3大がっかりパーツ

c0019089_2140555.jpg

AKシリーズのVer.3メカボックスにおける3大がっかりパーツの話。

写真はReal Sword Type56-2のメカボですが、これもマルイVer.3準拠でただ長さが短いのだそうです。
で、がっかりパーツとは何かというと。一つは写真で言うとトリガーの後ろ側にある黒っぽいカバー。トリガーの真後ろにはセクターギアがありまして、Ver.3のメカボックスはなぜかそこが広く開口しているんですよね。完成状態でもセクターギアの様子を見ることが出来るようになっているんでしょうか。で、セクターギアむき出しは危ないと考えたのか、そこにカバーがつきます。パチンとツメでとまっているだけの樹脂製パーツなので簡単に外せるんですが、取り付けるのも簡単に忘れる。レシーバーにメカボを押し込んで、やっと組み上がったよとか思って眺めているときに、トリガーの後ろ側が不自然に空いているのを発見したときのがっかり感と来たら。orz

次は写真で言うとメカボの後端上部に写っているこれまた黒いパーツ。組み立てた状態ではレシーバーカバーをとめるボタンというかノッチというか、レシーバーカバーを取り外すときに押すもの。これがメカボの後端にメカボの側の左右から挟まれた形でくっついてまして、メカボ内部のパーツを全て配置してシリンダーを抑えながらスプリングガイドの羽状のパーツをメカボの側にはめこみ、ギアやトリガーの穴がちゃんと右側のメカボの側に嵌るように慎重にかぶせて、無事メカボを閉じることが出来たよ、わーい、とか思っているとこのパーツが目に入る、と。メカボの側左右に挟まれているパーツですので、適当に押し込むわけにも行かず、せっかく閉じたメカボをまた開くハメになるという。慣れればスプリングガイドの当たりだけ広げてはめ込むことが出来ますがね。

最後の一つはセレクターのリンクですか。これは見ただけでややこしそうなので慎重に組みますから、そんなにがっかりすることは無いんですが、それでもセレクターのギアが一個ずれていて、組み上がって試射したらセミオートが出来なくなったとかはありますね。あとセレクターをとめているネジにはスリーブがつくことが多いみたいですが、それを忘れて余ったスリーブを見て考え込むとか。

ちなみにM4/M16のVer.2ではこういう罠になりかねないパーツはありませんね。強いて言うならスイッチのスプリングとセレクターがトリガーを押さえるレバーですか。アレはどちらも上下逆さにいれるとトリガーが引けなくなったり、引けても変なクリック感になったり、セミオートが効かなくなったり、小さいパーツなのに影響がでかいです。
あとボルトリリースも罠っぽいですかね。アッパーレシーバーとロワレシーバーを合体させてロックピンを押し込んでやっと完成とか思っていると、ボルトリリースが転がっているのを見つけてorzになるという。旧世代のM4/M16では全くなんの役にも立っていないパーツなのにねぇ。(汗

さっきβスペツナズのメカボを分解してノズルを交換したんですが、なんか撃つとBB弾が砕けて出て来るんですが。orz
by namatee_namatee | 2011-01-31 22:11 | survival game | Comments(3)
Commented by ヘルニア at 2011-01-31 22:39 x
>セレクターのギア
初めてAKをバラした時にフレームからメカボ引き抜いた瞬間にパーツがポロッと落ちて
元に戻すのに大変苦労した記憶があります。
Commented by LEO at 2011-02-01 03:14 x
ども

レシーバーカバーのノッチは忘れてメカボ閉じても、横向きに入れて90°回転させれば簡単に入れられます。
もちろんビス閉める前に。
Commented by namatee_namatee at 2011-02-01 11:06
>ヘルニアさま
そうなんですよね。写真に撮っておいたので事なきを得ましたが、いまでもその写真を見ながらじゃないとちゃんと組めたかどうか自信がありません。(汗

>LEOさま
おお、そういう手がありましたか。わたくしはスプリングガイドのあたりをそっと開いて差し込んでました。幸いにしてVer.3のスプリングガイドはメカボに固定されやすいので今までのところ悲惨な事故は起きておりません。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 問題は・・・ 参りました。orz >>