CA870賛歌

c0019089_20325124.jpg

賛歌ってほど入れ込んでもいませんが、なにせネタが無いもんで。
ウチにあるCA870最後の2ショット。前も書きましたがチャージャーの方はチームメイトのラード氏の元へ嫁入りするからです。

結構CA870ネタで訪問される方がいらっしゃいまして。>このブログ

電動ガンと違って構造が単純なわりにパワーと速射性と集弾性能にすぐれ、固定からリトラクタブル、ソードオフまで形態もいろいろと楽しめる、おまけに安い・・・いやぁ良いこと尽くめだな。>CA870
パワーに関しては箱出しで90m/sぐらいはありますので、特にいじる必要はありませんが、語り尽くされてますけれどもHopには改善の余地があります。チャージャーの可変、ソードオフの固定、ともにHopは弱め。標的射撃に限れば、弱めのHopの方が集弾性には良いと聞いたことがありますが、サバゲではいろんな距離で交戦するので、出来れば弾道は真っすぐな方が扱いやすいものです。

チャージャーの方はノーマルのバネのかわりに適当な長さに切った虫ゴムを入れてHopの強さを強めてあります。すごく簡単で手抜きな改造ですが、これで過不足無くHopが効くようになりました。Hopをかけるパーツ(便宜上Hopシューとでも呼びましょうか。)の突き出しを大きくしてHopを強くかけるんですが、ある程度弾力性を持たせてBB弾が通過するときの逃げをわずかに作っておかないと、弾詰まりを起こしたりHopのかかり方が不安定になったりします。なのでイモネジで直接Hopシューを押すのは良い手ではないと思います。虫ゴムだと程よい弾力で安定したHopになりました。まあ、耐久性に関してはちと疑問がありますが。(汗

ソードオフにG&PのFixed Stockを組み合わせた固定ストックの方は、ファイアフライのバレル「あたりめ」組み込み。これは同社のHopパッキン「くらげ」と組み合わせるもので、Hopの仕組みが根本から違います。ノーマルは可変・固定ともいわゆる「つまづきHop」ですが、「くらげ」は装填されたBB弾を一回保持してから撃ちだす仕組みで、おかげで真っすぐ安定したHopがかかります。実際極めて安定した弾道で、まるで吹き矢みたいにBB弾が飛びます。

他にCA870の欠点としてはインナーバレルの固定の弱さがあります。これも前に書きましたが、CA870のインナーバレルはメカボの先端部にバレルと直角に押し込まれるピンで固定されてます。さらにインナーバレルの根元にはプラスチックのカバー?がありまして、メカボとのクリアランスを埋めているんですが、結構がたつきがあってバレルがブレやすいんです。
これが「あたりめ」だと固定方法もノーマルより洗練されておりまして、ノーマル同様ピンで押さえるんですが、件のカバーが金属製でしてそのクリアランスが小さくてガタつきが少ない。さらにメカボの横からイモネジで押さえるように改造すると、がっちりと抑えが効いてバレルのブレは皆無。加えて一番根元にはOリングが入りまして気密もup。

電動ガンの場合は剛性の高いアウターバレルにインナーバレルを密着させて、バレルのブレや振動を防ぐ手があるんですが、CA870はショットガンのため、アウターバレルとインナーバレルのクリアランスがとても大きい。先端近くでインナーバレルを押さえるパーツがあることはあるんですが、これもそんなにがっちりと押さえ込むようには出来てません。考えるに、アウターバレルの真下には先台がありまして、ポンプアクションでは激しく前後するため、アウターバレルそのものが動きやすく、その力を逃がすためにアウターのインナーバレルの抑えがルーズに作ってあるんじゃないかと。そもそもアウターバレルの本体・メカボとの固定からして、適当でガタガタですし。
というわけで、バレルのブレを押さえようとすると、どうしてもインナーバレル根元で押さえ込まないと行けなくなるんですね。それで前述の通りメカボに穴をあけ、そこにネジを切ってイモネジで左右からインナーバレルを押さえるようになりました。

他に施したのはメカボ内部の研磨ですか。これは自己満足の要素が強いような・・・正直、効果は限定的。チャージャーも固定ストックもシリンダーの左右の動きを規制しているメカボ上下のスリットの断面のところは鏡面仕上げにしてあります。ここはシリンダーが前後するときにこすれる場所なのでなんらかの効果はあると思われますが、他の部分、シリンダーの側面が接触する部分とか先台のアームが通る溝とかは磨いても苦労の割には効果が現れにくいと感じましたね。先台のアームは段差があったので磨いて取ってあります。シアーやシアーロックバーも磨いてありますが、これは理屈としてはスムーズな動作が得られるはずなんですが、体感できません。w

モノが単純なだけに出来ることは限られるんですが、なんていうか精魂を傾けるという感じのチューニングになりますなぁ。本当はチャージャーは輸出用のモンキーモデルにするつもりでしたが、ついつい磨いてしまいました・・・
by namatee_namatee | 2009-04-17 21:53 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 撃ち味と弾道 スイーツ(笑) >>