企画倒れorz

c0019089_2062118.jpg

本日は今年最後の平日お休みの日。特に出かける用事もないのでARES WA2000とVSR-10「大人チューン」を弄くり回してました。

長いなー
WA2000用に購入したライラクス製PSS10の555mmバレルを試しにVSRに取り付けてみた図。ノーマルが303mmのはずなので実に253mmも長い。P-90とかG36Cのインナーバレルが247mmですからね。インナーバレルをむき出しにしておくのは危険なので、何かでカバーしなければなりませんが、ウチには適当なものが無い。サイレンサーもこんなに長いのは無いしなぁ。仕方ないのでM4用のエクステンションバレルを取り付けて、さらにその先にサイレンサーをつけることに。なんか箒の柄みたいに長くなりましたよ。w

性能は期待はずれ。
いやまあ、特に性能に期待はしませんでしたが。その昔のボルトアクションライフルのパワーが青天井だった時代なら、ボアアップシリンダーとかと強力なスプリングで大量の空気を高圧で押し出すときに空気の量に見合った容積のバレルが必要だったのかもしれませんが、現在ではそんな無茶ができるわけもなく。長過ぎるバレルはそれ自身が振動したりしなったりで必要以上に精度がいるだけで良いことは無い、というのがトレンドとなっております。ウチの「大人チューン」はVCピストン仕様となっており、エアの引き戻しが無いはずでして、理論的には長いバレルに少ない容量のシリンダーでも差し支えは無い・・・んだろうなぁ、きっと。(汗
現状の「大人チューン」はPDIの08バレル(430mm)に同じくPDIのVSR 90太径スプリング(+パワーアジャスター1枚)を組み合わせて初速84m/s(0.25gBB弾でHopオフ)程度ですが、この555mmで内径6.03mmのバレルに換えると規制値ギリギリの88m/sまで上がります。これは危険なレベルなのでPDIのVSR 80スプリングに交換。パワーアジャスター2枚で初速を測ってみると75m/sとか。どうしてこう極端にパワーダウンしますかね。それでもグルーピングチェックをしてみましたが、どうも調子が良くない。フライヤーが多くてターゲットペーパーに10発入りません。当たる時は当たるけどたまに大外れが出るという感じ。長くて取り扱いにも気を使うし、初速が低いので飛距離も出ず、と430mmの08バレル使用時に比べて良いことは全くありませんでした。

本来の使い道に。
長いバレルはVSRでは使い物にならない、もしくは使い物になるようにするには多大なエネルギーが必要なことがわかったので、本来の使用目的であるWA2000へ移植。WA2000はついでにスプリングとスプリングガイドを交換しました。昨日のエントリーではマルイ純正のG Specのシリンダーとシリンダーヘッドを使うようなことを書きましたが、シリンダヘッドの分離がうまくいかなかったのでWA2000のシリンダー一式を使うことに。(汗
スプリングはまたしてもPDIのVSR細径スプリング110でございます。スプリングガイドはPSS10のベアリング付きのもの。WA2000の購入時の初速は0.25gBB弾、Hopオフの状態で75m/s程度とかなり安全マージンをとった性能。そのままのスプリングでは長くてタイトなバレルでも大した初速にはならないと推測したため、スプリングとスプリングガイドを交換。Hopパッキンはファイアフライの辛口なまこを使用。組込みはあっさり終わり、性能をチェックしてみると・・・初速84m/sと絶妙な初速となりました。WA2000は電動ガンと同じようなアウターバレルがありますので、長いインナーバレルでもブレ止にテープでも巻いておけば変に曲がったり振動したりもなさそうです。

まったりとこねくり回してたら日が暮れちゃってWA2000のグルーピングチェックが出来なかったよ。orz
by namatee_namatee | 2010-10-20 20:54 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 安上がり ノズル長 >>