完成はしたものの

c0019089_2026995.jpg

先日来、こねくりまわしているCA870 Stockが一応、完成いたしました。写真の左側の奴です。

実験機です。
このStock仕様はHop周りとか、バレルの固定とか、シリンダーとかピストンとか、いろいろ実験してみるために買ったようなものです。レシーバー上のレールもそう。これで改造の腕を磨き、超絶高性能・高精度なCA870を量産して、戦民思想さんの営業妨害を(ry
いやいや、とてもとても。形にはなったものの、全く敵いません。特に弾道が。orz
どうもフライヤーが出るんですよね。今回の仕様は、Hop周りは戦民思想さんのHopパッキン(シリコン版)を使用。このパッキンは調整がしやすくて、ピーキーな感じは薄いです。Hopそのものも良く効きます。バレルは根元をイモネジで固定。大きな改造点として、外径4mm内径3mmの真鍮パイプでシリンダーのノズルを絞ってあります。これは主に初速対策でして、このCA870 Stockはノーマルのままだと初速が規制いっぱいで余裕がほとんどないんです。あと、ちょっとでもBB弾の装填位置を前に出して、躓きHopを矯正しようとかの思惑もないわけではありませんが。

初速は安心できるレベルに。
ノズルを絞ったおかげで初速は78-79m/s(0.25gBB弾)とまずまずの数値。ノズルの断面積は半分近くまで減ったのに、初速は10%程度しか落ちないんですね。それだけ流出するエアの速度が上がっているということですなぁ。だからといって、流速チューンのように飛距離が伸びたというわけではなく、初速が下がった分正直に手前に弾が落ちます。w
これはもっと強力なスプリングをいれて、さらに高圧なエアで弾を飛ばしてみよ、ということでしょうか。それも文化的でないしなぁ。

弾道が落ち着かない。
そうはいっても全体的にはまずまずな弾筋でございます。本日はおよそ20マグ分ぐらいテストしてみましたが、ときたまフライヤーがでるというわけでして。が、コレが気になる。写真の右側のあたりめ/くらげ仕様はそういうことがありませんからねぇ。手加減無しにバカスカ撃っても、同じところに弾が飛んで行きます。ゲームで使う時、弾のクセがいつも一定な方が使いやすいです。肝心な一発がフライヤーで外れたら、なんて思うと小心者のわたくしは居ても立っても居られませんよ。

さて、コレをどういう方向に持って行けば良いのか、思案のしどころ。
by namatee_namatee | 2010-05-04 21:08 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< マメな作業 このケーブルを作ったのは誰だあっ!! >>