comments(2)
Commented by aohige_the_great at 2012-10-01 22:18
サンダーマックス導入フラグとはぜんぜん関係ないけど、スレタイだけ見て「もしや・・・」と思ってしまいましたよ(汗
ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349081645/l50
Commented by namatee_namatee at 2012-10-02 16:25
>&さま
いやいや。w
ビビりですので大きな事故に遭ったことはありませんね。先日、POLOに乗っているときに追突されましたけど。
信号待ちでドカンとどつかれて被害を見に行ったらどこも壊れてなかったのでなかったことにしちゃいました。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 定番 アップグレード >>