まっさら

c0019089_2102823.jpg

先日マルゼンに頼んでおいたCA870のメカボックスの図。
まっさらの新品でございます。この手の純正メカボックスの例に漏れず、左右のガワはタッピングビスで固定されます。が、まっさらの新品の場合、本当にメカボックスだけなのでまだタッピングビスのネジ痕がない。ネジの穴は綺麗なもんです。

お決まりのミリネジ加工。
せっかく綺麗なネジ穴ですので、定番のミリネジ加工をしてあげることに。CA870はエアコキですので電動ガンほどセッティングでメカボを開けたり閉めたりしないので、タッピングでも特に問題はなさそうですけどね。しかしこのメカボ、東京マルイのものなどに比べると材質が柔らかいような感じ。剛性が低いというのか、手で力を入れると比較的簡単にメカボが左右に開いたりします。少しでも左右のガワの密着度を高くしてやるのにもミリネジは有効かも。気休めだと思いますが。w

磨きます。
メカボの表面処理はかなり荒めなので、特に上下のシリンダーのツメ状のパーツがはまるガイドの部分はペーパーでテカテカに磨いておきます。その反面、シリンダー側面がふれる部分は適当に。前にも書きましたが、面積が大きく接触する部分をテカテカの鏡面状にしてしまうと、グリスの保持が悪くなってかえって抵抗が増える気がしますので。逆にアクションバーの通る溝はキレイに磨いてあげたいんですが、なにせ溝なので磨き辛いんですよね。ここはあとでリューター使ってバフがけもしてあげよう。

と言った感じで、電動とはひと味違うチューン内容です。>CA870
Hopやバレル関連についてはやっかいなことこの上ないので後で考える事にします。w
by namatee_namatee | 2010-04-27 21:00 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< P90の相方 南東北の誇りとは >>