ちょっとお化粧を

c0019089_21595918.jpg

CQB-Rのグリップを交換。
どうもM16/M4のノーマルのグリップは細すぎて握り心地が悪く感じます。それでも電動トイガンのグリップはモーターを内蔵するために実銃のものよりも太いんだそうです。いやしかし、実銃はどんだけ細いのかと。アメリカ人は手が大きいはずなのにね。加えてわたくしの場合、トリガーガードも長い時間銃を握っていると指が痛くなってきます。ノーマルのトリガーガードは単純な板状で角が立っていますからね。

というわけで、例によって通販とかオークションで適当なグリップを物色したんですが、よく考えてみたらグリップって実際に握ってみないとソレが自分にフィットするのかどうか分かりません。グリップ遍歴とかいって、とっかえひっかえいろんなのを試すのも一興ですが、今回はマグプルのMOEグリップ(DE)で。これはすでに兄弟機種の東京マルイM4A1 SOCOM CARBINEで導入済みで実績があります。マグプルにはフィット具合を調整できるPTS MAIDグリップというのもありますが、MOEグリップの握り心地で満足してますので今回はパス。

2,500円ぐらいと手頃な上にわたくしの手にあっているようで、とても快適。内部も広くて配線の取り回しに苦労が少ないのもよろしい。よって取り付けはポン付け。欠点はモーターのバックラッシュとでもいうんでしょうか、ベベルギアとのかみ合い具合を調節するネジがゆるみやすいこと。なんらかのゆるみ止めが必要です。ロックタイトの類も使えますが、今回はエア配管などにつかうシールテープを巻いてみました。

ついでにトリガーガードもてごろなマグプル製に。これまたM4A1 CARBINEに導入してましたが、アレはメタルバージョンでポッチを押すと解放できるタイプでした。今回はよりローグレードなポリマー製で。滅多にトリガーガードを開くことなんてないですもん。

だがしかし、取り付け時にその前側を固定するイモネジをナメた。orz
正確にはネジをなめたのではなく六角の穴をなめてしまいました。これは二度と外せない予感。幸いポリマー製なので破壊すれば取り外せますけどね。

CQB-Rに関しては大きな改造をする予定がありません。ちゃんと当たるし取り回しもしやすくて丈夫。ケチを付ける部分があまりない。仕方ないのでこの程度のいたずらで勘弁しておいてやろう。w
by namatee_namatee | 2010-01-09 22:46 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ヘソを曲げたか 今年の目標 >>