カセットテープって

c0019089_19394039.jpg

ネタが無いのでそこら中をかき回していたら古いカセットテープが出てまいりました。
タイトルによると「RE-COLLECTION:竹内まりや」だそうです。これはベスト盤というやつですかね。1984年8月5日発売。ちゃんとしたシングルやスタジオアルバムじゃなくて、手っ取り早くざっと聴きたいというあ、いかにもわたしらしいセレクトです。w

さして音楽に興味の無かったわたくしなどでも、当時はこうやってLPからカセットに録音して車の中などで聴いていたもんです。音源はまだCDじゃなくてレコードで、レコードプレーヤーからカセットデッキでテープに録音するんです。当時のウチのプレーヤーはなんてうか操作が全部手動なんですよ。ボタンを押すとアームがレコードの適当な場所まで動いて、自動で針が落ちる仕組みのレコードプレーヤーは普通にあったんですが、オヤジが通ぶって全手動式のプレーヤーにしたんです。なもんでテープに録音するのが理不尽に難しかった。

普通にレコード聴くとき・・・ちゃんとレコードのフチに針が落ちるよう、慎重にアームを動かして上下動作用の油圧レバーを下げる。針がレコードにうまく落ちれば良し。失敗するとガリガリ〜とか言っちゃう。うまく着地して曲が始まっても乱暴に歩くと針が飛ぶ。難儀なもんです。

普通に聴く時でもこれだけ神経を使うのに、テープに落とそうとするとさらに面倒。針の落ちる時の音は入れたくないし、片面30分とかのテープだとどこまでA面にいれてどこからB面にするかとか・・・レコードの途中の曲から録音しようとすると、前述の針を落とす操作が曲と曲の狭い隙間を狙って行わなければならず、難しいのなんのって。カセットデッキのRECとPLAYとPAUSEボタンを押してスタンバイ、慎重に針を落とすと同時かわずかに遅れてPAUSEを押して録音開始・・・うまく針が落ちてくれれば良いですが、失敗するとテープ巻き戻して最初からやり直しですよ?テープの最初の方は録音できない部分がありますので、鉛筆をリール?カセットの穴の部分に突っ込んで、ちゃんと録音できるところを引っぱりだしてからセットしてやり直し。ああ、書いてても鬱陶しい。w

それに比べてiTunesやiPodの便利さと言ったら、もうね(ry

ラベルはこんな感じでタイプライターで作ってました。変なところに力が入ってます。w
by namatee_namatee | 2009-03-09 20:08 | diary? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 運搬方法に付いて検討その2 うへ >>