良い季節になってきました。

c0019089_2082858.jpg

本日はお休み。とはいえ特に用事がないのでネタも無い。

小ネタ。
何をしているのかというとLCT AKMのフロントサイトに夜光塗料を塗っているところ。実に小ネタらしい小ネタ。w
寒い冬や暑い夏は大変ですが、今ごろから梅雨入り前までの季節は夜戦(もちろんサバゲの)もおつなもんです。さほど寒く無いし虫もまだ居ないですからね。っていうか、オツどころかすごく好きです。>夜戦
息を殺して敵の気配を探る、あの緊張感がたまりません。日頃、21:00過ぎには寝てしまうわたくしが平気で徹夜しちゃうぐらい楽しい。最近はナイトビジョン(NV)が普及してきまして、以前ほど気安く動き回れなくなりましたが、それでも暗い夜の森の中は昼間ほど擬装を気にせずに行動できます。
射撃できる機会・時間は短いので、すばやく狙いを定めることが肝要で、やはりダットが向いているかと。オープンサイトだとフロントサイトを見失いがちなので、ちょっと不利かな。視界は広いんですけど。
そういったわけで、フロントサイトに夜光塗料を塗って、暗いところでもサイティングできるようにしております。まあ実際のところは気休めですけどね。発光する部分がこの程度の面積ではフロントサイトは遠くてよく見えません。(汗
LCT AKMのフロントサイトは真っ黒なので、昼間でも日陰を狙う時などは微妙に見失いがちでして、白い夜光塗料はそういう時の方に効果が大きいです。
ちなみに塗るのは手前側だけです。全部塗っちゃうと前にいる敵に見えちゃいますからね。w

その他。
AKMの各部をチェック。シェイクダウンしたばかりなので、各部のネジが弛んだりしますからね。特にメカボはD-BOYS製ですので、何が起きても不思議じゃない。(汗
まず微妙にグリップががたつくのが気になったので、グリップとモーターキャリアの間に入れたスペーサー代わりのワッシャーの厚みを変えてみる。AKMのグリップは樹脂製ですが、下側からモーターキャリアにネジで固定されております。このネジを強く締めすぎると樹脂のグリップにモーターキャリアの当たる部分が食い込んでしまいます。そうなるとグリップが歪んでしまい、グリップの固定が甘くなったりメカボの固定位置がかわってしまう・・・んだったかな。ヘルニア氏にそう教わったような気がしますが・・・そういったわけで、モーターキャリアとグリップの間にワッシャーを入れるんですが、そのワッシャーはキットには付属してないので、そこら辺に転がっていた適当なものを使っていました。これがちょっと厚めだったようで、グリップの上側、レシーバーと接する部分にわずかに隙間が出来てました。そのせいでグリップそのモノが変形するとガタつきというか少し動く感じがするというわけでして。長々と書きましたが、対処は簡単でちょっと薄めのワッシャーに交換して解決。
グリップを外した時にモーターがぐらつくのに気がつく。メカボとの連結用のネジが弛んでやがる。これだからD-BOYSは。いやいや、ここはたまに点検が必要な箇所ですな。
あとセレクターが硬すぎるので、固定用のネジをゆるめて調整。これはあんまり変わらなかった。弛み止め併用でさらに調整が必要です。
それ以外はざっと点検したところでは問題ありませんでした。射撃性能は優秀だし、構造的にも単純・明快で合理的。トイガンでもAKって良く出来てると思いますね。これがAR系だと(ry
by namatee_namatee | 2011-04-29 20:53 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雨か・・・ ネタにマジレス >>