テスト結果

c0019089_20265193.jpg

本日は日曜日にもかかわらず、引きこもっておりました。なんか寒いんですよね。5月も末だというのにフリースを着る始末。それでもじっとしているとスースーとうすら寒い。

いつもの不毛なテスト。
完成したA&KのSPR Mk.12 Mod 0(以下Mod 0)の集弾性能のテスト。例によって公式30mチャレンジを想定して行いました。あの競技は構え方は自由なんですが、わたくしの場合はプローンで適当な物(今回は丸めたサーマレスト)に銃をレストして撃ちましたよ。まず適当にスコープのゼロインをしますが、電動は姿勢を変えなくても次から次へと撃てるのでゼロインも楽。ほんの20発ぐらいでそれなりにゼロイン終了です。
で、本番。・・・しかしながら、本日は強めの風が吹いておりまして、その風が収まったタイミングに撃つ。これが難しいんですわ。自分が居る所では収まっていても、ターゲット付近ではまだ風が強かったりします。風の向きも反対だったりする。弾道がS字に曲がるのが分かるときすらありますからね。風のない室内射撃場が欲しいなぁ。w

結果はまずまず・・・か?
で、結果は写真の通り210mmと出ました。この成績はまずまずですかね。オーソドックスなスタイルのMod 1が200mmですので、公式30mチャレンジルールでの集弾性能はほぼ同等。しかしながら、弾道には大きな違いが。素直なMod 1に比べると、Mod 0の弾道はかなりやんちゃ。210mmのスコアを出すまでにちょっと練習が必要でした。Hopが強くかかっているせいか、銃が水平でないと弾道の乱れが大きくなる。左右の傾きにも敏感。癖をつかむのに時間がかかりました。Mod 0とMod 1、どちらの弾筋が好きかといえば、Mod 1の方ですかね。ボルトアクションのVSR-10にも似た山なりの弾道で、神経質な所が無い。おそらくピストンの位置をコントロールするFETのせいで、ほんのわずかながら初速が安定しているような気がします。Mod 1の方が、グルーピングの平均だとわずかながら上回るのはそのせいかも。

実戦(サバゲの)での使い勝手はMod 0もMod 1も同じぐらいかと想像。重さも形もたいして違いがありませんからね。
by namatee_namatee | 2010-05-30 21:11 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ダブルスタンダード UFC製品 >>