最終的解決・・・だと良いなぁ。

c0019089_20125822.jpg

久々にARES WA2000のネタを。

諦めちゃいない。
ずいぶん長いことご無沙汰でしたが、こっそりと改修はしていたんですよ。>ARES WA2000
すでに書いたところでは、どうにも怪しいシリンダー周りを身元のはっきりしたシリンダーに替え、ピストン、スプリング、スプリングガイド、シリンダーヘッドをPDI製に交換。初速の安定化を図りました。おかげさまで初速は談速計が壊れているんじゃないかと思うぐらいに安定しました。78m/s(0.25gBB弾)とちょっと遅いのでパワーアップしたいところですが、それはまた別なおりに。
初速は安定したものの、購入時よりの持病の酷いフライヤーが収まりません。スコープで弾道を見ていると、マズルを出た途端に左右上下にカッ飛んでいく弾がある。出現する頻度は大体10発に2-3発ぐらいですか。
30m先のA3用紙に10発全部収まるのはマレ、というアリサマ。これはなんとかしないと、精密射撃専用銃にする目算が狂ってしまいます。他に使い道無いんだから。w

ここからがこっそり改修していた部分。
フライヤーといっても弾の形が歪だとか油が付着しているとか、そういう原因ではなくて、Hopシステムそのものに問題があると見込ました。洗浄・選別した弾でもフライヤーは出ましたからね。同じ弾でVSR-10"大人チューン"の方では問題ない弾筋でしたし。
チャンバーを分解してシゲシゲと観察してみると、Hopパッキンを押すパーツ、便宜上Hopレバーとでもしておきましょうか、それの形状・サイズがどうも変。WA2000のHopアームはここでも書いてある通り、かなりいい加減なパーツでして、まずチャンバーに収まっているときの左右のガタが大きい。VSR-10のもの(本日の写真の黒くて長いのがソレ)などはチャンバーにセットすると左右にはほとんど動かず、上下の動きはスムーズです。ここら辺はさすがマルイ製という感じ。さらにHopパッキンを押す部分の形状が単なるでっぱりなんですよ。この写真では潰れちゃって見えませんが、VSR用のホップアームはHopパッキンを押す部分が左右だけ出っぱっていて真ん中が無いという形でして、BB弾を真ん中に誘導して保持するようになっています。さらに幅も広くて、Hopパッキンの幅いっぱいで押すようになっています。WA2000のものは対照的に真ん中だけでHopパッキンを押すもんだから、BB弾が左右に逃げるんですね。さらに前述の通りガタが大きく、加えて幅が狭い(VSR用の半分しかない)ため、何かのはずみでさらにBB弾の保持がイレギュラーになりやすい。
対策としてはVSR用のHopアームを流用できないかと、マルイから取り寄せてみました。だがしかし、チャンバーのHopレバーが収まる部分の幅が狭く、長さも合わずに不可。VSRコンパチじゃなかったのかよ。orz
Hopパッキンを押す部分だけ切り取って、オリジナルに貼付けようかとも思いましたが、やはり幅が狭いのがネックでしてうまくいきそうにありません。さらにはSCP(ボケてるけど写真の銀色の小さいの)を挟んでみようかとも思いましたが、これまた幅が合わずに断念。仕方が無いのでHopアームの軸の部分に電動ガンのギアと軸受けの間に入れるシムを入れてせいぜい左右のガタが無いようにしてあげました。Hopパッキンも一時的にVSR用のノーマルパッキンを使っていたんですが、ファイアフライの「なまこ」に戻し、少しでもBB弾の保持位置が左右にずれないようにしました。
本日、会社で試射したところではマズルを出た瞬間に左右にすっ飛んでいくような弾は見受けられなくなりましたね。

VSRのチャンバーだと左右を固定するネジを締めるとがっちり固定されて少し捻ったぐらいではバレルは動きませんが、WA2000のチャンバーはグニャグニャとバレルが回ってしまいます。こういう一番精度が必要なところの作りが甘いのはやっぱり中華だからかなぁ。この程度のパーツ、きちんと寸法を出すのはそんなに難しいとは思えないんですがねぇ。(汗
by namatee_namatee | 2011-01-22 20:56 | survival game | Comments(2)
Commented by 工房のひと at 2011-01-23 14:28 x
メーカーは「見てくれだけ再現できてりゃいいでしょ!」
って発想なんでしょうねえ。
Commented by namatee_namatee at 2011-01-23 20:32
>工房のひとさま
ウチに使ってないP90があるんですよ・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 重い、重いよ。 都から・・・ >>