魔改造

c0019089_21521878.jpg

お気に入りのCA870にさらに魔改造を施そうとイロイロ買い込んでまいりました。

まず、これらでメカボックス内部を磨きます。これは定番のチューニングのひとつで、シリンダーやピストンが接触する部分を鏡のように磨き上げるわけですが、実際にやってみて効果については疑問が。確かにすべすべな方がスムーズに動くはずですが、強い圧力でメカボックスとシリンダー・ピストンが接触している部分って上下の隙間状の部分と横のレールというか溝みたいなところだけのような。磨いてピカピカになるシリンダー側面との接触部分は、たとえざらざらでもそんなに強い力で押し付けられているわけではないので、ツルツルでもザラザラでもさほど変化が無いと思います。
そうはいっても、磨き出せば行くとこまで行ってしまうのはこういった作業の常。テカテカのツルツルになりました。w
次にトリガー周り。シアーとかトリガーバーとかそこら辺を磨いてあげます。こちらは効果がありそう。もっともノーマルでも切れが悪いわけではないので、劇的に変わるという事もなさそうですが。

さらにバレルのブレ止め処置も施しました。CA870のバレルはメカボ先端とインナーバレルの根元を横切るピン一本で固定されてまして、前後と上下の固定はとにかく、左右はグラグラなんです。ウチのはあたりめバレルに換えてありまして、ノーマルよりはマシなんですが、それでも左右の固定は甘い。電動ガンでは、インナーバレルの先っちょにテープかなにか巻いて、アウターバレル先端で押さえるという手もあり、そちらの方が簡単なんですが、CA870はポンプアクションなのでアウターバレルのすぐ下には激しく動く先台があって、おまけにアウターバレル自体も根元の固定はちょっと溝にはまっているだけで、特に強固なわけでもない。これでアウターバレルにインナーバレルをきつく接触させると、インナーバレルの首振りを押さえるどころか、ポンプアクションでコッキングするたびにアウターバレルごと変な力が加わってグラグラと動きそうです。ちなみに、ノーマルの状態ではアウターとインナーバレルの間にはわずかな隙間があって強く接触してはいません。

そういうわけですので、面倒でも強固に固定できるメカボックス先端とインナーバレル根元でブレを押さえる事にしました。メカボのバレル保持部に穴をあけ、3mmのイモネジでインナーバレルの根元を左右から押さえます。穴を明けるのにおあつらえ向きのくぼみがあるんですよね・・・「仕上げはお客様で。」ということでしょうか。
作業は簡単。2.4mmだかのドリルで穴をあけ、タップでネジを切って出来上がり。左右のがたはなくなりました。フローティングバレルと同じで余計な力がかからないはずで、精度の向上に役立つと思われます。

あとはダットなどをのせるマウントがわずかにぐらつくのでこれも改良します。が、時間が無くなったのでそれは後ほど・・・
by namatee_namatee | 2009-03-30 21:52 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 魔改造ってほどでもない そう簡単には >>