まったくもう。

c0019089_20382585.jpg

これがウワサのD-BOYS製Ver.3互換メカボ。

見た目は格好良いけど。
真っ黒で格好良いんですが、中身はgdgdですぜ。w
LCT外装+内部メカD-BOYSの愛用のAKM、先日のゲームでタペットプレートあたりのトラブルで、給弾されなくなったのはすでに書きました。今週末にT2Cのゲームがあるので、そろそろ修理しておかないと間に合わんということでO/Hに着手。
このメカボはAKMSのもので、LCTのAKMコンバージョンキットを購入した時に適当に移植したんですが、これが本当に適当。シム調整もいつもの臭いグリスもそのまま。今回はギアも交換するので、当然シム調整しますから、やっとグリスも除去できますな。
メカボを取り出そうと思ったら、モーターがレシーバーの隙間を通らない。AK104と同じだ。w
仕方が無いのでまたレシーバーをはさんでモーターとメカボックス本体にして作業。メカボを開けてみると・・・あれ、何も壊れてないぞ。タペットプレートもセクターギアも無事。ついでにピストンもD-BOYSオリジナル(錘を追加してありますが)のままですが、これまた健康体。全く消耗した気配がない。
とりあえず、せっかくパーツを購入したのでギアとタペットプレートを交換することにします。まずグリスを拭き取ってからギアのシム調整をする。適当ですけどね。今回のギアはSHSの100:200というトルクタイプのギアです。これならリポバッテリーを使ってもサイクルが適当なレベルに収まりそうですし、SHSのベベルギアは逆転防止ラッチのかかる爪が6つなので、トルク寄りのギア比と相まってセミオートの切れ味が良くなるかと思いましてね。このAKMはSPR Mod 1などと違って普通の突撃銃としてフルオートでの制圧力も捨てきれないので、その点も極端にトルク型の100:300よりは良いかと思います。
シム調整を終えて、念のためシリンダー周りの気密をチェックしてみると・・・あーこれは酷い。A&KのM249 PARAと良い勝負のスカスカ具合。シリンダーヘッドにノズルを差し込んで指でフタをしてピストンを押し込むと、まともなエアガンの場合は空気が圧縮されてピストンが止まりますが、このD-BOYSの奴は全く抵抗なくスカッと押し込めます。
もっとも怪しいのはピストンヘッドのOリング。萎縮してしまっているようです。固さも変だし。グリスのせいですかね。(汗
仕方が無いのでジャンクボックスの中からマルイ純正のOリングを探し出して交換。これで別物。ちゃんとピストンが空気を圧縮している感じがあります。次はノズルでこれもシリンダーヘッドのノズルのパイプとのサイズ合わせが甘いようで、マルイノーマルのノズルに比べると気密が悪い。それならマルイノーマル(βスペツナズのもの)に交換しやろうと思い、念のため長さを比較してみると、D-BOYSのノズルが20.5mmなのに対してマルイノーマルは19.5mmと1mmほど短い。ノズル周りで下手うつと給弾不良の原因になりますから、面倒ごとは嫌なので気密の悪さには目をつぶってノーマルを使うことにしました。これが後に悲劇を(ry

スプリングやピストンはそのまま使います。ここら辺を弄るとパワー調整地獄に(ry
今回は気密が良くなっているので、なおさら変にパワーが上がる方向で弄るのはヤメておくべき。

さて全てのパーツがしかるべき位置に納まったのを確認してメカボを閉じ、レシーバーに装着してアウターバレルとインナーバレル、チャンバーを装着してテスト・・・やっぱり給弾されませんでした。orz
ノズルの動きを見てみると一応ちゃんと前後はしているようですが後退量が足りません。銃を上下逆さにしてチャンバーの給弾口にBB弾を落とし込んでみてもチャンバーに入っていかない。棒でかなり強く押せば入りますが、マガジンのスプリングではとてもこんなに強い力でBB弾を押し込むことはできません。
さて、どうしたものか・・・前述の通り、マルイノーマルのノズルなら1mm短いのでうまく給弾できるのではないかと考えてノズルを交換することに。と、簡単に書きますが、もう一回分解ですからね。(汗
で、さっさと交換して試射してみると・・・おお、今度は普通に弾が出る。初速はやはりちょっと上がって85m/s台(0.25gBB弾・Hopオフ)となりましたが、まあ許容範囲。たっぷり塗りたくってあったグリスを除去したので、メカノイズが鋭くなりました。これも許容範囲ですけど。今までのヌルヌルした動作音はグリスのせいだったんですねぇ。w

で、給弾不良の原因は・・・未だに不明。このメカボが入っていたD-BOYSのAKMSはVFCのコピーでして、LCTとはチャンバー周りのデザインが違います。そのため、ノズルの長さがLCT&マルイとは違うのではないかと想像するんですが、それなら今まで普通に使えたのはなぜかと。フルオートで撃ちまくったせいでチャンバーの位置決めかなにかがずれたんでしょうか。いやしかし、そんなことありますかねぇ。

忘れないためにその他のスペックを書いておくと
・シリンダー:D-BOYS純正フルサイズ
・ピストン:D-BOYS純正(+錘で重量30g)
・スプリング:PDI110%
・チャンバー:マルイ(パッキンも)
・バレル:PDI05バレル420mm
・モーター:ハマー1000

1/19追記:
適正Hopでの初速が確認できたので性能についても書いておこう。
初速:85m/s(0.25gBB弾・Hopオフ)、83m/s(0.25gBB弾・適正Hop)
サイクル:11発/秒(6セル4600mAh・Ni-MHラージバッテリー)

といった感じで、謎は残りましたが満足のいく性能が出て修理は完了です。めでたしめでたし。
by namatee_namatee | 2012-01-17 21:41 | survival game | Comments(6)
Commented by がせ at 2012-01-17 22:01 x
あまり電ガンに詳しくはないのですが、次期プライマリーをクリンコフにしようと、Dboyのクリンコフを入手してみたところ、チャンバーの形状がマルイ準拠ではありませんでした。マルイ互換のマガジンが入らなかったのですが、加工して入るようにしたという。
給弾口の位置と形状が違い、エレメントのチャンバーを試しに入れてみたところチャンバーの位置も若干変わったようで(このチャンバーは作りがアレ過ぎてすぐさま捨てましたが)Dboy規格なのかもしれませんね>ノズル。

頭きてCYMAのクリンコフを調達してみたところ、こっちはマルイ互換のマガジンが実に素直にはいりまして。(前期、後期ともに)いやはや、中華侮りがたし(悪い意味で、と強く思いました。
Commented by namatee_namatee at 2012-01-18 07:59
>がせさま
D-BOYSって今どうなっているんでしょうね。(汗
D-BOYSのAKはエントリーに書いたとおり、VFCのコピーのようなので、LCTとはチャンバー位置が微妙に違うんでしょうね。
っていうか、最初からLCTのAKS74とかを買った方が安く上がったんじゃないですか?w
Commented by がせ at 2012-01-18 21:09 x
三ヶ月前に戻れたら、ポチる寸前の自分に対して頭つかんで膝入れます。
Ver違いのクリンコフがたくさんあるのでネットで里親を探そうと思います。
さてLCTのクリンコフを(ry
Commented by namatee_namatee at 2012-01-19 07:43
>がせさま
おー、それはタイムリー。LCTのクリンコフが欲しいんですが、金がないのでCYMAのはどうかなんて思ってたんですよ。もし折り合いがつけば(価格とかタイミングとか)譲っていただけませんか?
Commented at 2012-01-20 02:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by namatee_namatee at 2012-01-20 08:15
>がせさま
またD-BOYSか。嘘です。なんとかして見せます。w
詳細はDMで連絡します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 小物数々 問題山積み >>