振り出しに戻る

c0019089_2055641.jpg

本日は予告通りVFC SPR Mk.12 Mod1の調整をしました。

絶賛放置中
5月に買ってから何もせずに放置されていたVFC SPRですが、なぜ放置していたのかというと普通のM16/M4とはちょっと勝手が違いましてね。例えばダミーボルトをホールドしておく仕組みとか、マガジンキャッチがボタンに直接捩じ込むというリアルな奴だとか、メカボ内ではシム調整不要の自動にクリアランスを取るギアとか。
ちょっと手を出し辛い要素が多いのでございます。そもそも何も手を入れずに済めば苦労は無いんですが、ウチの日本仕様はやたらにデチューンされてまして、初速が60m/sと低く、とてもじゃないけど電動狙撃銃として使い物になる性能ではありませんでした。
いやまあ最も大きな理由はAKに目覚めてしまったので、AR系にはすっかり興味を失ってしまったことですかね。(汗

そうはいってもせっかくの高品質なVFCの電動ガンですから、放置しっぱなしは勿体ない。意を決して分解してまいります。
ネットでちょこちょこと情報を集め、件のダミーボルト保持システムのあたりの分解方法を確認してから、アッパーとロワレシーバーを分離する。メカボ上部にチャージングハンドルの抜け防止の突起が無くて、簡単にアッパーレシーバーが抜けます。で、ネットの情報を参考にボルトリリースを外してからマグキャッチを取る。これ、マルイのようにマグキャッチのボタンが小さいビスでマグキャッチにとめてあるんじゃなくて、ボタンそのモノにマグキャッチが捩じ込んであるんですね。リアルなんでしょうが面倒くさい。あちこちに当たって傷もつきやすいし。これはマルイ方式にしてしまいます。
メカボとフレームを分離しますが、その前にオリジナルのクレーンストックは不便なので固定ストックにするつもりでしたので、これまた放置中だったKingArmsのストックをあわせてみる。このストック、マルイ純正のストックなどとは違い、固定ストックの中にバッファーチューブがあるんですが、そいつがG&Pのメタフレにはフレーム後端のでっぱりに太さが合わなくて装着できなくてそのままお蔵入りしていました。しかしながらVFCのフレームには問題なく装着可能でした。
だがしかし、バッファーチューブをフレームに固定するネジが、KAのバッファチューブには長過ぎて閉め切ることが出来ない。仕方ないので近所のホームセンターへ行って適当なネジ(M5の70mm)を買ってきました。ああ面倒くさい。
さて、いよいよフレームからメカボを取り出します。モーターを取り出してグリップを外してトリガーピンと後ろのフレームロックピンを抜いて・・・フレームロックピンには抜け防止のクリップがありました。どこかで見たなぁ、と思いましたらば、D-BOYSのHK416と同じだ。ダミーボルトをホールドする仕組みがありましたし(機能しなかったけど)、あれはVFCのコピーなんですね。
で、メカボを開ける。逆転防止ラッチを解除する窓があるので、そこにドライバーを突っ込んでラッチを解除してスプリングのテンションを抜いてあげます。メカボをとめるネジはちゃんとミリネジになってますなぁ。
パカッとメカボを開いて、まずピストンを見ると・・・ラックの一番後ろが欠けている。ノーマルピストンの一番後ろの歯にあたる部分はカットされてますが、その次の歯がギアに削られてなくなってます。ううむ、長めのバレルのわりにやたらにハイサイだと思ったら、こんなところにダメージが出てましたか。いずれにせよ、ポリカ?のピストンはいきなり壊れそうで怖いので、マルイ純正に交換してしまいます。
ギアを触ってみたら、スパーギアの軸が取れた。orz
写真はそのスパーギアの図です。軸がポッキリと折れております。こんなんで良く撃てたなぁ。(汗
VFCのギアはハイスピード仕様らしいというのを聞いておりましたので、電動ガンのオーソリティ、きつねさんに電話してギアの互換性について教えてもらいます。通常のスパーギアが使えるとのことでしたので、ジャンクボックスをかき回して、適当なスパーギア(A&K製)を見つけてきました。ありがとうございました。>きつねさん
ただ、このギアだと軸にスペーサーのようなものが付いているので、形状的にVFC特有の自動シム調整機能が使えません。一からシム調整するのも面倒なので、スパーギアの軸からスペーサーのようなものをねじり取りました。
脆弱だと言われるシリンダーヘッドとタペットプレートも交換。シリンダーヘッドはシステマ製にタペットプレートはマルイ純正に。前述の通り、ピストンはマルイ純正にしますが、ピストンヘッドはオリジナルを流用。ちなみにオリジナルのピストン総重量は20gでマルイ純正では23gとなりました。今回は錘は入れずにそのまま使います。
きつねさん製作のFETを装着・・・と簡単に言いますが、ケーブルの取り回しとか長さの決定とか、メカ部よりよっぽど神経と手間がかかります。>電装系
固定ストック仕様にしたのでFETの設置場所や電源側のケーブルの取り回しは特に問題なくすっきりと収まりました。やっぱり電動ガンは固定ストックだよな。

今回使うスプリングはPDIの110%。ノーマルスプリングは硬い奴を大幅にカットしたもののようで、危なっかしいシロモノでした。23gのピストンに475mmのバレル・・・82m/sぐらいになると良いんですが。
ばたばたと組み上げてさっそく試射。とりあえずHopオフで80m/s(0.25gBB弾)と出ました。まあまあなんじゃないですかね、とか思いながらHopをかけていくと急速に初速が下がり、適正Hopでは45m/sとかに。orz
チャンバーの癖が強く感じます。VFCのポリカーボネートチャンバーなんですが、Hopのかかりが急激で、適正を過ぎるといきなり弾詰まりしたりする。とりあえず、手元にあったライラクスのチャンバーに換えてみますとHopのかかり具合は多少は穏やかになったものの、初速は変わりない。ううむ、これはスプリングのパワーが足りない感じ。仕方ないのでもう一度ばらして、スプリングをアングス0.9JのLサイズ用に換えてみます。バレルがそのままでは明らかに初速が出過ぎるので、375mmのマルイ純正バレルに交換。だがしかし88m/sとギリギリです。適正Hopでも86m/sある。これはいかんということで、247mmのMadBull Python(内径6.03mm)に交換。Hopオフで82m/s、適正Hopで83m/sと流速っぽい感じになりました。
しかし、短いバレルではせっかくのSPRの意味が無いなぁ、と試射しながら考えておりましたらば、いきなりギャーとメカトラブル。orz
あーこれはピストンがいってますね。ほぼ半日費やして、最後の最後にまた組み直しかよ。これだからVer.2は(ry

いやしかし、どのみち247mmとかのバレルでは不本意も甚だしいので、スプリングから見直す良い機会かと。適当なスプリングを探すか、いまのアングス0.9Jスプリングを適当にカットするか、あるいはPDI110%スプリングでピストン重量を増してみるか、もう一度振り出しからスタートということになりましたとさ。
by namatee_namatee | 2011-07-31 21:57 | survival game | Comments(8)
Commented by 工房のひと at 2011-07-31 22:18 x
なんだか「VFCいいよー」といつも言ってる某氏の
セリフが途端に嘘臭く聞こえるエントリですねえ。
Commented by SGW at 2011-07-31 22:23 x
電ガンメンドくせぇぇぇぇぇ!
そこいくと、ガスブロの弄り易さなんて片目で分解組み立てが出来ちゃいますよ。
基本的な消耗パーツさえスペアを準備しておけば交換も超楽勝だし。
マガジンの高さはネックですが、チョコチョコ買い足せばそう負担にはなりません。
またWAM4用マガジンを2本ポチってしまいましたので、ジャンク含め15本になりましたw
Commented by 名無しの一 at 2011-07-31 23:24 x
う~ん、固体差もあるのか微妙な所ですな。
うちのもコンプリのギアは丈夫でしたが単品のは歯が飛んだりと微妙な状態に。
アウター出口にカラー入ってたりするのでバレルはアウターギリギリ狙いが良いのですが初速調整がなぁ・・・
Commented by きつね at 2011-07-31 23:46 x
ギアの軸がポッキリ折れたというのは初めて聞きましたよ。
シリンダヘッドのノズルは材質が硬い+肉が薄いので即交換は正解ですな。
Commented by namatee_namatee at 2011-08-01 08:04
>工房のひとさま
うーん、例えばマルイとLCTのAKを比べると、そりゃLCTの方がいろんな部分が圧倒的に良くできていますね。で、AR系となるとわたくしの場合でも比較対象がマルイというよりG&PとかKAあたりになるので、VFCとはいえ、マルイ vs LCTほどの差は無いかなぁ、と感じてしまいます。外装に関しては。
内部メカについてはマルイ基準ではどこも五十歩百歩で下(個々の部分では優れているとしてもトータルでは)だと思いますので、なおさら外装の差が少ないと新鮮味も薄れてしまうと言う感じですね。

>SGWさま
ガスブロは金がかかり過ぎですよ。orz
ガス代がハンパ無いし、パーツも高いじゃないですか。しかも夏限定ときたら、運用可能時間当たりのコストがすごいことに。
その手にはのりません。w
Commented by namatee_namatee at 2011-08-01 08:11
>名無しの一さま
すごく硬そうな材質ではあります。まあ何か具合が悪かったんでしょうなぁ。
そうなんですよ、バレル先端にちゃんとしたカラーが入っているんですよね。それを生かしたいんで出来れば長いバレルで行きたい、が初速が(ry

>きつねさま
いつ折れたのかはわからないんですが、フレームからメカボを取りだした時点で軸受から飛び出していました。いっそのこと全部普通のギアにかえちゃおうかな、と。
Commented by みどり at 2011-08-01 14:18 x
私も同じ製品弄ってましたので 始めましてな書き込みです。

私の個体は

・PDI110%スプリング
・パカ山 φノズル
・システマ ENERGYシリンダー TYPE1
・システマ吸気ヘッド
・VFC純正スプリングガイド(スラストベアリング抜き)
・システマタペットプレート
・マルイピストン(ラック2枚削除)
・マルイ AK純正 インナーバレル
・マッドブル チャンバー

ってな感じで91+-1m/sでした。
フルサイズシリンダーを組むと初速落ちますねぇ・・・。
試しに組んでみたシステマフルサイズ+マルイピストンセットで85位だったと思います。
それを給排気ヘッドにすると65台に・・・。

1年位使ってますけど、ギヤ折れは今のトコなさげ?ハズレ引いちゃったんでしょうかね (;-;)
Commented by namatee_namatee at 2011-08-01 15:22
>みどりさま
いらっしゃいませ。
詳しい情報をいただきありがとうございます。やはりフルサイズシリンダーは400mm台のバレルには合わないんでしょうか。
この際ですのでギアとかシリンダーとか全部一から見直してみます。が、心が折れてしまったのでしばらくはまた放置が続きそうです。(汗
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< お中元貰ったよ。 雑感 >>