寒っ!

c0019089_1931842.jpg

昨日から本日にかけては予定通りサバゲ。
どこのなんてゲームだったのかは面倒なので昨日のエントリーかなんかを見ていただくとして。写真は参加賞のエアガン用ガスとお菓子、それと買ったは良いけど食べなかったインスタント焼きそばの図。ゲームの写真とか撮っている余裕がありませんでした。

寒いなんてもんじゃない。
天気予報では明け方に霜が降りるとか言ってましたが、それどころじゃない。車のガラスは凍りつき、浅い水たまりには氷が張る始末。4月下旬の千葉でこのザマとはな。(汗

途中参加でした。
24時間の耐久ゲームでしたが、昨日書いた通り、仕事の都合でフル参戦は出来ませんでした。まあ仮にフル参戦しても体が持ちませんけど。仕事を終わりにして、千葉に向かう途中で晩ご飯を食べて、フィールドのBBジャングルに着いたのは21:00すぎ。弾速チェックとかマガジンの弾込めとか着替えとかの準備をして、フィールドに入ったのは22:00ぐらいですかね。わたくしは黄軍に配属されてましたが、こちらはTeam2chの関係者が多く、普段のゲームと顔ぶれが違わないような。w
しかしながら、ゲームの流れは相手方にあって黄軍は押され気味。かなり押し込まれてしまって防戦一方の気配。とりあえず、夜間戦闘用のHK416で自軍の本部周辺の防御にあたりました。が、2時間もするといつの間にか立ったまま寝ていることに気づく。(汗
月曜から5時起きでしたからねぇ。寝る時間は早めにしていたんですが、それでも全体的に寝不足でして、眠くて仕方ない。大体、昼間のゲームだって走ったり伏せたりと多大なエネルギーを消費するのに今回は仕事から直行ですからね。無理に続けても、集中力が切れてしまってヒットされるばかりだし、うっかり転んだりして怪我するのも嫌なのでフィールドアウトして車で寝ることに。

4時間。
目が覚めたのは朝の4時。およそ4時間寝たことになります。ずいぶんと体力・気力とも復活した感じでしたので、勇んで戦線へ復帰。とか思ったら、だいぶ押されていて本部周辺での戦闘になってる。これはまずいです。打つ手が無いとして、オフィシャルにブロークンアロー(降伏してゲームを仕切り直し)を宣言されてしまう恐れあり。なんとか、前線を押し戻して攻勢に出ようとしますが、思うに任せず。結局、ブロークンアローになってしまいました。 orz
その後も、どちらかというと押され気味に推移し、最後の頃にはそれなりに押し返した感が出てきましたが、全体としては負け戦でしたねぇ。まあ、そういうこともありますよ。負け戦を楽しむのもそれはそれで楽しいかと。

インプレ。
ゲーム初参加のHK416と2回目の M4(SPR風)のインプレなど。
HK416はなかなか良かったです。短くて振り回しやすい。初速が速くて集弾も良い。ブッシュを易々と貫通する弾道。突撃して来た人と一騎討ちになりまして、とっさにHK416を腰だめで掃射したんですが当たった人が悶絶してました。そう、バレルが短くて初速が出ている(もちろん規制内です)銃の弾はあたると痛いのだ。これはわたくしも経験済みです。
リポバッテリーも初陣でしたが、これも好感触。なんと言ってもレスポンスが良くトリガーの切れが鋭い。サイクルも速く、初速の速さとあいまってホースで水を撒くみたいにBB弾が飛んで行きます。HK416はM4(SPR風)とほぼ半分ずつ使いましたが、電池の消耗具合をチェックしてみると・・・残容量85%ですって。ほとんど使ってないも同然じゃないですか。あんなに撃ちまくったのに。爆発や出火が無ければとても良いバッテリーだと思います。>リポ
M4(SPR風)の方は弾道は素直ですが、ゲームでは使い辛いような気がします。ゲームでは弾をターゲット周辺に全力で叩き込む事が多いのですが、真っすぐに飛ぶ方がそういう使い方には向いていると思います。M4(SPR風)は纏まりは良いんですが、やや山なりの優しい弾道なんですよね。バッテリーはNi-cdのいわゆるラージバッテリー(1600mAh)を使いました。これが一本では足りず、2本目に交換が必要でした。電力消費が多いのかな。

といったわけで、眠いので残りは明日、追記ということで。w

といったわけで、続き。

用意した銃は
・HK416
・M4(SPR風)
・VSR-10 Gspec
・CA870(あたりめ・くらげ仕様)
・スコーピオンvz61(マルイ電動)

VSR-10はほとんど使わず。電動 vs 電動の弾幕の嵐の中ではわたくしごとき素人ではとても使い物になりません。(汗
CA870も同様。スコーピオンはVSR-10のサブでしたからこれも使わず。エアコキの出番が少なかったのはメインの電動二丁がトラブルもなく普通に使えたということで、良かったということにしておきましょう。
そうはいってもVSR-10を使っている人をボチボチ見かけました。すごい勇気だなぁ、と。いつかはあんな風になりたい・・・嘘。電動で景気良くぶっ放す方が向いてます。>わたくし

その他エピソード。覚えている範囲での出来事。

まず戦果。
・フレンドリーファイヤ(味方撃ち)×2
・オーバーキル(撃ち込みすぎ)×1
戦果じゃねぇって。w
しかもフレンドリーファイヤの1人目はでかいひと氏だ。w
藪からゴーグルが覗いているなぁ、あっちは敵の方角だし撃っちまえとM4(SPR風)をセミでバシバシバシっと3連射。良い感じで命中。やぁ、やっぱM4(SPR風)は弾の纏まりが良くて気持ちよいなぁ、なんて思っていたら、でかいひと氏が腑に落ちない声でヒットコールしながら立ち上がりました。(汗
もう一件は敵兵と味方が一直線上にならんでいる後ろから、敵味方まとめて(ry

次はオーバーキル・・・またやっちまいましたよ。w
はるか以前にユニオンの定例ゲームでおねえさんをオーバーキルしまして「ヒットって言ってるじゃないのー!」と絶叫されたことがあるんですが、今回はおっさん。「ヒットって言ってんだろうがー!」って怒られました。これはよりによってVSR-10でやらかしまして、突撃してきたおっさんが四方から撃たれてやっとヒットコールしたその瞬間にわたしがVSRのトリガーを落とした、と。しかもほっぺたにペチーンとストライク。あれは痛かったろうな。怒っても無理はないな。
言い訳すると、Team2chのゲームに比べると弾が当たってからヒットコールまでの間が長い気がするんですよね。別にゾンビが多いとかではなくて、ちゃんと死ぬんですがタイミングがいつもと違う。なので撃つ手を止めるタイミングもずれてしまいがち。まあ言い訳ですが。w

SAWもしくはLMGが苦手。
SAWとはSquad Automatic Weapon、いわゆる分隊支援火器、LMGはLight machine gun、軽機関銃のことですな。サバゲにおいては実質同じもの。実はこれが苦手でして。Team2ch系の戦術はSAW×1名とライフルマン(通常の電動ガン)を数名でチームを組んで、攻勢なり防戦を組織的に行います。ゲーム中、SAWは撃ちっぱなし。ずーっとバリバリ撃ってます。傍で見ていて壊れるんじゃないかと心配するほど。で、わたくしは独立遊撃部隊出身wなので、そばで撃ちまくられると落ち着かない。敵の射撃音も聞きづらいし、迷惑に感じてしまいます。実際には敵が頭を上げられないのでSAWの射撃は有効なんですが・・・わたくしがSAWの傍に居ないでもっと前に出れば良いんですよね。(汗
次からはちょっと自分の位置取りを考えていきたいと思います。

消費弾数。
実質参加時間は11時間ほど。消費したBB弾は5,000発にちょっと足りないぐらいでした。普通よりちょっと多いかな、といったところ。弾無制限でしたのでそれなりに撃ちましたからね。驚愕したのはSAW担当の某氏(この人もTeam2chの知り合い)。実に100,000発を撃ち切ったという。(驚
いやそれよりも、某氏のSAWが壊れずにそれだけ撃ち切れたということの方が驚(ry
24時間フル参戦でSAWで最前線に出まくり、となるとすごい消費量になるんですねぇ。まあ撃ちっぱなしですからね。

閉会式。
ゲーム終了後に閉会式&じゃんけん大会がありました。協賛の各位から賞品を大量にいただいてまして、それを特に活躍した人とか目立つ人に表彰とともに手渡し。わたくし的に驚いたのは最年長の人で60数歳という方がいたこと。赤軍の方でしたがいかにもゲーム巧者といった感じで、こりゃ敵わんと思いましたよ。
残りの賞品はじゃんけん大会でもらえます。しかしなにせ数が多くて。負けた人は座るんですが次の賞品ではまた立たなければならず、これがスクワットやっているみたいで辛い。いや贅沢な話ですな。w
いやまあ、なんにも当たらず、じゃんけんにも勝てず、全員プレゼントのガスを貰ったわけですが。ガスの方が得体のしれないホルスターとかより使い道があるよね。>負け惜しみ

お疲れ様でした。
といったわけで、参加の皆さま&主催の方々、お疲れ様でした。24時間寝ずに戦った人もいたし、他のほとんどもフィールド内で数時間仮眠する程度だったそうで。あっさりとフィールドアウトして4時間も寝たのが申し訳ない。しかも中途参加だし。次の機会(あれば)には少なくともフィールドアウトはしないように頑張りたいと思います。たぶん無理だけど。(汗
by namatee_namatee | 2010-04-25 20:07 | survival game | Comments(5)
Commented by でかいひと at 2010-04-26 00:03 x
おつかれさまでした。
速報でこれだけ書ければ十分でしょう。
私はその頃幕張PAで気を失ってましたから。
Commented by namatee_namatee at 2010-04-26 10:44
>でかいひとさま
お疲れ様でした。いや本当に。
わたくしは途中参加でしかも4時間もノビてましたから、まだ体力に余裕がありましたので。
あ、誤射してしまい申し訳ありませんでした。
Commented by きつね at 2010-04-27 10:38 x
>そう、バレルが短くて初速が出ている(もちろん規制内です)銃の弾はあたると痛いのだ。

だからガスブロハンドガンは当たると痛いw。
自分は5mの距離で出会い頭のフレンドリファイヤ(セミ1発)でヒットと言えませんでしたよ。痛くて。
ロングバレル(300mm~400mmくらい)の流速チューンもセッティングが決まると気持ちよく弾道がのびるんですけど、これは色々と難しいのです。
Commented by きつね at 2010-04-27 10:40 x
そうそう、VFCのHK416はアルミ削り出しでとても軽くて丈夫だそうですよ。(悪魔の囁き)
Commented by namatee_namatee at 2010-04-27 12:59
>きつねさま
長い流速チューンっていうのも面白そうですね。
流速チューンって、高圧のエアで弾をはじき出すのがキモではないかと思うんですが、そのウチ、ツボをうかがいますので。w

VFC のように立派なものではこんなに適当に手を加えることができないです。そうは言ってもD-BOYSのメタフレはちょっとアレです。後ろ側のフレームロックピンがノーマルではゆるゆるなので、頭をネジで固定するタイプのピンにしたら、フレーム側面が内側にたわんでセレクターが動かなくなるという・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 南東北の誇りとは 不思議だ。 >>