やっぱこれだね。

c0019089_20274529.jpg

要領を得ない写真だのう。(汗

初速調整。
先日から弄くり回しているVFCのSPR Mk.12 Mod1、VFCのノーマルバレルは長さ475mmで内径はおそらくマルイ純正などと同じ6.08mmぐらいであろうかと。
このバレル+A&KのSPR Mod0のメカボ、錘を追加して31gのピストンにライラMS80スプリングでHopオフで82m/sぐらい。狙撃銃としては可能な限り遠くから撃ちたいので、初速は高ければ高いほど良いのでございます。そうなると82m/sというのはまだ向上代があると考えました。気温の高いこの時期なら84-86m/sを狙っても差し支えはありますまい。
そういったわけで、ちょっとタイトなバレルに換えてわずかに初速をあげることに。
で、いつものMADBULL Pythonを買ってまいりました。M16用の509mm。とりあえずそのまま組んでみると・・・86m/sと出ました。さすがタイトバレル。ただし、長過ぎてハイダーの中にマズルが来ちゃいます。これは格好悪いので、オリジナルと同じ475mmにカットする。オリジナルだとマズル部は特に工夫無く、ただのパイプの切り口になってますが、自分でカットした時は面取カッターでテーパーを付けて、さらにリューターで滑らかに仕上げてあげます。効果があるのかどうかははなはだ疑問ですけど。
これで初速は84-85m/sで安定。性能としては十分です。

前にも書きましたがVFCのSPRはアウターバレルのマズル部にインナーバレルを保持するカラーが入ってましてね。これでマズル先端部とチャンバーの二点でインナーバレルを支えています。
アウターバレルの内径そのものはインナーバレルの外径よりも大分太くて、475mmより短いバレルだとアウターバレルの中でスカスカです。よって、出来ればオリジナルと同じ475mm以上の長さのインナーバレルにしたい。強いスプリングを組んでおいてバレルをカットして初速を調整するといういつものお手軽な技は使い辛いのです。
今回はノーマルバレルで82m/s程度とちょうど良い性能のメカボでしたので、インナーバレルをタイトにすることで狙い通りの性能にすることが出来ました。

以下、世迷い言なので真に受けないように。(汗
なま家において性能を追求するにあたっての基本的な考え方としては柔らかいスプリングと長いバレルを使うこと、であります。強いスプリングに短いバレルのいわゆる一般的な流速チューンは射程ギリギリの距離での集弾性能に不満がありました。>わたくしの経験
長めのバレルだと弾の重さや銃の傾き、Hopの効きなどに寛容で射程ギリギリでも集弾性能が維持できると感じるんですよね。30mで200mmを切るようなグルーピングのレベルで。BB弾はいくら選別しても弾それぞれのバラつきがありますから、ある程度、弾の質に寛容な構造の方が集弾性能は良くなるはず。
そんなわけで400mm以上の長いバレルを好んで使うのですが、このぐらいの長さでちょっと強いスプリングですと、あっという間に法律で問題になるレベルの初速になってしまいます。それが柔らかいスプリング(ノーマルより弱いぐらいの)にすると今度は初速が出ない。以前はこれでドツボにハマり、繰り返しメカボを開けたり閉めたりするハメになりましたが、最近はピストンの重さをコントロールすることである程度は初速調整が出来るようになりました。
たぶん柔らかいスプリングに軽いピストンではHopパッキンの抵抗に負けてピストンの前進スピードが下がってしまい、結果として初速が出ないと推測。実際、Hopオフですと80m/s程度なのが、適正Hopでは74m/sとかになってしまうことがあります。これがピストンの重量を30gとかにupすると、最高初速はあまり変わらずにHopオフでも適正Hopでも初速の落ち込みが少ないセッティングになります。たぶん、これが以前きつねさんに聞いた長い流速って奴なんでしょう。
高圧のエアで弾を押し出すというのは通常の流速チューンと同じですが、重いピストンの慣性でピストンの前進スピードを稼いで弱いスプリングでも長い時間をかけて(長いバレルなのでそれで良いのです)高圧のエアを作り出す、という仕組み。
だがしかし、ここら辺のセッティングがさらっと決まるVer.3のAKとなかかな決まらずに苦労するVer.2のAR系ってのがありましてね。orz

あとは実際の集弾性能を検証してメカニカルな部分は完成ですかね。>VFC SPR
by namatee_namatee | 2011-08-09 21:13 | survival game | Comments(10)
Commented by LEO at 2011-08-09 22:04 x
ども
今度!俺のと撃ち比べさせて下さいな(マジお願いです)。
真逆のセッティングだからヒジョーに気になります。
できたらサバゲの昼休憩などのひらけた場所で。
Commented by 十兵衛軍曹 at 2011-08-09 23:21 x
わたしも「柔バネ・長バレル派」ですよ。

しかも湿度の高い時期は0.2gで98m/sギリギリよりも
93m/sぐらいのほうが細かい狙撃がやりやすいのですよ。

細かい話は今月の射撃会で・・・・・。



Commented by きつね at 2011-08-10 01:16 x
>これが以前きつねさんに聞いた長い流速って奴なんでしょう。

その通りであります。
結局は弾を打ち出す為の流速を上げてBB弾を減速しにくくさせるのが流速チューンなので、ショートバレルにしなければいけないなどというのは無いわけです。

バレルを短くするのは条件を作る為の方法の一つでしかなく、硬いスプリングを使うのも、ルーズバレルを使うのもその方法の一つでしかない訳です。
#ルーズバレルだと流速が下がるんですけどねw

どちらかというと、長いバレルでセッティングするほうが面倒ではあります。

弾を遠くまで飛ばすのは短いバレル、遠くで当てる(精密射撃)には長いバレルなのかなと。
私の「ばくおん!」は遠くまで飛ばす「だけ」の銃です。
当るかどうかは弾数で(ry
Commented by namatee_namatee at 2011-08-10 08:04
>LEOさま
いや、実際は大したことないんです。結局、40mを超えるような遠距離までは飛ばないし、30m付近でごちゃごちゃやっているレベルです。(汗
しばらくは面白がってサバゲに持っていくと思いますので、その折にでも存分に試射してください。きっとがっかりします。w

>十兵衛軍曹さま
弾道が素直というか、フォームとか自分の未熟な部分を長いバレルはカバーしてくれるような気がします・・・

>きつねさま
流速というかシリンダーの圧縮比を高める方向のチューンという印象です。>流速チューン
エアの量でダラダラ押しだすのではなく、高圧のエアで一気に押し出すイメージ。わたくしが注目しているのがそちらの効果だからってのもあると思いますけど。
Commented by 工房のひと at 2011-08-10 12:58 x
この理論はボルトと同じセオリーですね。

ウチも基本的に同じ組み方をしてます。
Commented by namatee_namatee at 2011-08-10 17:00
>工房のひとさま
ボルトも基本的にバレルが長いですからね。初速の上限が決まってしまうと同じ方向でチューンすることになるのでしょう。ただ、当たるかどうかは細部の詰めによるところが大きいのはご存じの通りで、そのセオリーが確立されておりません。>ウチ
Commented by がせ at 2011-08-10 19:31 x
自分のR指定CA870はノーマルバレルでもショートバレルでも初速が殆ど変わりません。若干、ショートの方が飛距離が増すような感はあるのですけどね。個人的には以前の経験から(友人のスーパー9のカスタムを散見してて)、バレルの長さは殆ど命中精度に寄与していないという印象を持ってたりするのですが、今度時間のあるときに実験してみようかと思います。
密かに、ロングテーパーやバレルスリーブの整流効果はもしかしたら結構効果あるのかもと思ったりするのですが検証してないのでなんともw
Commented by namatee_namatee at 2011-08-10 21:13
>がせさま
R指定について詳しく。w
この手のネタは検証とか考えだすとキリが無いのでもう諦めてます。
長いバレルそのものが命中精度の向上に関与しているわけでなく、長いバレルの方が鉄砲の傾きやHopのセッティングの差に鈍感で、射手のヘマをフォローしてくれるのではないかと思ってます。
Commented by がせ at 2011-08-10 21:42 x
きつねさんから流速認定を受けた自分のソウドオフ零号機であります。
電動ガンにおける流速のセオリーからだいぶ外れたセッティングゆえに、R(流速)指定とw
ちなみになま様のCA記事や、柔バネ重ピストンの概念が結構参考になっております。なま様に足を向けて眠れません。
ピストン重量、SPレート、シリンダー容量、ノズル径の組み合わせパターンを複数テストした際に、バレル長が変わっても初速変動が殆どない組み合わせに至った次第です。
おそらく、BB弾の加速がバレル長10cm以内で終了しており、それ以上の長さが初速に寄与してないためだと思われます。

>長いバレルそのものが命中精度の向上に関与しているわけでなく、長いバレルの方が鉄砲の傾きやHopのセッティングの差に鈍感

なま様の仰るとおり、パーツの効果はすべからくプラス方向だけで考えるのではなく、効果のマイルド化によって安定を得るという概念も重要な気がギュンギュンしています。もちろん、キリがないところですけどねw
数多くのカスタマーの皆様が、常道と思われるカスタムはやりつくしているはずですので、自分はまず失敗するだろうというアプローチからいろいろ検証してみようと思いますw
Commented by namatee_namatee at 2011-08-11 15:56
>がせさま
CA870そのものが曲者ですよね。orz
ご存じでしょうけど、ウチではさんざんいじくりまわしましたが、結局、あたりめ・くらげ仕様が最も当たると言う最悪の結果に終わりました。w

そういうわけで今度、射撃会ででも撃たせてもらいたいと思います。>R指定CA870
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ああ・・・ 軟弱者! >>