今日もダブルヘッダー

c0019089_2312118.jpg

本日はT2Cのサバゲ・・・の後、戦民工房戦民思想さんの射撃会に参加。
まだ終わってないので詳細は後ほど。

追記:
まず戦民思想さんの名前を訂正。(汗

ゲームはというと。
久々に暖かい中でのサバゲでした。そのせいか参加人数も多め。総勢75人と聞きました。場所は千葉のBBジャングル。ゲームタイトルは「【予行】4/10 ウザイ奴らの集いinBB-JUNGLE【演習】」だそうです。例によってわからん人にはなにがなんだか。何かの予行演習だそうなんですが・・・なんのことやらわたしにはさっぱり。今回はチームメイトのラード氏と二人で参加。

午前中は普通のフラッグ戦だったような・・・もう忘れかけてる。これだから年寄りは(ry
最初のゲームとその裏はM4(SPR風)で参戦。重い、重すぎる。どこに敵が居るのか想像もつかないような場面ではかなり苦労します。敵を見つけさえすれば集弾性能にモノを言わせてなかなか良い働きをするんですがねぇ。それでもレスポンスの良さと独特の甲高い音(ピストンヘッドがメタルだから?)、長いフロント周りが気分を盛り上げます。かなり満足。
次のゲームはM4-P.M.C.にスイッチ。いきなり長さ・重さとも半分でございます。これはこれで振り回しやすいし、性能も十分(長いM4よりサイクルはもちろん、初速も速かったりする)で良い仕事をします。発射音がでかいので袋だたきに遭いやすいのが欠点か。この銃は買ったときからいっつもそうでした。w

昼休み直前に銀ダン戦がありました。
銀ダンとはなにかといういと、こういうのです。みてのとおり子供向けの商品で、フルサイズ用の重い弾では全然飛びません。これ向きのBB弾はいわゆるプラ弾で、サバゲには使えませんでした。がしかし、Excelから0.12gのバイオBB弾が発売されて状況が一変。良い大人が迷彩服着て銀ダンを振り回す事態に。w
例に漏れず、わたくしも持っておりまして、インドアフィールドのエアコキ戦で使ったことはあるんですが、アウトドアでは初めてです。
銀ダンの欠点というか構造上の問題点で、装填した弾が全部撃ちきれないというのがあります。5-6発は銃の中に残ってしまうんですね。今回の銀ダン戦ではそれが裏目にでることに。前に試し撃ちしたときの0.2gの弾が残っていたようで、ここぞとばかりに狙いを定めてトリガーを引いたんですが全然飛ばない。あわててトリガーを引きますが次の弾もその次の弾も。そのうちに側面からMac11かなにかのフルオート掃射でやられちゃいました。銀ダン戦にレギュ上はO.K.としても電動フルオートは卑怯だ。空気読め。w

お昼からは耐久戦となりました。
やられたら退場せずに本陣に戻ってカウンターを押して復活という奴ですな。90分ぐらい?かなり長いゲームなので、M4(SPR風)と次世代M4 CQB-Rと弾と水を本陣に持ち込みます。このゲームはチーム分けが変り、なんらかの理由で選抜された黄色チームと一般参加の赤チームとなりました。その比率25人vs40人ぐらいだったと聞きました。
わたくしははもちろん一般参加・・・のはずが、何故か選抜されて黄色チームへ。何故だ?w
ゲームはかなりの熱戦。統合された指揮系統を持つ黄色チーム強っ。人数的な劣勢をものともせず、戦線を押し込む。わたくしは主にM4(SPR風)を使いまして、銃のキャラクターに合わせて最前線のやや後ろから支援の中距離狙撃に徹する。地味な任務ですが、バリケードの狭いスキマを通して敵を倒したり、まさにSPRという戦いぶり。良かった良かった。ゲーム終了後のスコアは黄120/赤240というダブルスコア。黄色、強いな、おい。w
そのかわりやられても本陣で休んでいるわけにはいかず、すぐに前線に復帰しなければなりません。体力的には辛かったなぁ。

最後は〆のアレこと三発戦。
三発しか装填してはならぬ、というアレですな。ここでわたくしは空気を読まずに30mチャレンジ用のVSR-10を持ち出す。相手は10歳以上用エアコキとか先の銀ダンとかなのに。w
ゲーム開始。まず幹事のV.O.G氏を発見。眉間の中心を狙ってためらい無くトリガーを引く。が、距離が近かったせいで髪の毛をかすめるかどうかで外してしまう。orz
気を取り直してバリケードの向こう側にゴーグルから上だけ出している二人を発見。向かって左はチームメイトのラード氏だ。前のゲームの流れで氏とは敵対関係です。距離はおよそ20-25m。まさに必中距離。まず右側の兵士のゴーグルの真ん中を狙ってトリガーを引く。ポスっ・・・パカーン、ヒットー!
すかさず、ボルトを操作して(日頃の練習の成果でスコープにラード氏を捉えたまま)次弾装填。ラード氏のゴーグルの中心にレティクルを合わせて、ポスっ・・・パカーン、ヒットー!わはは。まさに「ONE SHOT ONE KILL」。狙撃兵魂万歳。これは当分、ニヤニヤ笑いがとまりませんよ。楽しんだ奴の勝ちです。大人げないとでもなんとでも言ってください。w

ダブルヘッダーの後半戦は射撃会。
サバゲの後はいつもの戦民思想さんの射撃会に参加。今回はBBジャングルに近いSPLASHで行われました。
VSR-10とM4(SPR風)、どちらで参加するか迷ったんですが、VSR-10の方は未だスコープのゼロインが済んでおらず、30mチャレンジはちょっと当てられる自信が無かったのでSPRで参加。
SPRも30mチャレンジ用ではなくあくまでゲーム用ですが、電動、しかも自分で組んだ銃がどんなものか、ちょっと興味があったもので。で、30mチャレンジではどうだったのかというと、10発中5発がターゲット(A4用紙)に着弾。スコープの倍率が4倍しかないので着弾を確認し辛い。どうも上よりにまとまったようでして、次はもう少し当てられる予感。
次は近距離精密狙撃。これは電動ガンが有利な競技なので、まずまずな成績。しかしながら直前にSPRの持病の弾詰まりが。orz
しかし、射撃会はガンオタの集いですのであっという間に対応策を施してもらう。30mチャレンジは済んでますので、Hopパッキン周りにシリコンスプレーを塗布。これで弾詰まりは解消し無事に競技終了。みなさま、ありがとうございました。
プレート射撃も電動ガン向きですから、まずまずの成績。がしかし、SPRを主宰のwildey氏に貸してタイムを取ってみたら、わたしより5秒以上早くて鬱。(汗

といったわけで、ゲーム&射撃会参加のみなさま、幹事、主宰の方々、大変お疲れさまでした。またよろしくお願いいたします。
by namatee_namatee | 2010-04-10 23:12 | survival game | Comments(8)
Commented by 工房のひと at 2010-04-11 09:23 x
戦民工房じゃないですよ~。
Commented by namatee_namatee at 2010-04-11 10:10
>工房のひとさま
これは失礼しました。(汗
ケイタイからなのでついうっかり・・・

それはそうと、お疲れさまでした。今回のはまた格別に濃い内容で、実にタメになることが多かったです。またよろしくお願いします。
Commented by ラード at 2010-04-12 11:22 x
乙でした。
ユーも次回のペンギンさんの温泉企画に帯同して、いよいよ幹事としてゲーム主催ですね。
おめでとーございます(w

銀ダン戦は、まるで「3発戦」だったな、アレは楽しい。すぐ狩られちゃったけど。
耐久戦は、赤チームに組まれたワシは、不毛の極みだったね。クソゲー(w そりゃ、ビギナーみたいなヒトたちが連携とかマッタク無しに、ズンズン前線から突出し続けるんだもん。そりゃ、狩られ放題だろーヨ。
かくゆーワシは、1回しか死ななかったよ。同じ場所でプローンひと筋。10名くらい、殺ったかな。
で、最後の3発戦ってば、あまりにオトナ気ないユーに本気のスナイピングをされて、即死(w ええい。貴様それでも軍人かッ。

Commented by namatee_namatee at 2010-04-12 12:30
>ラードさま
あーあー聞こえない。(AA略
久しぶりのサバゲ、いかがでしたか?w

>3発戦
相手にVSRを持った本気のわたしが居るというのがわかっていながら、あんなところで顔を上げるラ氏が悪い。w
Commented by ラード at 2010-04-12 13:27 x
え。夏以降のゲーム幹事団に立候補(予定)のユー、何を照れてんの?(w

最初の通常戦では、ひとり最後まで生き延びたりして、少しは盛り上がったんだけどねえ。

でも、とくに走ったり駆け上がったりなんか、してないってのに、なぜ肩とか背中の筋肉がきょう、痛いんでせうね?(汁

3発戦で早死にしたコトより何より、ユーにムービング・ターゲットとして「わが首」を献上しちまった事実が、いやもう、ムカツクんです。
今度、メシおごりなさい。

Commented by 工房のひと at 2010-04-12 22:34 x
ダブルヘッダお疲れさまでした。
終了後ちょっとボロっちくなってたのが印象に残りましたw

SPRも素直な弾道でバランスよく仕上がってると感じました。
重さはM14とドッコイ程度ならアリではないでしょうか。
銃が重ければ射撃姿勢も安定しますし、狙撃用なら正解でしょう。
Commented by namatee_namatee at 2010-04-12 23:01
>ラードさま
わたくしはやられてから本陣に行って帰っての時はほとんど小走りでしたよ?おかげで体中ダルダルです。だって指揮官は怖(ry
3発戦はまるで「極大射程」(映画の方)の冒頭の場面みたいでしたよ。敵のリーダーの頭を吹き飛ばすような。大変良い思いをさせていただきました。w
Commented by namatee_namatee at 2010-04-12 23:04
>工房のひとさま
本番で体が持つかどうか自信がありません。(謎

SPR風は思ったよりも優秀なグルーピングで自分で驚きました。30mチャレンジで外したのは腕のせいで、銃の性能自体は結構まとまったグルーピングだったと感じました。その分、カチカチに固め過ぎて弾詰まりを起こしたりするんですが・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ボール盤 融通の効かぬ >>