ドツボにハマる

c0019089_23432396.jpg

週末のゲームに備えてAK104のメンテナンス。

FET交換
このAK104、ガスチューブの中にFETを設置したせいで配線が行ったり来たりしております。作成した時には良い手だと思ったんですが、AK47SやAKS74UNでチャンバー横にFETを設置するようになった今となっては気に入らない。(汗
というわけで、FETの設置しなおしを企画しました。元々の配線を利用してFETだけ交換すれば簡単、と思ったんですが、せっかくメカボを取り出したんだからと配線を全部引き直し、ついでにメカボを開けて消耗具合を確認、とか思っているうちに、パーツを全て外してシム調整までやり直していたという。お手軽メンテのはずが完全O/Hになってしまいました。w
作成当時に比べて多少はスキル()もupしているので、シム調整をやり直すのは無駄ではないはず・・・

一通り作業して、組み立てて各部をチェック。配線の長さの設定を微妙にしくじり、信号線のフィッティングをああでもないこうでもないとこねくり回していたら、スイッチから信号線が抜けた。orz
仕方が無いのでもう一度レシーバーからメカボを取り出して信号線のハンダ付け。試射をして最後のチェック・・・どうも配線の取り回しに納得がいきません。ああでもないこうでもないと信号線の取り回しをしていたら今度はFETから信号線が抜けました。w
心が折れたので元の配線に予備で在庫していたFETを繋いで終了。最初からそうしていれば3時間前には終わっていたんですがね。orz

二回目のFET交換前に試射したデータは初速82m/s(Hopオフ、0.25gBB弾)でサイクルは12発/秒(7.4V 1,300mAhのLiPo)といったところ。元々、モーターがハマー1000ということもあってサイクルに期待はしていないのでこんなもんで十分です。それでも記憶ではO/H前は初速は同じぐらいでしたが、サイクルは10発/秒そこそこだったので、シム調整でモーターとベベルギアの位置関係の最適化をはかったのは正解でした。
by namatee_namatee | 2012-06-21 23:42 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< H-D純正ネジ 1300発分お得 >>