参りました。orz

c0019089_162297.jpg

写真はRialSwordじゃなくてReal SwordのType56-2のセレクター付近の図。

比類なき剛性感。
このセレクターがすごく良いんですよ。カチンカチンと強いクリック感があって本物のよう。本物に触ったことはありませんが。このセレクターとストックの折りたたみ具合(全くもって遊びがなく、その割に極めてスムーズに動き、撓りは皆無という)はRS Type56-2の真骨頂ですな。

分解してわかるそのすごさ。
で、本日はそのRS Type56-2のデチューンを行いました。いやこれが想像以上にすごいシロモノでした。外装パーツに関しては、全てがそれぞれちゃんと組み合わさって正しく行えば力も要らずに分解組立が出来るという。そんなの当たり前じゃんと思うかもしれませんが、トイガンなんて所詮はオモチャですからね。中華に限らず日本製の、例えばマルイの電動ガンだってパーツの組み合わせの甘い部分はあって、ちょっと撓らせたりしないと入らないとか、ああオモチャなんだなぁ、と感じさせるところがあります。本来、そんなに柔らかいパーツじゃないのに、トイガンの場合はそのパーツの剛性の無さで組み付けを容易くしている、みたいな。
それがこのType56-2には見受けられない。各パーツはものすごく固くキッチリ作られてますが、組み合わせるときには余分な力は要らず、想定されたところにカチっと収まる。具体的に言うと、ハンドガードのあたりとかアウターバレルとか。
上下のハンドガードはAK特有のレバーでギュッと押さえつけて固定する仕組みですが、このレバーがちゃんと効いています。レバーをゆるめればハンドガードははずれ、締めれば固定される。当たり前なんですが、これがD-BOYSのAKMSとかだと一発で決まらずにちょっとずらしたり、手加減が必要なんですよね。その点、このType56-2だとパーツのすり合せはキツいのにレバーはスッと動いてしっかり止まる。で、ガタつきなど皆無。素晴らしい。
アウターバレルに関しても、根元をイモネジで締め付けて固定する方式なんですが、イモネジを締め込むとアウターバレルはちゃんと真っすぐに固定されます。これがD-BOYSの(ry
そういうわけで、分解組立は非常に楽。マルイのAKよりずっと楽ですね。

内部もなかなか。
例によってタペットプレートの前に異物を押し込んでデチューンされているようで、試しに撃ってみたら初速はでないしまともに給弾もされませんでした。よってメカボを開けてスプリングを交換しなければなりません。そのスプリングを何にするかちょっと迷う。バレルは455mmのAKクローンスタンダードサイズでシリンダーもフルサイズシリンダーのようですので、前回チューンしたD-BOYSのAKMSの経験から、アングスの0.9Jスプリング(Lサイズ)をセレクト。バレルはそのまま使おうかと思いましたが、内側に微妙に傷があったので念のためMADBULLのPython(長さ455mm内径6.03mm)に交換。Hopパッキンもこれまた微妙にゆるめなため、マルイ純正にしました。こういった細かいところはまだまだな感じがしますが・・・メカボ内部はマルイ製より品質も構造的にも優れているんじゃないかと。
Type56-2のメカボはマルイ純正のVer.3準拠なんですが、長さが短いそうです。実銃にサイズを合わせるために短いメカボを作ったそうで、さすがRS、凝り方がハンパ無いよね、っていわれますが、本当は実銃のラインからレシーバーを流用するのに(ry
まずメカボの材質が他の中華製とは違ってきめ細かく高品質っぽいダイカストであること。メカボの側左右の合わさり具合が本当にぴったり。加えてタペットプレートやピストン、ピストンヘッドなどの樹脂パーツが変形したりバリがあったりということもなく、日本製のものと全く遜色無いこと。ベアリング軸受けやピストン内部のスラストベアリングなど、パーツとしてハイグレードかつ高品質なものが使われていることなどを考えると、メカボのスペックとしてはマルイ製のAK用メカボを完全に凌駕していますね。
ただし組立がイマイチ。グリスの塗り方とかシムのいれ方とか、そういった部分ではマルイ製には及ばない感じ。このRSのメカボをマルイの工場で組み立てたら最強でしょうな、というのがわたくしの感想です。

性能も一流。
で、つつがなくスプリングを交換して初速をチェック。Hopオフで82m/s(0.25gBB弾)適正Hopで76-78m/sとでました。想定通りです。実に満足。これが初速が出過ぎたり反対にショボショボだったりすると一気に疲れるんですが、今までのところ、AKではそういう目に遭ったことがありません。Ver.3万歳!
驚いたことに集弾性能がすごく良いんです。元々フルサイズのAKは長めのバレルのせいか、良く纏まった弾道なんですが、これはさらにその上を行く。30m先の20cmぐらいの鍋にフルオートで全弾当たる。ビックリ。
特に集弾性能が上がるような細工はしてないんですが、やはり銃全体の精度と剛性の高さからでしょうかねぇ。そういえばアウターバレルにインナーバレルを差し込むときに、今までにこんなに遊びの少ないアウターバレルは経験が無いってぐらいキツキツ&スムーズでした・・・遊び防止のテープ巻きなんて必要ないぐらいっていうか、テープ巻いたらインナーバレルが入りませんよ。

忘れないように各部の主なスペックやレシピを書いておきますと。
・スプリング:アングス0.9J(Lサイズ)
・バレル:MADBULL Python455mm(内径6.03mm)
・ピストン:RS純正。スラストベアリング付き。重量23g
・Hop:パッキンはマルイ純正。チャンバーはRSのまま。
・初速:Hopオフで82m/s、実用で76-78m/s(0.25gBB弾)
・サイクル:14-15発/秒(Ni-MH1600mAh)

次のゲームが楽しみです。
by namatee_namatee | 2011-01-30 16:55 | survival game | Comments(4)
Commented by 工房のひと at 2011-01-31 01:32 x
命中精度向上はガタ取りとの戦いといっても過言じゃ
ありませんからねえ。
そこまでベタ褒めされると私も欲しくなってきます。
弄ってるヒマなんかありゃしませんが。
Commented by namatee_namatee at 2011-01-31 10:57
>工房のひとさま
オススメです。交換必須なパーツは最小限ですし、これで3万円弱ならコスパ最高です。AKというか56式に抵抗がなければですが。w
Commented by at 2011-01-31 20:50 x
Real-Swordでは?
とか無粋につっこんでみるw

LCTが楽しみだなぁ、あとひと月はかかりますがw
Commented by namatee_namatee at 2011-01-31 21:22
>タさま
おっとこれは恥ずかしい。(汗
LCTの何って言いましたっけ?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 3大がっかりパーツ 修行が足りぬ。 >>