右左東西

c0019089_20173759.jpg

さて微妙にネタ切れ。

折りたたみストック
バッテリー収納の問題とチューンの腕前の関係でM16A4とかSPRとかAKMとか固定ストックの鉄砲が多く、微妙に折りたたみストックとは縁が薄いわが軍?なま家ですが、それでも最近はこのように左右に折りたたむストックの銃があります。VFCのXCRとD-BOYSのSLR-107。の二挺、サイズは似通ってますが(実銃の口径も)イロイロと対照的。
まず見てのとおり、ストックの畳み方が反対。w
XCRのストックは常識的にマズルに向かって右側に折りたたまれます。ストックそのものは実にシンプル。頬が当たる部分にはスポンジ状のパッドがあって快適。さすが21世紀の銃。実はXCRの方は畳んだ状態では固定されないんですよ。つまりストックを畳んだ状態で発射することは考慮されていないと(もちろん実銃の場合)。移動時にコンパクトにまとめるためだけなんですねぇ。
SLR-107の方は左に折りたたまれます。こちらのストックは意外に?凝ってましてバットプレートの部分に折りたたんだときのラッチを解除するボタンがあります。つまり折りたたんだ状態で固定されます。その状態で撃つのかなぁ。AKの類が登場する映像・動画、特にここ最近のアフリカとか中東の動乱の現場では、おそらくType56とかのストックを前下に畳むタイプ(AKMSとか)をストックレスで撃ちまくっているのを見かけますが、ああいう使い方を想定しているんですかね。5.45mmならとにかく7.62mmだと当たらないと思いますけど。w

ストック以外もいろいろ違いがありまして、なんといってもM4とかM16に慣れた身になじむのがXCR。マグキャッチやセレクターはいつもの同じ場所にあります。トリガーやグリップの位置関係も同じ。これは使いやすい。
SLR-107はAKですから。AKに慣れていればそれなりに扱えますが、ご存知のとおりAKならではの扱いづらさがありますからね。

ちなみにこの二挺はともに開発途上であります。XCRはもう使えますが、もうちょっとパワーupを図りたいところ。できればFETもつけてあげたいなぁ。
SLR-107はまだ一発も撃ってません。だって怖いもん。w
なんてたってD-BOYSですからね。完全にばらしてO/Hしないと怖いですよ。あとどういう風にするかが決まってない。LCTのクリンコフみたいにショートバレルにするのも芸がないような気がするので、現在絶好調のAK104にならって250mmぐらいのバレルで行こうかななんて思いますが(実はこのくらいが最も安定して性能が出るような気が。G36CしかりP-90しかり。)、はたしてD-BOYSのメカボがそういう繊細なチューニングに対応できるかどうか。あちこちからエア駄々漏れで結局固ったいスプリングで強引に撃ちだす羽目になるような。

といった感じでネタ切れのgdgdで(ry
by namatee_namatee | 2012-02-28 20:45 | survival game | Comments(2)
Commented by 工房のひと at 2012-02-29 23:27 x
あー!レールカバー渡すの忘れてましたっけ?
Commented by namatee_namatee at 2012-03-01 12:15
>工房のひとさま
まだ入荷していないもんだと。w
次の機会にお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< また降りました。 今年は普通に >>