これだから田舎は

c0019089_2038544.jpg

久しぶりに電動ガンのメカボックスを開けてみたりして。
もっともこれはわたくしのではありません。チームメイトのラード氏のG36Cのもの。Ver.3というんですかね。

なぜ人様の銃のメカボックスを開けたりしているのかというと、話すと長くなりますが、修理を依頼されていたから。9.6Vのバッテリーでバリバリ撃ってたら急に弾が飛ばなくなった、とのこと。所詮人の銃、面倒なのでずっと放ってあったんですが、いよいよ年に一度のT2Cの耐久が迫ってまいりまして、それまでには直しておくとラード氏には約束してましたので、やっとのことで分解してみたという次第。

とりあえず、BB弾を装填して撃ってみる。確かに飛距離は10mもなくて威力が無い。先日のウチの次世代M4と似た感じの症状。

わたしの推測はピストンのラックが削れて丸坊主になって、超ショートストロークになっているんじゃないかと思いました。でもってメカボックスを開けてみましたば、予想に反してピストンは全く消耗しておらず、ギアもまあまあな感じ。ではトラブルの本当の原因はというと、シリンダーヘッドのノズルにハマるパイプ・・・あれはなんていうんですかね、写真で横になっている金色のもの・・・が、根元から折れてました。通常はそのパイプの外側にぴったり被さったノズルがタペットプレートに押されて動いてBB弾をチャンバーに押し込み、直後にピストンが前進して件のパイプを通して空気をチャンバーに送り込んでBB弾が飛び出す、というプロセスなんですが、このG36Cの場合は件のパイプが根元で折れてノズルに入り込んでしまっているので、シリンダーヘッドから空気がだだ漏れ。これじゃ弾が飛ぶわけありません。

ピストンなら在庫があるんですが、Ver.3用のシリンダーヘッドは無いんですよねぇ。ウチにはマトモなVer.3の銃がないんだから当たり前ですが。近所のエアガンショップへ電話して在庫を確認してみたところ、3軒電話して全滅。純正じゃなくてサードパーティ製でも良いんですが、それも無い。まったく、これだから田舎は(ry

仕方ないので以前教材用に中古で購入した古いMP5Kのシリンダーヘッドを合わせてみることにしました。これが同じVer.3だから合うだろと思ったら、件のパイプの長さが違う。MP5Kの方が5mmぐらい短い。・・・だが、ノズルの可動範囲を考えるとなんとかなると判断し、強引に流用する事に。所詮人の(ry

さっさと組上げて試し撃ちしてみましたらば、ちゃんと弾が飛ぶ。初速を測ってみると0.25gのBB弾で77-78m/sといったところ。これなら問題無し。十分使い物になります。しかしこのG36C、相当酷使したようであちこちガタが来ている。今回はメカボックスしかいじってませんが、チャンバー周りとか、結構汚れているようですので、全体的にO/Hした方が良さそうです。

しかし、G36Cってよく出来てますねぇ。分解もしやすいし、構造的にも堅牢。感心しました。どうもイロイロ無理が感じられるM4系に比べると合理的。セレクターもアンビだしマガジンリリースレバーも左右どちらからでも操作できる。とても扱いやすい。次はG36Cにしようかなぁ・・・
by namatee_namatee | 2009-09-05 21:09 | survival game | Comments(4)
Commented by ラード at 2009-09-05 22:42 x
むーん?
壊れる前は90近い弾速だったんだが(w
Commented by namatee_namatee at 2009-09-06 08:48
>ラードさま
0.25gのBB弾で77-78m/sですよ?
0.76Jぐらいなので0.2gBB弾だと87-88m/sぐらいで、妥当なところなんじゃないですかね。しかし、あちこちガタがきてますね。>ラード氏のG36C
同じG36Cでもタカ氏のとはえらい違いですよ。w
Commented by ラード at 2009-09-06 12:39 x
愛用したからな。
で、お代はハウマッチ?
Commented by namatee_namatee at 2009-09-06 12:59
>ラードさま
特にパーツを買ったりしてませんので、代金はいりません。作業時間およそ1時間分の対価はジュース一本といったところで。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 洗車する まあなんていうか・・・ >>