ネタが無い。

さて、本日は仕事の日。よって特にネタがない。買い物ブログ呼ばわりされてますが、確かに買い物しないとネタは見つかり辛くなりますなぁ。w

そういったわけで、今さらながらS&T PPSh-41の細部をいくつか。
まず、テイクダウンの様子。↓
c0019089_21154872.jpg

意外に画像が少ないですね。>テイクダウンしたPPSh-41
まあテイクダウンしたからと言ってバレルが抜けるわけでもないし特に何が出来るというわけでもありません。w
この状態でヒンジ部のマイナスネジをゆるめるとバレル一式と本体が分離できます。そうするとバレル一式の方ではチャンバーの分解・インナーバレルの取り出しなどが出来るようになり、本体の方ではさらにストックとメカボを分離して、それぞれのパーツに対して作業が出来るようになります。そうするための手順の一つですな。>テイクダウン


次はチャンバー部のアップ。↓
c0019089_2116475.jpg

見辛いですがインナーバレル後端のチャンバーパッキン(の端っこ)が見えます。その周り、外周部のギザギザはHopダイヤル(ドラム)。これまた見辛いですが、そのダイヤルにHopレバーを押す偏芯した溝が切ってあります。
このPPShのHopはマルイのP-90のものに良く似た、レバーが押しゴムを介してHopパッキンを押し下げる仕組みでして、そのレバーの下がり代を調整するのが偏芯した溝が切ってあるダイヤルです。
このダイヤルの固定がイマイチ不安定でして、Hopをかけていない状態ではスカスカと動いてしまいます。ある程度Hopを強めると、Hopレバーのスプリングの反力で動き辛くなりますが、節度の無い操作感。そんなもんですから移動中の振動などでHopのセッティングがずれてしまうことがたびたびあります。Hopの調整そのモノはとてもやりやすいので深刻な問題ではありませんが、例えば夜戦の時など、現地が暗くてHop調整がしづらい場合だと大変なので、Hopダイヤルに適正Hop時の位置をマークしておくとかの対策を講じた方が良さそう。
Hopダイヤルとチャンバーパッキンの間の部分はチャンバーの後端部でして、円錐状に手前に出っぱっています。メカボ先端は円錐状にへこんでまして、テイクダウンしていたバレルのヒンジを閉じるとぴったりと重なり合う、という仕組み。とはいえメカボとチャンバーの隙間は結構ありますので、気密はよくない仕組みですね。


お次はエジェクションポート。↓
c0019089_21161525.jpg

右側が前方でマズル方向。ダミーボルトを一杯に引いた(後述)状態です。前方のギザギザは前述のHopダイヤル。この状態でダイヤルを回してHopの調整をします。


ダミーボルトのアップ。↓
c0019089_21163986.jpg

上にあるのはリアサイト。ダミーボルトのハンドルが通る溝にキリカキがありますね。ここまでダミーボルトを引いて、ボルトハンドルの黒いパーツを押し込むとボルトがロックされます。同時にレバー(見えないけど)が押されて逆転防止ラッチが解放されます。トリガーも引けなくなりますので、これがセフティの位置なんでしょうな。わたくしはダミーボルトのスプリング(隙間から見える)がヘタリそうで嫌なので、このセフティ位置はゲーム間で使うぐらいです。普段は写真の位置でマガジンを抜いておくことにしてます。
ちなみに、ARES製もS&T製も疑似ブローバック仕様ですので、ピストンと連動してこのダミーボルトが前後します。わたくしはうるさいのと壊れそうだったので、メカボ上部のピストンとダミーボルトを繋ぐパーツを除去してブローバックはキャンセルしてあります。マルイAKのメカボについているデッキロックを取り外すのと同じ感じで、メカボを完全に分解しなくても上側を広げればとれます。>ピストンとダミーボルトを繋ぐパーツ
ブローバックについてはチームメイトのタカ氏はそのまま使ってます。そこら辺はその人それぞれの考え方ですね。


トリガー周り。↓
c0019089_21162588.jpg

特徴的なトリガーガード。トリガーの前にあるのはセレクターです。前にするとセミオート、後ろだとフルオート。これの調子がいまいちでして、セミオートは問題ないんですがフルオートだと一発だけでてあとは沈黙、ということがままあります。必ずそうなるというわけではなくて、再現性が無いので肝心な時に撃てなくてチャンスを逃すこともありました。
ストックとトリガーの関係・距離に特徴があるそうで、確かにトリガーがかなり遠く感じます。でも慣れるとどうってことないですよ。わたくしはトリガーにかなり浅くしか指を掛けないタチなので、苦にならないのかもしれません。
FETを装着したおかげもあって、見た目とはうらはらにスパっとキレの良い撃ち味。前述の不確実なセレクターのせいもあって、セミオートで撃つことが多いんですが全く問題ありません。


マズル周辺。↓
c0019089_21165369.jpg

インナーバレルは275mmです。このとおりアウターバレルぎりぎり。ヒートガード?バレルジャケット?とアウターバレルはマズル直後で結合されております。なのでフルフロートバレルではありません。w
ただアウターバレルは極めて剛性が高いしバレルジャケットも硬いので、M4みたいに首が弱いとか、そんなひ弱さは微塵もありません。
インナーバレルとアウターバレルのガタ・遊びはほとんどなく、かっちりとしてます。これも集弾性能に良い影響がありそう。

銃全体の印象を総括すると、かっちりと剛性が高く良く当たる、ただし重い。ストックは短めで構えやすく、リアサイトが目に近い位置にあることもあって狙いやすい、といったところ。SMGのくせに下手するとAKよりも長くて重いんですが、性能もAKなみです。ドラムマガジンの面白さもあるし、これは良い鉄砲だと思います。

といった感じで、ネタ切れのウメグサ記事でした。w
by namatee_namatee | 2011-06-25 22:23 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 誕生日♪ 久しぶり >>