わあい蠍!あかり蠍大好き!

c0019089_2072065.jpg

意味不明。>タイトル

久々にスコーピオンなど取り出してみる。
このスコーピオンは予約して買ったんだぜ。w
すっかり忘れ去られた感のある(当の東京マルイにさえ)コンパクト電動ガンのスコーピオンですが、これは意外に使えます。拡張性ではMP7に負けるし静音性能ではMAC10に劣る。だがしかしスコーピオンは給弾に不安はない上に形はどうあれ容量の大きなドラムマガジンが用意されており、大型ハンドガンなみにコンパクトです。初速は低い(0.2gBB弾で70m/sそこそこ)のですが、弾道が驚異的に素直で良く当たる。30m以内ならフルサイズ電動ガンと比べても遜色ない、どころか精度はこっちの方が上かも知れません。
実際のところ、サバゲの実戦で使ってみてスコーピオンだからダメというような目にあったことはあまりありません。デザートユニオンみたいな開け切ったフィールドに持っていくことはありませんし、インドアやブッシュが多いところや市街地など、コン電の特性を知って扱えば十分に活躍できると感じます。アウトレンジされることなどまずありませんな。
ではコン電があれば十分なのかというとそうでもないんですがね。30m以遠ではやはりパワー不足ですし、弾数も微妙に不足ぎみ。線が細いというか、スカッとする豪快さがない。AKMとこのスコーピオンのどちらか選べと言われたら、やっぱりオールマイティに強力なAKMを選びますよ。

ハンドガンなみ。
ウチのスコーピオンは写真の通りストックはオミットしてあります。あのストックこそがスコーピオンのスコーピオンたる所以という意見もありますが、実戦ではなにほどの役にも立ちませんし、ボルトアクションライフルをメインにするときのサブとして使うときなどにスリングをつける場所が無くて不便なんですよね。なのでストックを外した後の軸を生かしてスリングを付けてます。スリングの長さを調節してピンとはって突っ張ると意外なほど安定した射撃姿勢がとれるんですよ。
ストックを外したスコーピオンはほとんどハンドガン並みのハンドリング。マウザーC96などと変わらない・・・むしろこっちの方がコンパクトかも。MP5Kと並べてみるとMP5が間延びして大きく見えます。w

最大の欠点はバッテリー。
純正は今どきNi-Cdの専用バッテリーですよ。容量は本数を増やせばなんとかなりますが、イマイチ切れの悪いレスポンスは感心しません。
そこで先日の射撃会でトリガートークへおじゃましたおりに買って来たのが、写真のリポバッテリー用アダプター。ET1の一番小さいリポバッテリーを使えば、容量はとにかく(ET1は550mAh、マルイ純正は500mAh)セミの切れは段違いに向上するはず。まだ試してませんけど。いやまあ電動ハンドガンのM93Rではセミの切れが驚異的に良くなりましたから、このスコーピオンでも大丈夫でしょう。
このアダプター、実はちょっと前に自作しようと試みたことがありましてね。純正のバッテリーを一個バラしてパーツを制作したところでこのアダプターが発売されまして、その意義を失いました。orz

あと欠点と言えば光学機器が乗せ辛いことですかね。アッパーレシーバーに無理矢理レイルをくっつければなんとかなりそうですが。

あ、そうだ。戦民思想さんにお願いして固定ストックのVz68にして貰(ry
by namatee_namatee | 2012-02-22 21:00 | survival game | Comments(4)
Commented by 工房のひと at 2012-02-22 21:43 x
んじゃあ例のアレを一旦止めてやりますか。
Commented by namatee_namatee at 2012-02-23 07:41
>工房のひとさま
いやいや、Vz68はマガジンという問題が残ってますし、アレを今中断するのは忍びないです。w
Commented by 前田 at 2012-02-27 23:38 x
今更ですがタイトルで爆笑w

コン電は確かに使う場面に困りますね
射程距離に不安の無いインドアが良いか?と言われれば瞬発力的な問題で、ガスガンには劣りますし
スナイパーのサイドアームだと大きさ的に電動ハンドガンの方が最適ですから、持っててもなかなか使い勝手が悪いんですよね

しかし、サソリ使いで恐ろしい浸透戦術を駆使する手練れも居ますからねw
Commented by namatee_namatee at 2012-02-28 19:03
>前田さま
実は元ねたを知らなかったり。>タイトル

マルイは早くTMPを出せ・・・出ない出ない。SMGの衰退とリンクしてコンパクト電動もフェードアウトしてしまうんでしょうか。(汗
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フライヤー撲滅計画 お墨付き >>