お初のフィールド

c0019089_2037484.jpg

本日はサバゲ。BBジャングルの24時間耐久サバゲは不参加で、某チームのPMCに参加。

お初です。
今回のフィールドはホワイトベースでございます。初めてのフィールド。ウワサではコンテナ周りの戦いが熱いとの事。とくにトルネードグレネードとかモスカートなどのグレネードを使った接近戦が特徴らしい。ウチにもトルネードグレネードは一個だけありまして、今回は久しぶりに使ってみようと思ったんですが、すっかり忘れましてね。思い出したのは柏I.C.のETCゲートを通過したときでした。w
お初と言えば、KingArmsのSIG 556 DMRをサバゲデビューさせました。これ、電動狙撃銃として購入したんですが、ウチにあるSPR二丁に比べるとポテンシャルの低さは否めない。ちょっと前まではM4/M16系は旧式なHopチャンバーのせいでM14や次世代M4に比べて集弾性能では遅れを取っていましたが、MadBullやPRO-WINのチャンバーや豊富なパーツのおかげで、いまや次世代やM14、Type89に比べても遜色の無い、むしろ上回る集弾性能を得る事が出来るようになった・・・と思っています。
いや実際、良く当たるというM14に比べてもウチのSPRはもっと当たりますし、軽量で短いので取り回しも有利。もはや以前のようにM14にコンプレックスを抱く事はなくなりましたね。
そんなSPRが対抗馬では未開発の556 DMRでは分が悪い。集弾性能はさほど悪くはないんですが、特に良くもない。それでもKAのチャンバーはレバーが最適化されたもので、フルオート時のまとまりは悪くない。問題はセミオート時で微妙に左右にぶれる感があるんですよね。
そういったわけで今回のゲームではセミでポツポツ撃つというより、普通のアサルトライフルのようにフルオートで使う事が多かったです。光学機器はSUREHIT 1420IRを載せていまして、これは藪の中の敵を捜すのに重宝しました。
他に持ち込んだのはいつものAKMと改修したばかりのAK104、これまたいつものベネリM3。今回は分隊支援火器は無し。

コンテナ怖いよ、コンテナ。
コンテナ内部の戦い。これが暗くてよく見えない上に外からも撃ち込まれて怖いのなんのって。おまけにモスカートとグレネードの嵐ときたもんだ。破裂するグレネードと飛び散るBB弾。中に居ても外に居てもコンテナ壁面にあたってすごい音がする。これは怖い。コンテナ内では瞬発力があって取り回しの良いベネリM3を主に使いましたが、自分の発射音が響いて怖さ倍増。w
もっとも外でもベネリM3の使用頻度が高かったですけどね。いつもの事ですが。

改修したばかりのAK104は好調でした。セミの切れは良くなり、サイクルも速くなって使いやすい。相変わらず遠くまで良く飛ぶので思っているより遠くの敵を仕留める事が出来ます。姿形はグロテスクですが、性能は極めて実用的であります。

フィールドの印象としては、SAVASやBeamに比べるとほどよくブッシュが残してあり良い感じ。バリケの配置も適度。角度によっては弾が通るように考えられているようで、なかなか攻略のしがいがあるフィールドと感じました。この点ではフォレストユニオンよりも良い感じ。例のコンテナに関してはフィールド全体から見るとちょっと唐突な印象がありますね。中からも中に撃つのもセミオート縛りとやや煩雑なルールですし、せっかく二段になっているのに上に上がれないのは残念な感もあります。

といったところで、PMC主宰のろす氏、チームメイトのマンモス氏&タカ氏、お疲れさまでした。
by namatee_namatee | 2012-06-24 21:38 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 結論。 すっきり >>