クリンコフかわいい(ry

c0019089_23152498.jpg

ネタ切れ気味。

クリンコフの改修終了。
懸案の改修は先ほど終わりました。w
ギアをいつものSHS 100:200に交換。当然シム調整はやり直し。やっぱりシムが多めに必要だなぁ。>LCTのメカボ
ピストンを良く観察してみると、後ろ側の端にクラックが。全金属製ラックを押さえている部分。ちょっとかけております。怖いなぁ。仕方が無いので在庫で持っていたマルイ純正ピストンに交換・・・しようと思ったら、ピストンヘッドを切り落とすのに使う金ノコの刃が折れている。探すのに手間取りました。こんなことで貴重な時間をロスするなんて。
なんとかピストンの加工を終えまして、スプリングをどうするか考えます。現状はPDIの120%スプリングってのが入ってまして、これで適正Hopで82m/s(0.25gBB弾)ぐらい。おそらく適正Hop時が最も初速が高い。今回の改修の元々の構想ではこのスプリングをPDIの130%にしてパワーアップ、初速が上がり過ぎた分はバレルをカット(現状は170mmのMadBull Python)で調整、のはずでした。だがしかし、PDI 130%スプリングをよく観察してみると、これすごく長いんですよ。120%は短めなスプリングなんでなおさらそう感じるのかもしれませんが、その120%に比べて25%ぐらいは長い。130%はハイサイ用のスプリングなので、セクターカットしてショートストロークでも初速が出るように長いんでしょうなぁ。
そんなスプリングをフルストローク・フルサイズシリンダーに組み合わせるのはちょっとバランスが悪いような気がしまして、作戦を変更。スプリングはPDI 120%のまま、パワーが足りない分はバレルを長くして稼ごうかと。実に優柔不断。w

おっと今回はノズルも換えます。φノズル。まあ定番ですな。

一通り組み上げて試射。まずHopオフで。80m/sとか。嫌な予感が。w
Hopをかけていくと初速がどんどん上がってまいります。最も上がったところはほぼ適正Hopの位置で88m/sでございます。ギリギリだ。あまりにもギリギリですと、気温とか弾の違いとかでレギュオーバーになってしまうし、弾速計だって正確かどうかは分かりませんからね。そういったわけで、いつも目標は86m/sぐらいを限度にしているんですよね。
それにしても特にパワーに関する部分は弄ってないのに・・・あ、120%では心もとないかと思って、ピストンの裏にスペーサー(パワーアジャスター)を一枚だけ入れたんだっけ。PDI 120%スプリングはテンションをかけるとパワーアップする度合いが大きい印象があるんですが、思ったより効果があったのかも。
あと考えられるのはφノズルですが、あれはパワーに関してはあまり関係ないはずなんですがねぇ。

追記:おっと思いだした。ピストンがLCT純正の総金属歯からマルイ純正になったせいで4g軽く24gになってました。もしかしてショートバレルだと軽いピストンでスピード稼いだ方が効率上がるんでしょうかね

仕方が無いのでバレルを切ります。25mmカットして145mmに。短いなー。
これで初速の最高は84m/sになりました。これなら安心です。音はさらに威勢の良い破裂音になりましたよ。真っ暗なので弾道は確認できませんが、そんなに酷いことにはなってないでしょう。たぶん。
サイクルは10発/秒(LiPo7.4V 1200mAh 20C)といったところ。これはちょうど良いですね。

写真は光学サイトをパチT-1からAK104から強奪したパチDocterダットに交換した図。AK104は長い立派なレールがあるのでふつうのダットでもつきますが、クリンコフはレールが短いので小型ダットじゃないとダメです。こんなスタイルでまたしばらくテストしてみようかと。
by namatee_namatee | 2012-02-08 23:49 | survival game | Comments(2)
Commented by bazz at 2012-02-09 00:11 x
まるでRPKがもう使われない子のように見えてしまう。大丈夫なんですかw
Commented by namatee_namatee at 2012-02-09 07:52
>bazzさま
RPKとMINIMIはウチの戦艦大和みたいなもんでして。(汗
次回のゲームにはどちらかを投入しますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 念のため わたくしのことですか? >>