盛り上がってまいりました。

c0019089_20172994.jpg

旋盤屋さんに発注しておいたピストンの錘がやってまいりました。

サイズは4種類。
いろんなものが写っていて分かり辛いですが、金色の円筒形で真ん中に穴があいている、ヤップ島の石貨みたいなのがそれ。材質は真鍮です。径はオリジナルの錘と同じ14mm。高さを変えて4種類作ってもらいました。径についてはオリジナルは14mmよりわずかに大きいみたいですので15mmでも良かったかも。写真にも写ってますが、PDIのパワーアジャスター(黒いリング状の物体)は15mmらしいですし。まあ、そのくらいの差は全くもって大した問題ではありませんが。
長さは前述の通り4種類で、オリジナルと同じ長さ9mmに加え10mm、12mm、14mm。気になる重さは・・・
・9mm:11g
・10mm:12.2g
・12mm:14.7g
・14mm:17.1g
となりました。オリジナルが7gでしたので高さの同じ9mmだと4gの重量増ということになりますな。このやり方の欠点は錘が長くなるとピストンヘッドの固定用のビス(M3)も長くしなければならないことでしょう。ライラクスのピストンヘッドの場合、ノーマルではピストンの前面から5mmほどビスが出ているようなので最も長い14mmの錘の場合はスプリングワッシャーの分も考えるとM3×25ぐらいのビスが必要になりそうです。加えて、高さが変わるのでスプリングのプリロードも変化してしまうことも欠点かな。パワーの変化の原因が重量アップなのかスプリングのテンションが変わったのかがわからなくなってしまうんですよね。

注目のピストン重量は?
この錘はSPR Mk.12 Mod 1用です。Mod 1はシステマのM85スプリングで78-80m/s(0.25gBB弾・適正Hop)でして、もうちょっとパワーアップしてHopを弱め、フライヤーを減らそう、というのがここ最近の騒ぎの元ネタだったんですが、SPR Mod 0のやんちゃぶりにかかり切りになってしまってすっかり忘れてましたね。w
さて今回は高さ10mmで12.2gの錘を使用。なぜかというと、ちょうど良い長さのM3のネジが手元になかったから。いきなりオリジナルとかけ離れた高さにしてトラブルを起こすのが嫌、というのもあります。
とりあえず、メカボを開けて取り外したピストンの重さを量ってみると・・・25gと出ました。これはもちろんピストンヘッド込みの重さです。ちなみにピストンはAREA1000のものでピストンヘッドはライラクスのアルミ。たしかピストンはマルイ純正とほぼ同じ重さじゃなかったかな。今回はピストンもマルイ純正に交換します。で、ピストンヘッド(スラストベアリングは撤去。)と錘をM3×20のビスで固定して重量を量ってみると・・・34gとでました。9gのupですか。これは良い感じ。

スプリングは110%。
で、スプリングの選択に悩む。手持ちのバレルとの組み合わせ(420mm05バレルとか455mmのアッシュバレルとか)でM85だとパワーが出過ぎる予感が。そこで今までちょっとパワー不足であまり使うことのなかったPDIの110%スプリングをセレクト。110%スプリングはこのメカボの仕様では420mmの05バレル、0.25gBB弾で70m/sそこそこしか出ませんでした。フルサイズシリンダー/フルストーロクの場合はピストン重量が重い方がパワーが出るというガンジニアの記事を信じてイチカバチかのカケに出ます。>おおげさ

バッチリです。
そそくさと組込みを済ましてバレルをセット(チャンバーはライラクスでバレルはPDIの05バレル420mm。HopはスタンダードHopです。)して初速チェック。適正Hopで84m/s、Hopオフで81m/sと出ました。あれ?Hopかけた方が初速出るぞ。また流速か(ry
あとは例によって明日の朝にでも弾道をチェックしてうまく飛ぶようなら一応完成ということになりますか。スタンダードHopなので変な癖のある弾筋にはならないと思いますけどね。

これで長いM4/M16が二丁現役復帰。PDW?あんなちんまいのなん(ry
by namatee_namatee | 2010-09-15 20:56 | survival game | Comments(9)
Commented by 古美根 at 2010-09-16 09:05 x
カウンターウエイトみたいに稼働して打撃音が大きくなる様にしたら…破損するんでしょうかね?
その前に慣性でバランスが崩れるかな。
Commented by namatee_namatee at 2010-09-16 12:21
>古美根さま
ピストンの中ですからねぇ。音は大きくなるんでしょうか。ストロークも限られていると思われるので、効果は疑問。>可動化
Commented by きつね at 2010-09-16 17:19 x
音はでかくなりますよ。
Commented by 名無しの一 at 2010-09-16 20:21 x
メカボ割れますよw
PDWというか中華グリスに負けそうです。
Commented by namatee_namatee at 2010-09-16 21:08
>きつねさま
音はでかくなりますか。よく考えてみたら、カウンターウェイトにすると錘の慣性でピストンのパワーも殺してしまいますね・・・

>名無しの一さん
HK416のピストンに一番長い錘を組み込んでみました。POMヘッドなのであまり重くならず36g。スプリングはちょっと強力なPDIの120%にして撃ってみると・・・爆縮とはよく言ったもんですなぁ。w

この忙しい時期に楽しそうですね。w>PDW
Commented by 古美根 at 2010-09-17 04:25 x
良く良く考えたらこれって売り物に成るんじゃないでしょうかね?Yオクとかで。
Commented by namatee_namatee at 2010-09-17 08:48
>古美根さま
まだ旋盤屋から請求が来てないので原価がわかりません。w
いやまあ、こんなものはその気になれば誰でも作れますよ。誰かピストンそのものを真鍮で作ってくれないかなぁ。w
Commented by 名無しの一 at 2010-09-17 08:57 x
真鍮ピストンは無理~w いや、アルミで作ればいけるk
うちのもピストン+鉄錘で35~45で色々と試してますが、う~ん
40以下がいいのかもと。45だとギアがおかしな音しておりますもん。
Commented by namatee_namatee at 2010-09-17 13:00
>名無しの一さま
ウチの場合、秘蔵のピストンとか楽しそうなものはないので、普通に手に入るヘッドとピストンの組み合わせしかできません。たぶん39gぐらいが限界かと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 余計なものを これは懐かしい。 >>