殺伐と・・・してないか。

またしても週末限定の殺伐としたグルーピングチェック・・・でも今回は毛色が違いますぜ。

散弾ミッドナイト。
引用開始↓
>「も‥ッ もう一度
>もう一度ポンプしちゃダメか‥? あの金使っちゃダメか‥?
>本当にこれで最後だから‥」
>「‥ハイサイ箱マグが組み上がるのヨ‥」
>「ゴメ‥ン ずっとふりきれて‥なかったんだ」
>「‥わかった‥好きなようにすればいいわ
>あたしはもうついていけない‥
>ポンプ一挺で吶喊していったのを
>ゲーム中不安な気持ちで待ち続けるのはもうイヤなの‥
>さよなら
>電ガンはあたしが一人で‥
>セイフティに帰りますあたし
>あなたは‥‥あたしとの
>あたし達の火力支援よりも
>終わりのないポンプアクションをとってしまった‥
>あたしは弱虫だから
>これ以上ついていけないの‥」

---
>サバイバルゲームをやってみたいけれど(以下略
引用終了。↑
某巨大掲示板のTeam2chスレその13のオープニングより。T2Cのスレのオープニングにはリンクやテンプレと一緒にこういった気の利いた一文がそえられるんですが、その中でも個人的に傑作の一つだと思っておりますので引用させていただきました。
最近でこそ電動ガンユーザーが多くなってきましたが、わたくしが参加し始めたころのT2Cはショットガンが多かったですね。耐久ゲームで本部直轄の小隊(いわゆる火消し部隊)が激戦地(わたくしの居た小隊が救援を要請した)に投入されたことがあるんですが、やってきた奴らがほとんどショットガンで今こそ火力が必要なときになんの冗談かと・・・ガシャポンガシャポンっていっているうちに戦線が安定しちゃったよ、という。
そういう環境におりましたので、サバゲーマーとしてはエアコキ、特にショットガンをゲームに投入するのにそんなに抵抗も覚悟もないんですが・・・先日のゲームではマニア呼ばわりされましたがね。w

それはそれとして、本日のテストはマルイの3発同時発射ショットガン(M3ショーティ)は弾の重さによってどれだけ着弾が散開するかです。
c0019089_23251195.jpg

環境は会社の駐車場。w
距離は20mでいつものターゲットペーパー(A3)を使用しました。BB弾はG&Gの0.2gと0.25gのBB弾。同じターゲットペーパーにそれぞれ1回ずつ発射。
ちゃんと狙って撃ったんですが、0.25gBB弾は当ったものの、0.2gBB弾の方はA3の用紙に収まりませんでした。テストとしてはあんまりよいデータではないですなぁ。
仕方ないので印象で書くと、0.2gだと20m先ではA3一杯に広がる。そこから先はもっと広がっていきます。それに対して0.25gだとほぼこの写真のような感じで飛んでいきます。20mより先でもあまり広がらない。
0.2gでも0.25gでも飛距離はほとんど変わらないですね。今回は試しませんでしたが、ウチで0.12gBB弾を撃ったことがありますが、それだともっと派手に広がって飛距離はむしろ落ちる感じ。
わたくしは今まで0.2gを使ってきましたが、この様子だとゲームで使うなら0.25gの方がよい結果がでそうですね。
M3ショーティはイマイチHopが弱くて弾道がゆるい山なりなんですが、3発まとまって飛んでいくのでかえって山なり弾道の方が使いやすいと思います。精密に狙うわけじゃなく3発の弾で囲んだ太いけど左右にはほとんど広がらない射線で戦うというイメージです。具体的には顔が見えたらそこに叩き込む。w
3発に限ってはどんなハイサイよりも短い間隔で着弾しますので、撃たれる方はけっこう鬱陶しいかも。発射音もバスバスとうるさく、敵を威嚇するのに向いているという話も聞きます。
CA870のように鋭い狙いの弾をアメアラレとラッシュで撃ち込むのと違って、M3ショーティはもっとショットガンらしく豪快です。

そういうわけで次のゲームではM3ショーティ+0.25gBB弾の組み合わせをテストしてみようかと。
by namatee_namatee | 2011-01-08 23:59 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 本日のお仕事 気づかぬままにストックが増殖 >>