チャンバー遍歴

本日は月に一度のお休みの日。4月から10月までの間は年間休日の関係で月に1度平日のお休みがあります。>我が社
普段出来ないような用事、役所や銀行にいって何か手続きをするとか、部屋を片付けるとか、平日のお休みは使い勝手がよくて重宝しております。なので、本日は週末にせまった戦民思想さんの射撃会に備えてチャンバーを交換したSPR(VFC)の評価をしておりました。実に有意義な休日の使い方だ。(棒)

話すと長くなりますが・・・
SPR(VFC)のチャンバーの変遷について。オリジナルはもちろんVFCのポリカーボネート製のチャンバーです。このチャンバーでHopパッキンやバレルをあれこれ換えてテストを繰り返しておりましたが、どうも思ったような集弾性能になりません。

基本的にポン付けでの性能でなんとかするというのをコンセプトというか縛りにしておりまして、それは何故かというと削ったり盛ったりの職人芸が必要なレベルのチューンになるとわたくしのスキルではとても無理ですし、時間もない。なので市販のパーツを組み合わせて性能upを図ろうということなのでございます。
そういったわけでチャンバーをまるごと交換して状況を一気に打開しようというのが今回の企画。

事の始まりはM16A4(G&P)の二重給弾に悩まされていたのを、ダメもとでMADBULLのチャンバーにしたら思いがけず完治してしまい、それどころかセミ・フルオートともに優良な集弾性能になったというところから。
それでは最近ウワサになっていたPRO-WINのCNC削りだしのチャンバーはどうよ、と。
エキセントリック式(by wildey氏)、もしくは次世代式のHop調整機構を持つチャンバーの微妙に調整が効いて安定したHopは魅力ですからね。
そういったわけでPRO-WINのチャンバーに交換してテスト(30m)したのがこちら。↓
c0019089_20375623.jpg

えーと、弾が先日のサバゲでマルイのベアリングバイオ弾(0.25g)にICSの弾(もちろん0.25g)がまざっちゃってチョコチップみたいになったのしか用意できませんで、なんとなく不本意な結果ですが、まあ普通の弾を使って屋外で撃った分にはまずまずの成績でしょう。
テスト時は曇りで風は弱かったんですが、それでも弱い風が右から吹いてましておかげでこのように着弾する結果に。下の方に大きく外れているのはたぶんICSの弾。(汗
マルイのベアリング弾とICSの弾では明らかに初速に差が有り(2-3m/s程度)弾道も違いがあります。
バレルはMADBULLのPythonで加工もなにもなしのノーマル、Hopパッキンはマルイ純正(かシステマ製)でSCPという組み合わせ。

参考までに、こちらが先日までのスタンダードのポリカーボネートチャンバーでの最新の成績。↓
c0019089_20372592.jpg

弾は100%マルイのベアリングバイオ。散ってますなぁ。
SPRがどうのと言う前に普通の電動ガンでもこれよりはマシな集弾なような気すらしますよ。orz
バレルはライラクスのアッシュバレルのHop穴を削って加工し、パッキンは電気くらげですが、思ったような成績ではありません。

これまた参考までに、MADBULLのチャンバーで生き返ったM16A4(G&P)の成績。↓
c0019089_20381670.jpg

歩兵の持つアサルトライフルとしては十分な成績。フルオートでのまとまりの良さも捨てがたい。こちらのバレルはマルイ純正品でHop穴を削ってありますが、Hopパッキンはノーマルのマルイ純正(かシステマ製)でSCPという組み合わせ。
330mmぐらいのそんなに長くないバレルにノーマルと同じぐらいのパワーのスプリング、これまたノーマルと同じぐらいの重さのピストン、とノーマルのM4と何ほども変わらない内部チューンです。250mmから350mmぐらいまでのバレルで適正Hop時にも初速低下が少ない仕様が一番性能のよいエアガンのような気がしてきますなぁ。(汗

感覚的に「電気くらげ」よりもSCPの方がフライヤーが少ないような印象。ただしHopのクッションゴムとSCPのフィッティングがシビアで、クッションゴムの固さも微妙ながら無視できないレベルで弾道に影響があると感じます。バレルのHop窓を削って拡大加工したものはHopパッキンがしなやかに変形している感じで、長かけHopに似た伸びの良い弾道・・・なんですかねぇ。本日のSPR(VFC)の成績や弾道を見てみると、加工の有無で集弾性能に差を感じられませんけどね。

とここまでやってPRO-WINのチャンバーに問題が。
それは初速の低下。ウチのVFC製フレームとの組み合わせではどうも気密が良くないようで、3-6m/s程度の初速低下がありました。おそらくチャンバー後端とメカボのフィッティングが良くないのではないかと。適正Hopで76m/s程度なので使えないことはありませんが、上限まで10m/s以上あるというのはどうも勿体ない気がしちゃうんですよね。

SPR(G&P)で問題発生。
PRO-WINのチャンバーと同時に購入したMADBULLのチャンバーは昨夜のうちにSPR(G&P)の方に組み込みました。で、初速をチェックするのに試射してみると。出た、給弾不良。弾が出ません。数十回に一回ぐらいは出るときがありますが事実上撃てない状態。これがウワサのMADBULLチャンバーの持病か。
不思議な事に本日になってフルオートで無理矢理撃ってみたところ、ぎこちないながら給弾されるようになりましたが、基本的に不安定です。
ただこのチャンバーは気密がしっかりとれているようで、初速の低下などは感じられません。もともとG&PのSPRの方はVFCのものよりも初速が高めで、Hopオフだと86m/sぐらいはある。
そこで前述のVFCのSPRとチャンバーを交換する事に。

磨く磨く。
SPR(G&P)から取り外したMADBULLのチャンバーをよく観察してみると、弾が上がっていく部分に鋳造時の荒れが見られます。下から上がり切った部分、ノズルやバレルの穴に接続するところにはすこしバリのようなものもありました。
おそらくここら辺がスムーズに給弾されない原因であろうということで、丸棒ヤスリでバリをとり、内部をリューター+バフにピカールで一通り磨いてあげました。
で、バレルをセットしてHopクッションとSCPをセットして・・・と簡単に書きますが、実際はバレルやHopクッションがちゃんと傾かずにセットされているか、実に細かい調整を繰り返さないといけないんで、もう面倒で面倒で(ry

そんなこんなで無事スワップ終了。それぞれを試射してみると、VFCの方は適正Hopで82m/s程度、G&Pの方は83m/s程度と納得のいく成績。集弾性能も優良。
残念ながら風雨が激しくなってしまったので、グルーピングの成績は残せませんでしたが、どちらのチャンバーも上記の通り集弾性能には問題は見当たらないなので心配ないでしょう。

といった感じで、チャンバーやバレルと戯れた一日でございました。w
by namatee_namatee | 2012-04-11 21:32 | survival game | Comments(4)
Commented by 工房のひと at 2012-04-11 22:42 x
いいですねえ、追い込んでますねえ。
削ったり盛ったりするとセッティング地獄にハマる可能性が
高いので、有りものの組み合わせを試すのは正解です。
それすらまともにやらずに、削りだなんだとさえずっている
のは「言ってみたいだけ」の人のすることですから。
Commented by namatee_namatee at 2012-04-12 14:58
>工房のひとさま
まだまだこんなんでは勝てません。(何

まあ微調整程度はしますけれども・・・自己満足のスパイラルは恐ろしいですなぁ。(汗
Commented by がせ at 2012-04-12 20:53 x
ウホっ いいグルービング。チャンバーは弾を保持して打ち出す重要なところですから、こうやって製品比較をしていただけるととても参考になります。自分はM4持ってないですけど。
PRO-WIN製のチャンバーは存じ上げませんでしたが、調べたらAK用のチャンバーも出してるみたいですね。HOP形式は変わりませんが、メカボのノズル上のビスとチャンバーを噛ませて保持するというコンバトラーな構造みたいで試してみたい機運が高まっています。
Commented by namatee_namatee at 2012-04-12 21:08
>がせさま
AK用の方が先に出てたと記憶してます。>PRO-WIN
青いアルマイトがきれいでとても高品質な感じがします。そんなに高くないので試してみるのも手かと。

グルーピングはまだまだ。これでは勝てません。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< バトルプルーフ 揺れる思い >>