ネタ切れのgdgdで

c0019089_20402094.jpg

ネタが無い。

やっぱりRealSwordは大したもんだ。
RS Type56-2もデチューンしました。こちらはメカボを開けずにバレルを短い物に交換。405mmのMadBull pythonから375mmのマルイ純正バレルに換装して初速84m/s(Hopオフ、0.25gBB弾)に抑える。これで安心して使えますな。
久しぶりにType56-2を分解してさすがRSと唸りましたね。メカボとフレームの結合なんかほとんどガタや遊びがありませんからね。バレルとレシーバーも同様。LCT AKMだってキッチリしていますが、もうちょっと緩い感があり、やはりトイガンだなぁ、と思わせるんですが、RSは本当にカチカチ。ただ者でない感がヒシヒシと伝わってまいります。組み上げてマガジンをパチッと填め、セレクターをカチカチと操作する。うー凄い。
惜しむらくは56式ということで、人によっては許容できない場合があるかも、ということですか。これがAKMSとかだったら大変なことになりそうです。(汗
どうも最近、RSは品薄のようであちこちで売り切れになっております。香港のショップから安く買えたわたくしは運が良かったんでしょうね。

週末は大雨。
ですが、サバゲの予定が入っております。雨で中止にする理由を(ry
いやしかし大雨の予報ですぜ。雨天決行だそうですから、行くことは行きますが電動ガンは使えそうに無いなぁ。ベネリM3とCA870で頑張りますか。
それでも一応はバッテリーの充電などをしております。これが、ここ数日のテストでいろんな鉄砲にいろんなバッテリーを突っ込んで中途半端に使いかけなもんで、どうもちゃんと充電できる気がしないという。ご存知の通りNi-MHバッテリーは放電の必要性は低いんで使いかけのそのまま充電しますが、それでも全容量の1/8ぐらいしか使ってない状態に追充電というのはどうも精神衛生上良く無いですね。まあ最悪の場合はリポがあるからなんとかなるか。

写真はマウントをかさ上げしたRS Type56-2の図。ほんのちょっとなんですが、格段に狙いやすくなりました。
by namatee_namatee | 2011-05-27 21:05 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 相変わらずだな。 あと10年は・・・ >>