CA870の道

c0019089_19504269.jpg

芸の無い写真だ。(汗
見ての通りウチのCA870。もう何回も登場しておりますが。
元はソードオフでしたが、G&PのFIXED STOCKを装着しております。手練になるとソードオフの方が使いやすいという話も聞きますけれど、わたくしはとてもそんなレベルに達しておりませんので、固定ストック仕様です。ウチにはCA870チャージャーもありましたが、個人的な印象ではあの直銃床はポンプアクションとは相性が良くないと感じました。曲銃床に比べるとコッキングがし辛い感じ。ダットやスコープを載せたときに位置が低すぎて苦労するし。まあわたしとしては素直にショットガンらしく曲銃床で良しと。

先日の射撃会で、戦民思想さんのチューンドCA870を表裏しげしげと観察する機会がありまして。さすがプロ、イロイロ勉強になるところが多かったですね。

今回はチームメイトのラード氏が戦民思想さんにチューンに出していたCA870チャージャーが納品されたので、それをちょっと撃たせてもらいました。このチャージャー、元は前述のウチにあった奴でして、ラード氏に譲ったわけですがHop周りの調整に手間取って、それなら戦民思想さんでチューンしてもらった方が話が早いと・・・要するにわたしが投げ出したワケですね。(汗
どうもCAの可変Hopは苦手で。いくら弄っても思ったように調整でないんですよ。それがこのチューンされたチャージャーでは見事にフラットな弾道になっています。初速も94m/s(0.2gBB弾)と立派なもの。これは驚き。やっぱりちゃんとした人が弄ると違うもんですねぇ。

ウチのCA870は安直な「くらげ/あたりめ仕様」です。これはパーツを組み込むだけで特に技術が必要な部分はない。固定Hopですので弾の重さとくらげの種類(甘口とか辛口とか)でHopの効きを調整していくだけ。簡単・確実ですが微調整をする余地はあまりないです。その代わりHopがオリジナルのつまづき式から、くらげにホールドされるようになって安定性が高まります。少なくともノーマルよりは。ノーマルは気温や湿度の変化に敏感で、おまけに効きがイマイチときたもんだ。

戦民思想さんのCAは可変式Hop。パッキンがVホップだそうで、加えてプランジャーあたりに工夫が凝らせれているそうな。確かボールベアリングが入っているとか。ううむ、高度だ。

しかしながら、気温などの変化に敏感なのは相変わらずのようで、ラード氏のチャージャーとは別の銃で弾詰まりがおきてました。これが原因が良くわからないんですよね。Hopを弱めても改善されない。弾を変えてみても、完全には解消されませんでした。原因が特定できず、ああでもないこうでもない、と分解しているところに立ち会っていましたので、バレルの固定方法とかイロイロと参考になるものを盗むことが出来ました。w

もっともそのままマネするかというと、そうでもない。わたくしは「くらげ/あたりめ仕様」に信頼をおいてますので、可変Hopにするつもりがないし、そうなるとバレルの固定方法も現在のやり方で大丈夫。ちなみに現在のやり方はどんなのかというと、CA870のメカボにはバレルがささっている部分の左右にM3のイモネジを入れるのにちょうど良さそうな穴が貫通せずに中途半端に掘ってあるんですよ。その穴を貫通させてM3のイモネジをいれ、バレルを左右から挟み込んで固定する、というもの。加えてノーマルHop用の調整ネジをいれる穴にもこちらはM4のイモネジをいれて上から押さえ込む。ノーマルバレルは根元のメカボと接する部分に樹脂製のスリーブがありまして、左右からイモネジで締め込んでもそのスリーブを押すだけ。スリーブとバレルの固定はルーズなものでユルユルです。よってこの方法ではバレルそのものをメカボに固定することはできないのです。もちろん上側のHop調整用の穴もHopを生かすためには固定には使えません。「くらげ/あたりめ仕様」ですとバレルの根元のスリーブが金属製でバレルとの固定がしっかりしているし、固定HopなのでノーマルのHop調整用の穴を固定用のM4イモネジで塞いでしまっても問題がありません。そういったわけで、わたくしのやり方は「くらげ/あたりめ仕様」専用で加工のスキルが低くても安全・確実にバレルの固定が出来る方式といえましょう。いい加減とか適当とも言う。w

Hopの方式は可変・固定どちらにせよ、CA870の場合、バレルの固定をしっかりするのが集弾性能を高める確実な道と考えます・・・
by namatee_namatee | 2009-12-16 20:56 | survival game | Comments(11)
Commented by 古美根 at 2009-12-16 23:48 x
使う弾が常時一定ならくらげあたりめで良いのかも知れませんね。
停弾orヘロヘロHOPか?の境目が難しいのがCAかも知れません。(マガジン詰まりとかも)
イサカ可変が楽そうで浮気したくなりますが某工房で調整をお願いするつもりです。
CA870チャージャーは基部の重さがバランスを悪くしてますね、マルゼンで部品(ガードだけでなくトリガーセットも)を買ってノーマルにするつもりです。
エアブレーキ化(センターが出せるなら)とかすればSPレートを落とさないで適正化とか出来るかも知れません。
VSR系のスプリングが使えるんですよね、そのまま組むと駄目ですがw
Commented by namatee_namatee at 2009-12-17 18:47
>古美根さま
ウチではほぼExcel0.25gしか使わないのですから。たまにSIISのも使いますが、あれは弾詰まりが起きやすいので特に精密な射撃が必要な時しか出番がありません。
ノーマルでも良い感じの初速ですし、ウチのはアングスのスプリングガイドにしたら96m/sとか本当にギリギリの初速になってしまいました。なのでスプリングを弄る余地はなさそうです。
Commented by CA870道入門初心者 at 2014-01-20 20:23 x
初めまして。CA870やあたりめにて検索している内に辿り着いた者です。
実は一番最初拝見したときはあたりめが絶賛品切れ中でして、あたりめを
搭載されたCA870を羨ましく思っておりました。
半年前に再販された時に勢い余って数本買い求めました。

組んでいる最中に思ったのですがあたりめを組むとバレル基部がしっかり保持される気がしますが、この保持されているセンターとアウターバレル(勿論プラの)のセンターが著しく違い、ノーマル時にアウターバレルに組み込んであったバレルスペーサーを組み込む気になれないのですがnamatee様はどうされていますか?
古い記事にコメント書き込んでしまいすいませんが教えていただけましたら幸いです。
Commented by namatee_namatee at 2014-01-20 22:13
>CA870道入門初心者さま
いらっしゃいませ。
その問題はかなりディープなネタですね。わたくしも全く同じことを感じて対策をしたことがありました。
バレルスペーサーを使う場合は、マガジンチューブとでもいうんですか、アウターバレルの下にあるもう一本のチューブ、あれとアウターバレルを接続する先端の部分を皿ネジで固定して、上側に引っぱられてセンターがずれようとするのを抑えるとでもいいますか、そういう加工をしてましたね。ブログのどこかにネタにしたような気がするんですが、見つかりません。
こちらが近いネタですが、肝心な対策について具体的にかいてありません。
http://namatee.exblog.jp/13872949/
Commented by namatee_namatee at 2014-01-20 22:17
もう一つの対策はこちらです。
http://namatee.exblog.jp/14407049/
フローティングバレルとでもいいますか、アウターバレルとインナーバレルを完全に切り離してしまう方法ですね。
この場合は、より強固にインナーバレルの固定をしないとダメなんで、メカボの3方向(ウチ上側からはHopのイモネジ穴を流用)からイモネジでインナーバレル付け根を締め上げてましたが、強く締めるとメカボが開いてしまうので、写真のようにワッシャーをメカボ先端に取り付けてました。
あ、この方法だとサイレンサーのアダプターが使えなくなります。

と長々と書いてまいりましたが、実はどちらもさほど効果が体感出来なかったというオチです。(汗
Commented by CA870道入門初心者 at 2014-01-20 22:49 x
namatee様 
早速の回答ありがとうございました。
マガジンチューブとアウターバレルを連結をされている固体の写真は
確かソウドオフの茶色い先台の写っている画像だったと記憶してます。
アウターバレル先端にあるワッカの下側に皿ビスがあるのは気付いて居たのですが・・・私のアタマでは何を狙っての作業かサッパリ分かりませんでした。

締め上げていくと生じるメカボの先割れ対策は仕事で付き合いのある加工屋さんに御願いしてザグリを作って左右をボルトで引っ張るようにしましたが・・手間賃は結構良いお値段でした。
で、その後namatee様の方法を見て愕然としました・・こんなに簡単で低コストな方法が有ったのかと・・・

サイレンサーを使いたいので最初の木ねじに依る連結方法を試してみたいと思います。


関係ないですがFNCというとアサヒファイヤーアームズを連想してしまいます。
Commented by namatee_namatee at 2014-01-21 07:49
>CA870道入門初心者さま
FNCというとアサヒのお話をいただくんですが、わたくしは新参ものなので知らないんです。(汗

最初の方法の場合、アウターバレルの固定をマガジンチューブ先端のでっかいキャップに依存しないようにするというのがキモでした。ネジは木ネジではなくボルト・ナットでした。
Commented by CA870道入門初心者 at 2014-01-21 18:52 x
namatee様 >度々ありがとうございます。ボルトアンドナットの件了解しました。
”FNC”と聞くとアサヒファイヤーアームズと体が反射してしまうもので・・すいません(笑)
自分も老害パッチ着けたほうが良いかなと思ったりしました。
Commented by namatee_namatee at 2014-01-21 21:27
>CA870道入門初心者さま
わたくしは残念ながらCA870については放置状態です。(汗
構造が単純でいろんなところに手を入れる余地があって楽しいんですが、本質的に精密射撃用の銃ではないので道のりも険しいという、二面性に疲れました。w

とはいえ、久々に引っぱり出してみようかとも思い始めました。w
Commented by CA870道入門初心者 at 2014-05-31 21:57 x
namatee様
度々過去記事にコメントすいません。
CA870+あたりめ。何故か飛距離が出ずあれこれやっている内にGWを過ぎてしまいました。
しかし時間が掛かっただけあり、namatee様の仰るあたりめ/くらげの素晴らしさを
体感できました。
家には0.25gだと20m飛ぶのがやっとという近距離専用の「どM仕様のVSR」が有り、こちらをチューンしようかと思っていたのですが・・・
精密射撃はせず、ゲームでマンターゲット狙いならこりゃもうVSR要らないですね。
今度は戦民思想さん謹製のHOPゴムを組んだCA870もどこまで行くか試したいと思います。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-31 22:24
>CA870道入門初心者さま
CA870は奥が深いですよね。Hop周りだけではなくて、ピストン周りとか、先日のアキュコンのおりに戦民思想のボウコウ氏にいろいろと話を聞きましたが、最近電動ばっかりのわたくしには実に繊細で新鮮なネタでした。

わたくしが見聞きしたり実際に撃たせてもらった感じでは、戦民思想さんのHopシステムのCA870はあたりめ/くらげ仕様に劣らず、どころか集弾性能では上回っていると思います。ただし、ちょっと気難しい感があって、ボウコウ氏だから使いこなせているとも見えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 燃費 ダブルヘッダー >>