完成!

c0019089_2113102.jpg

もう開き直って本日もサバゲ・エアガン系でまいります。

件の長いM4が完成。
最終的にメタルフレームをG&PのSR-16 M5仕様に変更いたしました。あれ?この企画の発端はColtのM4A1メタフレが余っているのをなんとかしようとしたんじゃなかったっけ?と、自分に聞いても仕方ありません。この手のネタは始まっちゃったらとまりはしないのです。w
言い訳すると、Coltのメタフレはもう散々分解・組立を繰り返してまして、あちこち緩くなってきてました。例えばアッパーとロワレシーバーの勘合とか。ここら辺はピンがユルユルで抜け落ちそう。加えて、マルイ純正のバレルロックナット?いやあれは違うような気がするけど、とにかくバレルをレシーバーに固定する大きいナットのネジ山がG&Pのメタフレのアッパーレシーバーと相性が悪く、アッパーレシーバーのネジ山をヤスリで1/3ほど削り落としてありまして、どうもSPRフロントセットの固定に不安がありました。実際に固定できないようなことは無いんですが、イマイチ気持ちが悪いという。まあ、そういったわけでこの際メタフレも新調と。

オリジナルはどこかというと?
もともとの大元は去年のはじめ頃に購入した中古のM4 R.I.Sバージョンだったわけですが、よくここまで育ったもんだ。w
オリジナルな部分はメカボの側とチャージングハンドルとマグキャッチとセレクターとボルトリリースだけ。すみません、小物は面倒なんでマルイの純正品でごまかしてます。そのうちアップグレードするかもしれませんが・・・
チャージングハンドルといえば、今回はダミーボルトとの連携をオミットせずにちゃんと動くようにしました。この部分、チャンバーとの間隔が狭くてHopダイヤルの頭を削ったりしないとうまくおさまらないんですが、いつもは面倒くさいのでダミーボルトは半開のままにしていました。今回は面倒をいとわず、Hopダイヤルをけずってちゃんとダミーボルトが閉まるようにしてあげました。せっかくのおニューなメタフレですからね。

その他いくつか。
この長いM4はいくつか作ったM4系で始めてFETの装着に成功したものとなりました。何度も書きましたが、Ver.2のメカボは配線がメカボ中を通りまして、なにかと煩わしいのでございます。加えて前出しの場合は通常の電源に加えてFETからの信号線も通さなければならず、分解・組立を繰り返すとイロイロと大変。コネクターやケーブルはボロボロになるし。そういった点から、今回は最初から後出しと決めておりましたし、Team2chの繋がりで良質なFETが手に入ったこともあって装着に成功となったのでした。スイッチも新品だし、セミの切れの良いこと。
長いM4ということで、M16A4でも良いかなと思っていたんですが、アレの場合はメタフレをFN刻印にしないと某越後屋の次世代M16A4をバカに出来ないよなぁ、なんて思っていたところ、SPRという選択肢を示唆していただいたのでそれに飛びついた。結果的に後悔はしてません。元々の始まりがM4 R.I.S.をM14に負けない遠距離射撃能力にするというのがテーマの一つでありましたので、SPRというのはよい選択。全く持って原型が残ってませんが。

実際の性能はどうかというと。
初速は82-84m/s(0.25g)で、全体の剛性が高いせいか遠距離でも弾のまとまりが良く、これなら宿敵M14とも良い勝負ができそうです。残念ながら静粛性に関しては全くかないませんが。全体として狙い通りの性能で満足しております。フロントとメタフレの価格で次世代M4が買えるとか、それに加えて内部パーツやらストックやらを足せばWAのガスブロM4も買えそうだとか、そんなことを言っちゃぁいけません。w

お二人に謝意を。
今回の「長いM4計画」において、貴重な意見とアドバイスをいただいた名無しの一氏及びきつね氏に謝意を。お世話になりました。今後もお世話になろうかと。w
by namatee_namatee | 2010-02-23 21:49 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 酸っぱい いつも通りネタが無い >>