気持ち分かったわ。w

c0019089_20265468.jpg

写真はウチの屋根の図。

応急処置。
こちらの地方ではグシと呼ばれる部分、一般的には棟というんですかね。その部分の瓦が地震の揺れで落ちちゃってます。そのままにしておくと雨漏りしてしまうので、この通り、ブルーシートをかぶせて壊れた瓦で飛ばないように押さえました。写真は平屋部分のものですが、手前にある二階の屋根も同様に破損してますので、そちらも同じように処置。親戚のおっちゃんとわたくしの二人でやりました。それが3/13。
で、本日は北風が大変強く、二階の屋根のブルーシートを押さえている瓦の破片が外れてしまいました。バサバサとブルーシートが風にはためいている。この類の布っぽいものはピンと張っておかないと、思っているより弱い風でも引きはがされて飛んでしまったり破けたりとダメージが大きいのはテントやらタープやらで経験済み。w
そういったわけで、強い北風の吹き荒れる中を梯子で二階に上がってブルーシートを張り直す。・・・と思ったら、ウチの親が二人そろって止めろ止めろとうるさい。屋根屋に修理頼んだからとか寝ぼけたことを言ってやがる。見渡す限りこのタイプの屋根瓦の家はなんらかのダメージがあるという状況で、屋根屋の順番がいつ回ってくると思っているんだか。同僚に聞いた話ではある瓦屋では今回の地震の翌日には500件/日の問い合わせがあったそうで、この先一年は仕事に困らないだろうなんて言ってましたからね。
というわけで、自分で出来ないならスッ込んでろと。もとより、この程度の風と二階ごときの高さでビビってたら山登りなんてできやしません。わたくしなんぞよりずっと年上の方々だって北アルプスの大キレット(二枚目の写真)とか登るんですからね。二階の屋根なんぞ、足場はしっかりしているし風だってこの程度なら山の上では普通に吹くし、何ほどのもんでもありませんよ。

いやー爽快。
梯子をかけて二階の屋根にのぼると、これがまた想像以上に爽快でして。特に気にしてませんでしたが、3/11の地震から無意識のウチにストレスを溜め込んでいたのかも。久々に高いところに登って強い風に吹かれるととても気持ち良い。なにが危ないだ。こんなに気持ち良いじゃないか。w
台風や大雨の前後に、修理すると言って屋根に登っておっこっちゃうおっちゃんっているじゃないですか。あの気持ちが少しわかったような気がしました。

風に吹かれたら花粉で鼻水ズルズル&喉と目が痒い。orz
by namatee_namatee | 2011-03-16 20:59 | diary? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< タイムリーww 平常運転に近づく? >>