痛たた・・・

c0019089_1814203.jpg

こりゃ厨銃だ。(汗

P-90TRに長い420mmのPDI 05バレルと対応したシリンダーを組み込み、ついでにスプリングとかピストンとかを交換したのは一昨日のネタ。本日はそれの試射をしてみました。どんな感じで弾が飛ぶのかを観察するためにスコープを装着。で、厨銃になった、と。

初速については過不足無い感じでパワーアップ。弾速計がないので何とも言えませんが、80m/s後半は出ている模様。使っているのはPDIのAEG110スプリングですが、同じスプリングをM4A1 R.I.S.に組み込んだ時よりは初速が速いと感じます。ノーマルのP-90よりはずっと速い。

弾道は比較的素直・・・ですかね。でもM4 R.I.S.には及ばない印象。30m先のターゲットを狙ってみましたが、微妙に纏まりきらない感じ。スコープのセッティングが悪いのかと思って水平をきっちりと取り直してみましたが、あまり変わらず。サバゲ用のダットサイト仕様なら全く気にならないレベル、というか十分以上の集弾性能ですが、高倍率のスコープだと弾が散るのが強調されて気になるもんです。おそらくチャンバーまわりの性能など、サードパーティ製パーツのM4 R.I.S.とは微妙な性能差が影響していると推測。

あと精密射撃の時に意外とネックになるのがP-90独特のマガジン・給弾方式。チャンバーに装填されるBB弾を押す力が一定ではないせいか、たまに2発出たりすることがあります。フルオートだと気にならないか気づかないかなんですが、セミオートだと1マグ撃ちきる間に数回はそういうことがありまして、これは精密な射撃には不向きな特性だなぁ、と。まあ、もとより精密射撃をするキャラクターの銃ではありませんけどね。

試射が終わったのでオープンタイプのダットサイトに戻しました。そういう使い方をしていれば文句も出ませんよ。>P-90
by namatee_namatee | 2009-03-20 18:37 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 燃費 人それぞれ >>