手強い。

c0019089_21125778.jpg

昨日に引き続きSIG 556 DMRのネタ。

配線に苦労しております。
手前がメカボ側です。先っちょにFETを設置してしまったもんだから、信号線と動力線が行ったり来たりしております。効率悪そう。
ハンドガード内にはミニバッテリーが入るそうですが、わたくしはAKタイプのリポを使うつもりなので、スペースには余裕があります。だがしかし、これだけ配線がごちゃっとしていると下側のハンドガードを閉める時にそちこちに挟まったりして実に具合が悪い。悪い事に上下のハンドガードはただ合わせるだけではなく、カギ状のフックを噛み合わせてロックするようになっており、さらに加えて根元でピンを差し込まなければなりません。きっちりぴったり合わないとピンが刺せないのでございます。(汗

初速が落ちない。
あまりに法定の限界ギリギリな初速のため、バレルをカット・・・の前にSPR(VFC)用のスペアのバレル(ライラクスのアッシュバレルという奴)を試してみる事に。長さはオリジナルより75mm短い475mm。これだけ短ければちょうど良いぐらいに初速が劣るのではないかと・・・テストしてみたら1m/sも落ちません。むしろ上がって(ry
これはいかんという事で100mmカットして375mmに。だがしかし落ちません。それまでは88m/s台(0.25gBB弾)だったのが、87m/s台後半が半分ぐらい混ざる程度。これはいけませんな。
初速計はX3200で今までの経験から微妙に高めに出るのは確かですし、テストに使ったBB弾の銘柄もマルイのベアリングバイオ弾なので初速は高くなりがちではありますが、それは言い訳にはできません。ウチの規定(?)ではどのようなセッティングでも法律に触れない状態に仕上げることとなっておりますので、今のパワーでは何かの弾みで限界を超えてしまうかも。
やはりスプリングを換えるべきでしょうね。PDIの110%あたりが適当かも。375mmにカットしちゃったバレルはこの556 DMRとは逆に最近微妙に初速が低下してしまったM16A4(G&P)に転用しましょう。375mmのタイトバレルだとちょうど良いぐらいになるはず。

その他の困りごと。
メカノイズがうるさい。どうもピニオンとベベルの相性が悪いようです。もの凄く甲高い音がする。モーターの位置をかなり精密に調整してみましたが収まりません。もしかしたらメカボ後半が解放されている構造のせいもあるかもしれません。

といった感じでなかなかモノになりそうにありません。orz
by namatee_namatee | 2012-04-23 21:34 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 結果発表 玉石混淆 >>