チャンバー

c0019089_23301013.jpg

おおっと、M4 R.I.S.のチャンバーを交換してたらこんな時間に。(汗

チャンバーとは、実銃だと薬室、エアガンだとHopをかける場所ですね。マガジンから上がってきたBB弾はこのチャンバーにノズルで押し込まれ、直後にそのノズルを通って出てくるシリンダー&ピストンで圧縮された空気で撃ち出されます。その時にチャンバーパッキンに出っぱっているHopの突起に当たり、弾の進行方向に対して後ろ向きの回転がかかって揚力が発生、そのおかげで見た目は真っすぐ飛んで行く、と。Hopがちゃんとかかって弾が真っすぐ飛ぶかどうかの鍵を握るパーツ。
さらにチャンバーの善し悪しはグルーピングに影響あるそうです。発射直前の弾を保持しておく場所なので、バレルに対して真ん中に弾が収まることが肝心。ここで変な形になってしまうとHopの回転もあり、必要以上にバレルに接触したりしてグルーピングが悪くなる・・・らしい。

今まで使っていたチャンバーはG&Pのメタルフレームに付属していたもの。これがあんまり評判が良くない。精度が悪いのだそうです。と言われても一体どこが良くないのか・・・しげしげと観察してみましたところ、ウチの個体の場合、弾を保持する位置が真ん中じゃないことに気がつきました。コレは芳しくないですね。弾が押し出されるときに真っすぐ力が加わらず、右や左に曲がってしまいます。前述の通り弾を真ん中に保持することはグルーピングに大きな影響があるそうで、Hホップとかくらげとか、この点に注力した様々なHopシステムが開発されていることがその証拠。G&Pのチャンバーは微妙に各部の寸法がルーズなようで、見た目ではわからない隙間が多いみたいです。

というわけで、ちゃんとしたチャンバーを物色。定番はシステマ製のようですが、今回はライラクスを選択。特に理由はありません。ファーストで在庫があったから、か。w
これ、良く出来ていると思います。G&P製に比べるとパーツの遊びが明らかに少ない。Hopパッキンを押すレバーなんて左右のガタがほとんどない。精度が良いとはこういうことか。納得。

例によって問題が発生。アッパーとロワーのレシーバーを合体させるときに、チャージングハンドルを引きながら押し込んだら、チャージングハンドルのダミーボルトを引っぱるパーツが折れてしまいました。(汗
仕方ないのでダミーボルト無しで組み立ててみたんですが、これが格好わるいんですよ。メカボのシリンダーがむき出しになりまして、まるで大口開けた時の金歯のように見える。あんまりなのでダミーボルトだけはめ込んでみたんですが、今度は開けたり閉めたりができません。M4はダミーボルトを開けないとHopの調整が出来ないんです。妥協策として、Hopダイヤルが見える位置までダミーボルトを開けておくことに。・・・これ、無性にボルトフォワードアシストノブを押したくなります。w
c0019089_6564937.jpg


その他、FETが異常に発熱しているとか、いくつか問題が発生しまして、いろいろ手直ししてたらこんな時間になってしまった、というお話でした。詳細は後ほど。そんなの聞きたくないかもしれませんけど。w
by namatee_namatee | 2009-03-03 23:45 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< バッテリー雑感 キャップ >>