いつも通りネタが無い

c0019089_200068.jpg

どうもネタが無いですね。2/22だというのに。
力をいれているのがエアガン系なのでそっちばっかりになってしまうなぁ。(汗

というわけで、VSR-10 GSPECの図。
もう何度も登場してますが、今回はちょっと毛色が違う。どこがどう違うのかというと、ストックをプロスナイパーのデザートカラーVerのものと交換しました。知らない&興味の無い人にはまったく意味をなさないモデファイですが。(汗

そうはいってもわたくし的には明るいこの色の方が好みです。
どうもボルトアクションライフルは木のストック、それも明るい色、という先入観があるようで、はるか昔にもっていたSS9000だかスーパー9だか・・・もう判然としませんが、それにつけていた木製ストックも明るい木の色でした。わたしの思い描く典型的なボルトアクションライフルとはこんな感じ。ぐはー、何度見てもマウザーかっけー。w
そういったわけで、オリジナルのODより明るいデザートカラーのこのストックの方が好きなのでございます。

打倒ポンプアクション。w
サバゲにおいてはポンプアクションのCA870などの方が機動力と集弾性能のバランスが良く、ここのところよく参加している戦民思想さんの射撃会でも、トータルのバランスでボルトアクションはやや不利な感じ。ポンプは連射が効きますし、精度の点でもボルトとの差はわずかですからね。本当に究極の集弾性能ということになれば、やっぱりボルトアクションの方が優れていると思いますが、射手の技量とボルト特有の扱い辛さも含めると結局ポンプアクションの方が有利かと。

そこでトレーニングですよ?
「帝國軍人は武器に体を合わせろ!」という先人の言葉がありますが、毎日このVSRを構えてスコープでターゲットを捉えたままボルト操作をする練習をしております。w
いやこれが、練習すると結構いけるんですよ。未だポンプアクションでのラッシュのような連射はできませんが、初弾をはずしても気づかれる前に二発目を撃ち込めるぐらいにはなりました。軽量で短いGSPECはそういう時にも楽です。

といった感じで例によって(ry
by namatee_namatee | 2010-02-22 20:35 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 完成! 竜頭蛇尾 >>