収穫?

c0019089_20422112.jpg

さて、明けて1/1。いまさらおめでとうもないもんで、大晦日だろうが元日だろうが、単なる日常の一日に過ぎませぬ。いわんや、徹夜でサバゲをやっているようなわたくしにとっては。w

明け方は寒うございました。千葉なのに。おそらく氷点下5度ぐらいまではいったのではないでしょうか。車の温度計では-3度とかいってましたが・・・フィールドの水道が凍って水が出なくなりましたからね。-3度や-5度程度は南東北では普通の寒さですが(去年の暮れには-7度ってのがあった。)それでも吹きさらしの外で活動しているのと暖房のある家の中に居るのでは話が違います。Ni-MHバッテリーは寒さに弱く、特に次世代電動ガンのM4シリーズとSOPMOD用コの字型バッテリーの組み合わせは前回の年越し夜戦でも低温のため発射不能になっているのを見かけました。おそらくバッテリーだけの問題ではなく、次世代電動ガンは駆動しなければならないものがイロイロとあるので、モーターが打ち勝たなければならない抵抗が大きいのではないかと思われますし、シリンダーやギア周りのグリスも低温で固くなってこれまた抵抗を増す結果につながっているのではないかと推測。

わたくしの場合、今回初陣のCQB-Rを持っていったわけですが、まあ最初のウチはちゃんと使えました。二個あるコの字型バッテリーのうち、イマイチ調子の悪い(900mAhぐらいしか入らない)方を先に使いましたが、案の定、4ゲーム目ぐらいでサイクルが極端に落ちてしまいました。全く発射不能というほどまでにはなりませんでしたが、とりあえずもう一個の調子の良い方へ交換。こちらは良い感じで明け方まで使用できたんですが・・・ちょっと疲れたのでガンラックにCQB-Rを放置して休憩したりエアコキ戦をやっていたりしたら、どうも冷えきったようで発射不能に。ちょっと休ませればフルオートでは撃てますが、セミはまったくダメ。
とはいえ、用心のために持っていったミニバッテリー仕様のこちらも次世代M4A1 SOCOM CARBINEもガンラックに放置して冷えきった状態ではほぼ同じ症状で使い物になりませんでしたので、コの字型バッテリーが冷えに弱いというわけではなく、Ni-MHバッテリーと次世代電動ガンが低温に強くないというのが本当のところじゃないでしょうかね。

そのCQB-Rの使い勝手。短いM4としてはウチには旧世代M4のM4-P.M.C.がありますが、アレに比べるとずっと普通の長さで、その割にはM4A1CARBINEほど前が長くなくてちょうど良い感じ。夜戦では交戦の機会が限られるので、敵を見つけたらさっと狙いを付けてすかさず撃ち込まないといけませんが、そう言うときにも短めで重量バランスが後ろよりのCQB-RはM4A1 CARBINEより機動性で勝りました。

CQB-RはM4A1 CARBINEに比べると遠距離(20m以遠)での集弾性能にやや劣る感じがあったんですが、ふと思いついてバレルにブレ止のアルミテープを巻いてみたところ、M4A1と同程度に改善されたような・・・気のせいかも。慣しが進んだのかもしれません。知り合いのM氏(チームメイトのラード氏の友人)もCQB-R(黒)を導入しており、二人で一緒に行動しているときは同じ発射音で面白かったですね。これもなんとなくですが、スタンダードのM4A1やSOPMOD M4に比べてCQB-Rは発射音が大きいような気がします。炸裂とか爆裂とまではいきませんが、ちょっと空気が急に膨張する系統の音のような。スタンダードの次世代M4を持っている人じゃないと気がつかないレベルの違いですけど。

ちなみに同じく次世代の電動ガン、G36Kを持ってきていた人がいたので撃たせてもらいましたが、リコイルについてはCQB-Rの方が大きい感じ。まあM4系は耳のすぐ横のバッファーチューブ内でおもりが前後してますからね。G36Kはすごく柔らかい動作感で、これはこれでフトコロの深さというか、余裕の無いM4より近代的な印象でした。旧世代の電動ガンでもM4とG36Cを比べると同じような印象なので、銃のディメンションとか素材とか、そういった要素が影響しているのでしょうなぁ。

ゲームそのものはどうだったのかというと。久々の夜戦でどうも調子が出なかったですね。月明かりがとても明るくて(そういえば月食もあったんだっけ。)、フィールドがよく見えて良いかなと思ったんですが、これがかえって敵を見つけ辛い。あんまり目が良くないこともあるんでしょうが、背景にまぎれて迷彩服が見えません。(汗
これだったら真っ暗の方がマシかも。おかげであんまりヒットはとれませんで、どちらかというと後ろに回られて背中を撃たれたりしてました。w

写真は昨日の写真の福袋(鬱袋とも)の中身。全部で6つもあったな、鬱袋。年越し夜戦では参加者はそれぞれお年玉を持ち寄り福袋を作ります。その袋をサバゲで取り合って中身を参加者に抽選で分配するんですが、ようするに自分の持って来たお年玉が違う形で戻ってくるわけでして。変なものばっかり持ち込むと、自分のところにも変なものが戻ってくるという。w
わたくしが今回お年玉として持ち込んだのはマルイ純正のM4用R.I.S.でした。これはサイズ・構造がマルイの旧世代M4にしかつかえず、メタフレにしたりするとほとんど使い道が無くなるという・・・実に微妙な案配のシロモノ。で、Getしたのがこの写真のブツ。M4の450連マグ(旧世代用)と「空耳アワー辞典」という同人誌、「ぶり〜ど!」というエロゲ。いやしかし本当にもう。450連マガジンはウチのM4は次世代に移行中ですし、むやみに長いし。普通のマガジンでも長いっていっているのに。「空耳アワー辞典」は・・・とくに興味が無いんですけど。おまけにこの本はデータベースのように曲名が羅列されているもので、解説のようなものが無くて敷居が高すぎだっての。エロゲはねぇ。興味ないものの筆頭なのになぁ。w

というわけで、まさに鬱袋にふさわしい内容のお年玉でありましたとさ。
by namatee_namatee | 2010-01-01 21:51 | survival game | Comments(2)
Commented by まるちか at 2010-01-01 23:44 x
あけましておめでとうございます。

とりあえず、まとめてぶくおふに持ち込めそうな品でよかったじゃないですかwww
Commented by namatee_namatee at 2010-01-02 17:30
>まるちかさま
いやいや、こんなものを売りにいったって仕方ないですって。w
これらは来年のネタに(ry
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 年越し夜戦の風物 始まります >>