物資の集積開始

c0019089_2045342.jpg

ただいまSPR Mk.12 Mod1の修理のためのパーツ(ピストンとその他小物)の入荷待ち。
昨日、エアガン屋へ行ったら休みだった。二軒行って二軒とも。コレだから田舎は。orz
例によって通販で買いました。

改めてセットアップ。
その間にJAE-100の各部を自分向きにセットアップ。今月末の次のゲームまでにSPRが直らないと(直しますけど)このJAE-100がメインになりそうですからね。
まず、バイポッドはゲームではいらないので外しましょう。VSR-10大人チューンでバイポッドをつけてゲームに出たことがありますが、率直に言ってバイポッドを使って腰を据えて狙うなんてことはまず滅多にありません。ここ最近のゲームでサバゲでは交戦距離が短いためにどんどん状況が変化してしまうので、ボルトアクションだからといってじっとしているわけには行かないというのを学びました。それでも狙撃は良い位置につくのがポイントなんですが、さっと見渡して狙撃に適したポイントを見つけてそこに入れるようなスキルはありませんので、ゲーム開始前に何カ所か見当をつけておくというやり方をしてます。でも大外れのときもあってなかなか思うようになりませんなぁ。ちゃんと位置取りが出来れば音が静かで優良な弾道のボルトアクションライフルは敵にかなりの脅威を与えることが出来るんですが・・・そんなことは10回やって1回あるかどうかってのが現状であります。
そういったわけで狙撃銃とはいえ、わたくしのようなヘタレが使うとアサルトライフルなみに乱射しなければならなかったりするのでございます。そんなときにはバイポッドなど使わずにそこら辺のものに銃をもたれかけて撃ちますのでバイポッドは不要と。
フォアグリップもオミットする。わたしゃ手が短いので、この位置にグリップがあっても使えません。orz
ところがこのタンゴダウンのフォアグリップってのが外れないんですよ。ウチには他にM4 P.M.C.に同じタイプの短いのがついてますが、それなんて二度ととれる気がしませんからね。(汗
今回はロックしているバーの穴に割り箸を突っ込んでなんとか外しました。ネットのどこかでそうやって外しているのを見かけたんですよ。アレを覚えてなかったら途方に暮れたところでした。

バレット vs SVD
狙撃銃繋がりで。某ブログを見ていたら映画「ハート・ロッカー」のネタがあったので、そういえばウチのなんとかTVにもそういうプログラムがあったなぁ、と。USENのなんとかいうサービスなんですが、メニューの階層が分かり辛くて(ry
やっとこさ探し出して観ましたよ。>ハート・ロッカー
映画そのモノについての詳細は他にいくらでもちゃんとした評価ページがあるはずですのでそちらを見ていただくとして、サバゲ的に気になった点が。それは中盤の狙撃対決。砂漠の真ん中で狙撃を受けて、なんかPMCみたいな人がバレットで応戦するもあっさりとドラグノフに撃ち負ける。射程は850mって言ってましたから、ドラグノフだと射程外のような気もしますが、あちらの方々は目もすごく良さそうなので多少遠くても平気なんでしょう。それはそれとして、バレットで応戦しようとして逆に撃たれたPMCの人に代わって、米軍の爆弾処理チームの2人がそのバレットで反撃するんですが、撃たれた位置のまま撃ち返すのが解せない。わたくしだったら、少しでも位置を変えて応戦しますけどね。サバゲではほんの数メートル横に移動するだけでも見失うことが多いですから。サバゲの手練には見えるのに当たらないなんて人がいますが、本人に聞いたら位置取りを間断なく変えているのだそうです。なのであのシーンだったら斜め後ろに下がるとかして、射程と方向をずらした方が良いと思いました。こちらの位置は割れているんですからね。
まあ映画ですから、そんな細かいことに突っ込んでも仕方が無いんですけど。もとより爆弾処理班がバレット使って850m先の敵に撃ち勝てるはずありませんよ。(汗

といつものネタ切れのgdgdで終わります。
by namatee_namatee | 2011-01-05 21:10 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コミックスを買ってきてもらう 対策を考えねば >>