センス無いのう。

c0019089_2031454.jpg

VSR-10"大人チューン"をゲーム向きに擬装中。

射撃会とサバゲの関係。
継続的に参加している戦民思想さんの射撃会、あれは主宰の出自のせいか、サバゲの実戦を意識したレギュレーションでして、30mの遠距離狙撃でもプローンや銃を何かに委託するとかは許されず、あくまでスタンディングで撃ちます。ターゲットペーパーもA4サイズでちょうど人の顔ぐらいの面積。30mなんてすぐ目の前だし、なんて簡単に思うかもしれませんが、これがなかなか当たらないんですよ。バイポッドや土嚢を使って銃を固定して撃つのならば、スコープの倍率を10倍とかに上げて、着弾点を見極めながら撃てば、銃や弾に大きなトラブルが無ければそれなりに当たりますが、スタンディングではそうは行きません。スコープの倍率を上げすぎると、銃の震えが増幅されてしまってかえって狙い辛くなってしまいます。そういったわけで満射が決まったときはかなり嬉しいしステータスも高い。w
制限時間は1分ですが、そのあいだ銃がブレないように支え続けるのも思うよりずっと大変。なのであまり重い銃(WA2000とか)は向いてないと思います。重い方がぶれは少ないんですがね。
なので、戦民思想さんの射撃会に適した銃というのはやはりサバゲの実戦に適合したスペックのものだろうなぁ、と考えております。

ゲーム仕様。
このVSR-10"大人チューン"も基本はゲーム用として運用しています。しているんですよ。w
オーナーのわたくしがサバゲでボルトアクションを使うほどの技量と気迫を持ち合わせていないというだけで、必要ならばゲームで使えるように、あまり繊細な仕様にはなっておりません。・・・適当にパーツをポン付けしただけとも言いますが。(汗
諸事情によりボルトアクション使わざるを得ない場合もありまして、こうやって擬装を施している次第であります。

センスの問題。
スナイパーライフルの擬装というと、銃全体を塗装してしまうというのが王道中の王道ですが、これは取り返しがつきません。w
そもそもうまく塗る自信がありませんから。そこで考えたのはお手軽にバーラップロールを巻き付ける方法。ある折に貰ったバーラップロールが材料箱に入っているのを見つけましたので。
だがしかし、こういう何かを作り出す仕事についてのわたくしのセンスのなさは超一流でして、結果は写真のアリサマでございます。orz

どうせすぐ見つかるし、見つかったら死んだも同然だしなぁ。>スナイパー
by namatee_namatee | 2011-03-05 20:33 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 濃かった。orz 引き続き・・・ >>