不便だけど大好き

c0019089_2051031.jpg

写真とカテゴリーに関連が少ないなぁ。

SVEA123R
いわずとしれた液体燃料ストーブのアイドルでございます。w
明日はサバゲでして、休憩時間にちょっとお湯を沸かしたりするのにアウトドア用のストーブを持っていくんですが、ここのところはずっとジェットボイルを使っておりました。少量のお湯を作るには手軽で素早く済ませられますからね。ところが、ここのところ寒くなってきましてガスでは微妙に心もとない。普通のガスだとパワー低下が甚だしく、なまじ暖かいときの快調な動作を知っているだけにイライラがつのるのでございます。いやまあ、冬用のガスを使えば良いんですが、今さら買いに行くのもなんですし。>ただ面倒なだけ

というわけで、気温の変化に強いSVEAを引っぱりだして試運転しているところ。大分放置していたので動くかどうか不安でして。(汗
写真はプレヒートの図。久々だけど手順と勘は忘れてなかった。SVEAもちゃんと動きました。よかったよかった。w
と、ここで我にかえる。絶好調のSVEAの火力は不調時のジェットボイルとなにほども変わらないということを。orz
準備と後片付けが面倒なだけ液燃は不便ですわな。トイガンに例えると、ガスは電動ガンで液燃はガスブロのイメージ。液燃もガスブロもロマンですよ、ロマン。エアガン好きな人はストーブの類にも簡単にハマりそうな気がします。

クリンコフ完成。
朝一番からAKS74UNにFETを装着。毎度ケーブルの長さを決めるのが面倒ですが、最近は慣れてきましたし、電装系がむき出しのVer.3は簡単です。すっきりと終了。
チャンバー周りを観察して、インナーバレルとパッキン・クッションを交換。バレルはAK104で使っていたMadBullのPython 170mmをリサイクル。パッキンはVSR用に買っておいたライラクスのものを使用。クッションはファイアフライのなまず(中辛)で。

いよいよ試射であります。まずHopオフで初速を計測。78m/s(0.25gBB弾)と出ました。まずまず。次は適正Hopでテスト。82m/sだそうです。見事に想定通りですな。適当に勘でスプリングを選んだのに一発でほぼ狙い通りのパワーになるとは、さすが俺。w
まだ余裕がありますので、その気になった場合はバレルをちょっと延ばせばO.K.たぶん200mmぐらいで上限一杯になるんじゃないでしょうか。
撃ち味はショートバレルチューンらしい、ポンポンという音とともに過剰Hop気味な弾道でまっすぐ飛ぶというもの。クリンコフのキャラクターに似合っていると思いますね。
まだなんとなくこなれていない感がありますが、明日のゲームでバトルプルーフされれば使えるようになるでしょう。
by namatee_namatee | 2012-02-04 21:30 | survival game | Comments(2)
Commented by 工房のひと at 2012-02-05 00:25 x
アレ届きました?
Commented by namatee_namatee at 2012-02-05 05:34
>工房のひとさま
おっと、すみません。無事届いております。クリンコフが終わったので、そちらに取りかかろうと思います。ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 初フィールドでサバゲー 調整開始 >>