なんとかなったかな。

c0019089_20514983.jpg

本日は月に一度の休日お休みの日。南東北(本当は北関東)はとても涼しい。海から冷たい風が入って気温は25度程度という。一生こういう気候が続けば良いんですが。わたくしの周りだけ。

復活の仕上げ
特にやる事も無いのでM7A1の復活の仕上げにとりかかります。メカボ内部はすでにチェック&対策済みなので、今回は電気系統の作業になります。要するにFETの装着ですな。
すでに書いた通りFETはきつね商会から購入したデュアルのもの。11.1Vのリポバッテリーに備えて余裕を持たせました。FETはコンパクトですが、それでもバッテリースペースとの兼ね合いもあって、できればシングルのシンプルなものが良いんですが、想定しているスペックでは安全性が保証できないとのことですので致し方なく。
装着方法は前回と同じで、メカボ・モーター側とストック側でケーブルを一度分割しております。これも出来れば一体にしたいんですが、なんといってもストックのケーブルを通す穴が小さくてFETが通らないので致し方ない。
分割はRC用のバナナコネクターで、これまた以前と同じですが、わずかに端子部分が露出してしまうのでショート対策ということで自動車用のギボシ端子のカバーを装着しました。これで万全。

セミオートは相変わらず・・・
接続し終わって11.1Vのリポで試射・・・やっぱりセミオートは不調ですよ。orz
なんていうんですかね、2点バーストになっちゃう。SHS製のギアにあわせてカットオフレバーもSHS製にして、スイッチも確実にオリジナルなサイズのマルイ純正にしたんですが。
それとモーターの発熱も相変わらず。適当に試射しただけでグリップがとてつもなく熱くなります。ハマー1000でもM120モーターでもあまり変わらないような。むしろシステマ・ターボモーターの方が発熱に関しては少なかったような気すらします。
試しに7.4Vのリポバッテリーで試射してみると・・・あれ、今度は普通にセミオートで撃てますよ。11.1Vだとカットオフレバーが止めきれずにオーバーシュートしてしまうようです。7.4Vの方が発熱もすくないだろうし、サイクルに目をつぶれば安定性・安全性の面からもバランス良いかも。

写真はFETの収まるストックの裏側の図。グチャグチャでございます。orz
もう少し整理したいのぅ。
by namatee_namatee | 2012-07-19 21:17 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ドリーム50万歳! 新作 >>