あちゃー

c0019089_19505827.jpg

さて、耐久サバゲ参加が終わって(耐久サバゲそのものは終わってないってのがなんとも)、ダルダルでどこかへ出かける気力がないので、先日来、パーツを集めていたHK416(DBOY製)のメカボを組み立ててみる。まだ電装関連(FETとか)が手元に無いんですが、仮組して初速とかサイクルとかを確認してみようかと。

メカボも一通り完成して、フレームに搭載。チャンバー周りも問題無し。というわけで、アッパーとロワレシーバーを合体させようとしたところ、前側のフレームロックピン(このメタフレは前側のロックピンだけで上下を固定する仕組み。)が入り辛かったので、ちょっとプラハンでどついたら写真の通りロワレシーバーが割れました。w
・・・こりゃまいりましたね。反対側が生きているので固定できないことはないんですが、格好わるいよねぇ。どうしたもんかなぁ。

自分でも忘れないように主な仕様を書いておくと。
バネはエンジェルの0.9Gスプリング、シリンダーはM4純正、ピストンはライラクスのハードピストンで、ピストンヘッドもライラクスのPOMなんたら、加えてライラクスのEGスプリングガイド、モーターはシステマのマグナムとかいうの。ギアはシステマの普通の奴。前述のとおり、FETなどは未装着。

これで初速などの性能はどうかというと、M4標準のマルイ純正363だか364mmバレルで98m/s(0.2g)と出ましたよ?ちょっとやり過ぎ。条件によってはレギュオーバーになりかねません。といって、フレームにひびが入ってやる気がなくなって来たのもあり、今更メカボを開けてバネを交換する気力は無い。(汗
とりあえず、バレルを寄せ集めM4(この写真の左から2番目の)から拝借してみる。長さは200mm。これで90-92m/sとなりました。個人的にはこのくらいが使いやすいと思うんです。

サイクルは8.4VのNH-MHミニバッテリー(GPの1100mAh)で17-19発/秒。これは立派。ピストンは実はM4R.I.S.改(これも18発/秒ぐらい)から移植したんですが、よく観察してみると一番最後のラックの刃が少し欠けている。どうもピストンが追いつかなくなるギリギリのところでバランスしていたようです。なので、安全のために一番後ろのラックの刃を削り落としておきました。

その他、特徴的な部分としてはノズルがパカ山クラフトのファイノズルになってますが・・・効果のほどはまだわかりません。っていうか、このフレームどうしよう・・・
by namatee_namatee | 2009-09-21 20:29 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 無駄にグレードアップ 帰ってまいりました。 >>