元の木阿弥

c0019089_18282394.jpg

というわけで、D-BOY製HK416のトラブル解消計画。
トラブルというのは、セレクターがセミのポジションでもフルオートになってしまう&SAFEでもトリガーを強く引くと発射できること。(汗

スイッチがイマイチスムーズな動きでないのは分かってましたので、ノーマルのスイッチを手配したのはすでに書きました。それ以外に考えられるのが、セレクタープレートとフレーム側のセレクターの相性の悪さ。
どういうことかというと、M4/M16系の電動ガンはメカボックスの左側面にあるセレクタープレートを前後に動かすことによって、セミ/フルの切り替えとセフティのON/OFFを行っているんですが、そのセレクタープレートを前後に動かすのはセレクターの裏側にある円盤状の部品でして、それはフレームの付属品となります。どうもそこら辺がメカボックス側のセレクタープレートの動作範囲とずれているんじゃないかと疑っているわけです。

とりあえず、メカボックスを分解・・・ネジを一本なめちゃいました。六角のネジなんですが、微妙に穴のサイズが甘いみたいで、前回組んだときにネジロックを塗っておいたのが災いして、トルクに耐えきれなかった模様。
仕方ないのでドリルでもんでそのネジを取ろうと思ったら、メカボのネジ穴が広がってしまうという。w
このメカボ、もう使えないじゃん。せっかくの強化メカボックス(システマ)なのになぁ。
仕方ないのでノーマルのメカボに中身を移植することに。余計な手間だ。おまけにスイッチはメカボ備え付けのノーマルなので、わざわざ手配したのがムダになったし。

フレームへの移植は手慣れたものなのでサクっと終了しました。
前回の組立時に適当に切り飛ばしていたバレルの切り口をリーマーとリューターで出来るだけキレイに仕上げたり、バレルのブレ取り用に例によってアルミテープを巻いたりと小技を効かす。

で、組み上がったのがこの図でございます。
さっそく試射してみます・・・相変わらずセミのポジションでもフルオートです。orz
しかしながら、SAFEではトリガーは引けなくなりました。わずかながら計画は前進しております。w

性能はどんな感じかといいますと。
初速はExcel0.25BB弾で84m/s、サイクルはマルイ純正8.4VのNi-MHミニバッテリー(充電してから2週間ぐらい経過)で15発/秒といったところ。サイクルは充電したてのバッテリーにすればもっと向上するでしょう。性能的には絶妙に使いやすいんですが、いかんせんフルオート専用というのがねぇ。集弾性能については、例によってやる気をなくしてからの試射で真剣に調べてませんが、スタンダード電動ガンとしてまあ納得のいくものではないかと思われ。
ちなみにアッパーレシーバー&バレル周りのスペックはどうなもんかというと、ライラクスのパーフェクトメタルチャンバーにマルイ純正Hopパッキン+TNバレルを212mmに切ったものをHK416純正のフローティングアウターバレルと組み合わせております。

オリジナルのメタフレよりも仕上げはずいぶんマシでして、見た目はなかなか格好良いんですが・・・フルオート専用は微妙。w
by namatee_namatee | 2010-01-24 20:17 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ムダに高い 17年 >>