RPK vs M249

c0019089_20355611.jpg

ネタが切れた。

先日getした電動AKマグを本命のRPKに合わせてみる。
と、案の定給弾されない。(汗
どうもチャンバーの給弾口とのクリアランスが大きすぎるようで、BB弾のストッパーが開かない模様。マガジン側のツメをかさ上げしてもっと上までマガジンが刺さるようにしないとダメだ。orz
いやしかし、RPKはフロントヘビィですな。重さではMINIMIの方が重いはずですが、あれは重量バランスが良いので見た目より扱いやすい。それに比べてRPKはとにかく前が重く、ちょっと構えているだけで支える左腕がパンパンになります。これは何か対策を考えないといけませんな。とりあえずスリングで引っぱってみましょうか。

機関銃らしい音。
外で試射してみたら、このハイダーが以外に大きな音がすることを発見。付けてすぐのときは特に変化を感じなかったんですが、マズル側で発射音を聞いてみるとパンパンと。よく考えてみればこのRPKも名古屋の某AK専門店のチューンですので、流速の類なんですよね。バレルが長いのでさすがにスプリングは柔らかいようですが、それでも流速チューンの一種なので発射音が大きめなんでしょう。そこへラッパハイダーですから、パンパン言っても不思議はありませんなぁ。

M249とRPKを比べてみると。
これは優劣が付け辛いですなぁ。あくまでトイガンとして、しかもMINIMIは俺様チューンですが、ウチの場合、BB弾を飛ばす射撃性能についてはRPKの方が優位。前述の流速系チューンのおかげか、弾速も速く遠くまで真っすぐに飛ぶ弾道です。でもフルオートでは案外散らばるんですけどね。
それに対してM249の方は飛距離はとにかく、弾道は山なりで大した事無い。先日のゲームでフィールドのシューティングレンジで試してみたところでは、飛距離は一応50m以上はあるものの、弾道は真っすぐとはいかず山なりの放物線。HOPチャンバーが基本的にアレですから・・・もっとも分隊支援火器としてはバリケの陰とかブッシュに潜んでいる敵兵の頭の上から弾を降らすような撃ち方もあると聞きますので、そういう時にはこういう山なり弾道もなにかの役に立つかな?
おっと、フルオート時のまとまりに良さはRPKよりもMINIMIの方が勝ります。
ハンドリングは前述の通り、MINIMIの方が楽。ただ箱マグが横に出っぱっていたりBB弾の給弾チューブも露出してますので、本当に厳しい戦いで藪漕ぎなどするハメになると変なところに引っかかったりするかも。その点、RPKはまとまりが良く普通の小銃と同じ感覚で扱えます。
バッテリーはM249もRPKもいわゆるミニサイズしか使えません。こんなにでっかいのにね。ラージバッテリーを使うにはどちらも工夫が必要です。RPKは外付けのバッテリーポーチをストックにつける。M249の場合はマガジン内にちょうどラージバッテリーが入るスペースがあるので、そこを利用する。今はコンパクトなリポバッテリーがあるのでラージバッテリーの出番はさほどでも無いですけど、耐久ゲームなどでは問題になるんですよ。

結論としてはやはり優劣は付けがたい。厳しいサバゲでSAWガナーやるハメになってどうしてもどちらかを選べと言われたら・・・M249ですかね。見た目と裏腹にRPKより普通の鉄砲と同じように振り回せますので。
まあわたくしはそういうときは普通の歩兵をやらさせていただきますが。
だってわたくしが機関銃を持つと高い確率で前に居る味方を撃ちますからね。先日のゲームでも5mぐらい前にいた味方からヒット取っちゃいました。(汗
by namatee_namatee | 2012-03-08 21:17 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 全くもう。 ついに(ry >>