今さらCA870のHopに関する考察

c0019089_2038111.jpg

CA870のHop周りの図。
左側の黒いのはシリンダー&ノズル(CA870は一体になっている)で、ノズルに押されたBB弾は装填されるとこの位置で止まります。実際にはこの位置ではBB弾はすでにバレルの中でチャンバーパッキン(Hopパッキンとは別の物)に保持された状態です。白い棒(綿棒の軸ですが)はHopパッキンの位置を示しており、BB弾とHopパッキンの位置が離れているのが分かります。いわゆる躓きHopという奴ですな。
トリガーが引かれてシアーが落ちてピストンが前進すると、ノズルからエアーが吹出しBB弾はパッキンの抵抗を押し切ってバレルの方へ動き出します。BB弾一個分ぐらい移動したところで、バレルの上側にあるHopパッキンに接触、Hop回転を与えられて飛んで行く。

躓きHopは良くない?
BB弾の保持された位置からHopパッキンまでの距離があるのはよろしくないと言われております。Hopパッキンに接触するときのBB弾の姿勢が一定でないので、Hop回転のかかりに乱れが生じるから、だったかな。まあ理屈はわかるような気はしますね。ただ、CA870の場合はチャンバーパッキンが長いんですよね。Hopパッキンの手前までチャンバーパッキンがあるので、その中を通るBB弾の姿勢が乱れる余地があるのかな?まあ、仮にあるとして、躓きHopの解消法としてはノズルを延長するのが一番手っ取り早いんですが・・・

そう簡単にはまいりません。
マルイの電動ガンの場合は、ノズルがマガジンからスプリングで押されて上がってくるBB弾を押さえていて、発射のタイミングになるとタペットプレートがノズルを後退させ、そのスキマに上がってきた弾を今度はノズルがチャンバーに送り込む仕組みで、給弾のタイミングはタペットプレートとセクターギアが司っています。かなり高度なセッティング能力が必要ですが、セクターギアとタペットプレートの位置関係を調節することによって、給弾のためにノズルが後退している時間(=距離)を調節でき、ある程度はノズルを長くすることは可能・・・らしいですよ。
それに対してCA870はシリンダーとノズルが一体で、給弾はこれまたシリンダーと一体のツメ(写真の下の方の平たくて黒い部分)がBB弾を引っ掛けて行います。なのでノズルの前進と給弾のタイミングを変えることは出来ないのでした。
c0019089_21163287.jpg

このようにノズルの位置はBB弾がツメに押し上げられてくるギリギリのクリアランスなんですね。ちょっとでもノズルが長くなるとBB弾と通路?(斜めになった部分。1911でいうところのフィーディングランプ)とノズル・ツメが当たってしまって給弾できません。フィーディングランプの一部を削り取って前側のクリアランスを広げれば、その分だけノズルを延長できそうですが、代わりに装填されるBB弾が広くなった隙間で暴れて給弾不良を起こしそう。じゃあHopパッキンの位置をもっと後ろよりにすれば・・・現在のHopの穴が微妙な位置にあって無理っぽいしバレルの固定位置も変えなければならず、あまり現実的ではない。っていうか、それは「あたりめ/くらげ」と同じ。ではシリンダーの前進位置を全体的にもっと前よりにすれば・・・アクションバーがシリンダーを押し込む距離も変えなければならず、ちょっと難しいかな。出来なくはないけど、メカボからツメが飛び出してしまうし、相当な加工精度も必要でとても自信がありませんねぇ。(汗

といった具合ですので、ノズル長の不足についてはチャンバーパッキンが長いということで何とかなっていると思い込んで見なかったことにします。あ、初速を落とす&流速っぽくするためにノズルに3mmのパイプを差し込んで内径を絞ってみようかと思っているんですが、その加工でわずかにノズル長を延長したのと同じ効果が得られるでしょう。0.2mmぐらいだけど。w
by namatee_namatee | 2010-04-20 21:36 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< シャーリーン 虫干し >>